« やったどーーーーー!! | トップページ | 新しい洋書 »

2006/09/01

United 93

ついに見てきました。「United 93

結末は、皆さんお解かりの通りの2001.9.11にアメリカで起きたハイジャックテロの
話です。

9.11は、ある意味私の中でも思い出深く、実は、現在のマンションに引っ越してきた日が、
この9.11でした。
当時、鎌倉の病院を辞め、横浜の病院へと10月から働くために、引っ越してきました。
しかも、日本(神奈川県)のその日は、ひどい台風が上陸し、悲しくもその日はその台風が鎌倉上陸。私は、台風の中の引越しとなってしまいました。
無事に引越しも終え、新居の濡れた床を吹きながら、まずはTVを点けなくては...
と、アンテナをつないで見た映像が、このテロ事件でした。
映画ではない、何が起こってるかわからない...事故にしては酷過ぎる...と、食い入るように
TVを見ていたのを覚えています。

さて、この映画、United93便に乗っていた乗客の遺族の助けがあり、製作に至ったわけですが。
「映画」ではなく、これはもはや「ドキュメンタリー」と言った方が、私は正しいような気がしました。ハイジャックされた4機のうちの1機が『標的=ホワイトハウス』に激突する事無く、墜落した所からこのストーリーが出来たようです。
映画はとてもリアルで、本当にその「時」をカメラが見ていたかのような、内容となっています。最後のテロップが終わるまで、見ていましたが、管制塔のスタッフは、実際その「時」にナビゲートしていた人たちが、その時の自分を演じています(というか、再現しています)。なので、尚更、危機感が溢れているし、あの大国家アメリカがどれほどにパニックの中にあったかが、よく感じ取れる作品でした。
内容は2時間ものでしたが、本当にあっという間です。

不謹慎になるかはわかりませんが、ハイジャックされた乗客の気持ちはもちろんの事、
それよりも私は、ハイジャックをした犯人側の気持ちを私的解釈ですが、「必ずしも彼らが憎しみを持っていたのではなく、支配されている気持ちに従い起こした行為」...という感じがして、泣かずにはいられない作品でした。

できれば、もう一度見たいと思った作品です。
興味ある方は、是非!

|

« やったどーーーーー!! | トップページ | 新しい洋書 »

コメント

ぼくの場合、その日、日本時間の午後10時ごろだったと思いますが、たまたま疲れていたか何かで早く寝ちゃったんですよ。翌朝になって「あれ?何かあったの?」って感じで。

犠牲になられた方のことを思うのも勿論ですけど、実行犯がどのような理由でどのような心境でそれを起こしたのかもすごく興味があります。

ダブリンでは公開してるかなー。

投稿: くりりん | 2006/09/01 23:22

私もこの日の事をよく覚えてます、ちょうど旦那のお母さんがテキサスから日本へ早朝にも関わらず電話してきたからです。
テレビをつけると、映画のシーンかと思ったぐらい非現実的な映像でした。
それを見ながら涙が出てきましたね。

この映画、政治的理由で利用されないと良いなと思います、何度ブッシュ政権がこの9.11を引っ張り出しアメリカ国内及びイラクまでもを混乱にまねいた事か・・・
この映画が理由で、また再び変なステレオタイプの人が増えないで欲しいと思います。

確かにハイジャック犯のこの行動は憎しみからなのか、宗教による支配からなのかは分かりませんね。

投稿: ecotama | 2006/09/02 07:58

イギリスではもうDVDになっており、先月借りて見ました。

この映画は無名の役者を使って、当時の関係者(管制官)も出演、実際にUnited93に乗っていた家族の話をもとにつくられたそうですね。

それだけに、現実実が増して、乗客の恐怖、絶望感、そして、最期に見せた一体感がリアルに現れており、見終わったあと虚無感が感じられました。これはイギリスの監督、製作だそうですが、米国では製作できないというのも、理解できます。

私はあの時、テレビもつけず、必死で英語の勉強をしていたので、実際に起こった衝撃は知りません。でももし家族が、知り合いがあの場所にいたら、どうしていただろうと考えさせられる映画でした。

投稿: Aya | 2006/09/02 08:16

■くりりんさん、Ayaさん、ecotamaさん
みなさんやっぱり、色々な思いがありますよね。
でも、この映画は決して儲け半分で作られた映画ではないという事が私にも感じ取れました。
Ayaさんの書いたとおり、無名の俳優に、実際の管制官を使用し、遺族の話を元に描かれました。
犯人側の心境は私が勝手に映像から読み取っただけですが、どこかに迷いがあったはずだと思いました。
「重い映画」と言ってしまえばそれだけですが、私は「見るべき映画」だと見た後に思いました。
こういう事件が、これから起こらないようにしてほしいと思います。
これからは、同じ9.11を題材にした「ワールドトレードセンター」が公開されますが、こちらは9.11の英雄伝説的な話になってるようです。出ている俳優もニコラス・ケイジなど起用されてるようですし...。
もちろん、こっちも見る予定です。
見る前から言うのもなんですが、多分、私はUnitedの方が好きだろうなっと自分を予想しています。

投稿: Anego | 2006/09/02 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やったどーーーーー!! | トップページ | 新しい洋書 »