« 勝手に授業形式 | トップページ | マジ 使えそう! »

2006/10/30

Be to+infinitive in if-clauses

本読んで、1時近くに寝たのに、鼻つまりによる呼吸困難なため
3時に目が覚めちゃったので、勉強しますた。(´Д`)

Unit13 「Be to + infinitive in if - clauses」
ちょっと日本語で考えないと、なかなか習得できませんです。ハイ
まぁ、慣れればその時は英語脳でいけるんでしょうけど...。

Be to + infinitive では ①something must happen first(in the main clause)
                 ②before something else can happen (in the if clause)
なんつーのがありまして、
EX) If the human race is to survive, we must look at enviornmental problems now.
(人類が生き残るために私たちは、今、環境的な問題を直視しなければならないだろう)
                                                         by姉さん訳
と、言う感じになるそうで、
いわゆる、Be to + infinitive が if - clauseの中で使われる時は、何かしら
「原因」と「影響(結果)」があるんですって。
だから、この文を日本語で「原因」と「影響(結果)」を区別すると...
「環境問題を考えば(原因)、人類はこの先生きていけるよ(影響)」
ってことですね。

コレヲフマエテ~(平成教育委員会風でお願いします)

別の例題
1)If Beckham recovers from a foot injury, it seems certain that he will
  play in Sunday's match in Spain.
「ベッカムが足の怪我を治したら(原因)、日曜の試合には出れるだろうね(影響)」

で、ここで注意! 
be to + infinitive は if - clauseの中で使われる時、その原因による影響として
用いられるので...(if - clauseの方が、原因となる場合は動詞はpresent simpleを使う)

次の例題
2)If the university is to keep its international reputation, its must first invest in
   better facilities for students.
「大学が国際的な評価を保っていたいのなら、まずは学生のための優良設備への
投資をすることだろう」
                       ∥
「学生のための優良設備への投資が(原因)、大学の評価を保つ(影響)」

となるようです。
※be to + infinitiveは未来を表す表現として使用します

以上、今日の朝勉終わり!
あ、一応、これ、自分の頭ン中整理するのに書きました。(汗)
ご指摘ある方は、コメントへどうぞ。(間違ってるかもしれないしね。解釈の仕方)

|

« 勝手に授業形式 | トップページ | マジ 使えそう! »

コメント

これ勉強になりました!
普段はこんな事気にせずにテキストをダーっと読んでるので、こうやって解説してもらうと「あーそうなのか!」と思ったりします。
やっぱり文法は難しいですねー。

投稿: ecotama | 2006/10/31 05:34

■ecotamaさん
GIUのAdvenceに入り、Intermediateでやった内容をフツフツと思い起こしながらやってますが、段々と文法の真髄???に迫ってきてるように感じます(笑)
つたない学習内容ですが、参考になれてよかったです。

投稿: 姉さん | 2006/10/31 19:54

私は、自信もって使えない文法とかには自分のことに置き換えて例文を考えたりしてる。George Clooneyの登場が多いこと!まっ、こういうとこで楽しまないとね。

投稿: marin | 2006/11/01 22:55

■marinさん
自分の事に置き換えて例文を考えるって、いいかもね。
そうやって考えることで、まさに「自分のもの」として習得できる感じ感じがする。
今度やってみるよ!!

投稿: 姉さん | 2006/11/04 03:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勝手に授業形式 | トップページ | マジ 使えそう! »