« ネパール準備 其の1 | トップページ | 遠のいていく... »

2006/08/25

毎年恒例の...

今日は、私の中で夏の毎年の恒例行事となってる「小堺クンのおすましでSHOW」にいってまいりました。
06_osumashia_1 小堺さんの番組(「いただきます」「ごきげんよう」)が昔から好きで、
休みとなると見てたりしていましたが、なにせ北海道だったので、こんなお芝居は見れる機会もなく(見れても「劇団四季」とかでした)、「いつか小堺さんのお芝居を行ってみたい」が上京を機に、毎年行くほどになってしまいました。
なので、今年で6回目の小堺さんのSHOW。
いつもは、初日か千秋楽をめがけてチケット取るんですが、今年は残念ながら千秋楽2日前。でも、充分に楽しませてもらいました。

決して、2枚目でもなんでもない小堺さんですが(ごめんなさい)、あのキャラと頭のよさと、演技やコメディにかける真剣さとか映画・ミュージカル好きなところが魅力で、小堺さんが大好きです。

もともと、私はお芝居やミュージカル系統が大好きなので、上京してきて何が一番良かったかと言うと、それらがたくさん見れること。がありました。
今年も、本当に面白くて、大声出して笑ってきました。(夜勤明けで3時間しか寝ていなく超ネムネムでしたが)
しかも、年々席が前の列になっていき、今年は前から4列目!
小堺さんの鼻の穴までクッキリ見えるほど(?)の、座席でした。
何年か前からこのお芝居に加わってる「あさりど(元、いいとも青年隊)」もさすが欽ちゃんファミリーなだけあって、お芝居の面白さを倍増させてくれてました。
でも、このSHOWの難点は、「公演時間が長引く事」。(笑)
前半、コント+お芝居なんですが、アドリブ多発のため、時間が押しに押し捲ります。
で、後半の小堺さんのダンスと歌のSHOWとなり、計4時間はやってますね、いつも。
そんなため、いつも終電が気になってしょうがなくなります(笑)
小堺さんも、終電を気にしてやってくれるんですが、なにせお客さん達も反応がいいし、アンコールもかかるので結局、19時に始まって、終わるのが23時過ぎになります。

いつも、小堺さんのSHOWを見に行くと思うのが、「Tap-danceをやってみたい」と言う事。
一時、後輩と習おうか?という話になったこともありましたが、話は流れ...今に至っています。(後輩は少し習いに行ったみたいですが)
でも、将来にはいつかTapを習ってみたいのと、あとは、ゴスペルやJazz vocalも習ってみたいなぁ...と、やりたい事がたくさんです。

予定では、小堺さんのSHOWを見れるのは、来年一回だけ。(私が留学すれば)
来年も、小堺さんが至近距離でみれる座席になればいいなぁ。

ああ、でもこれに行き終わると、私の中では「夏」が終わりです。
明日は、涼しいみたいですし、「例」のパワーポイント作成に精を出しますか!

|

« ネパール準備 其の1 | トップページ | 遠のいていく... »

コメント

私もさだまさしさんの20年以上のファンやってます。よく歌が暗いとか言われますが、知る人ぞ知る、彼のトークは下手な漫才よりおもしろいし、時には感動して、涙が出ます。

姉さんと同じように、毎年1~2回のコンサートを楽しみにしていました。イギリスに来てからは一度も行けなくて、残念に思っている今日この頃です。

投稿: Aya | 2006/08/26 08:50

姉さん!!!!!
私も舞台やミュージカル大好き!そのためにNYに行っちゃうくらいです。
Tap Dance2年くらい前に習いたくて、色々ネットで探しては体験入学行って・・・と習おうと思いました。
でも、何だかんだで(ホントに何だかんだなんだよなぁぁ;)ココって決まらず、ズルズルきちゃいました。
今年も来日してますよね、でも、本場Broad wayではないから1番手ではないのが残念な時もあるけど、理屈抜きにして、音楽や演技っていいな~って思います。心に響くものがありますよね!!!

投稿: nanao | 2006/08/26 16:25

■Ayaさん
さだまさしさんのトークを何かで見たことがるけど、面白いですよねぇ。
我北海道の「ちー様(松山千春)」のコンサートもトークが面白いといい、
リピーターが多いと聞きます。
さださんは、素敵な染みる歌を作られますしね。
Show bis系は本当にいいですよね。

■nanaoちゃん
ミュージカル・演劇っていいよね。
私が最初にはまったのは、「四季」のコーラスラインでした。
NYとかで見ると感動するんだろうなぁ(内容を理解できるか心配だけど)
Tap dance...もし、留学して就職して生活が落ち着いたらやってみたいなぁっと思うよ。

投稿: Anego | 2006/08/27 11:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパール準備 其の1 | トップページ | 遠のいていく... »