« やっと現代に帰ってきました | トップページ | 不調です »

2006/09/12

Barって

本日は、夜勤入りのため10時よりちょいと勉強しておりましたが。
とある問題で...

Two of my friends, (              ) me, were admitted to the bar.
①along ②besides ③except ④save for

...と言う問題がありまして、答えは合っていました。②で。
私としてはこれを「私と私の友達2人は、バー(飲み屋)に入ることを許可された」
のかなぁ?っと思って、②のbesidesを選択しましたが、答えは合っていても、
訳が全然違った(笑)

私の知ってるbarは、「棒」とか「柵」とか「障害」の他、「酒場」
のイメージしかなかったのですが、

Bar…noun
    ①棒
    ②格子
    ③障害
    ④州(中洲)
    ⑤弁護士業
    ⑥カウンター,酒場 etc...

「弁護士業」だって。そんなのがあったんですね!!
よって、正しい訳というと

「私の他、友人2人が弁護士となった」

でした。

答えが合っていても(ま、試験ならそれでいいですが)、訳の解釈が間違ってると...ねぇ。
いやぁ、知らなかった...barが弁護士ねぇ...。

ひとつ勉強になりました! 押忍!

|

« やっと現代に帰ってきました | トップページ | 不調です »

コメント

こういうこと、たくさんあるよね、英語やってると。
直訳でも文章としてなりたっちゃうのに、実は一般ではこういう意味なんだよ、みたいなこと。
紛らわしぃわぁ~もぉ~。
外国人からみた日本語ってどんな感じなんだろうね。
『漢字ばかりじゃない、かな&カナがある日本語は優しくて流れるようで美しい』
っていってた中国人がいたなぁ。。。

投稿: marin | 2006/09/12 19:59

実際に、"American Bar Association" を、「アメリカバーテンダー協会」って訳した人もいるらしいですよ。 

投稿: きよみ | 2006/09/12 22:13

■Marinさん
単語の意外な意味を知った時は、「おお」と感心する反面、「弁護士は弁護士でいいじゃん」と英語の奥深さを否定するところもあったり(笑)。
でも、こうやって覚えたボキャは忘れないような気もするので、前進しなくてはね。

■きよみさん
あはははは。それ、「バーテンダー協会」って訳した人が正しいような気がするのは、私だけですか?

投稿: Anego | 2006/09/14 08:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっと現代に帰ってきました | トップページ | 不調です »