« World Trade Center | トップページ | ラッコ三原則 »

2006/10/26

またもやNewsWeek

Nw またもや、NewsWeekよりネタを見つけてきました。
あ、毎回購入してる訳じゃないですよ。
たまたま、洋書コーナーに行った時に、見つけると特集が医療系
だったりするもので、そうなると買っちゃうんです。(¥800だけど)




今回は、「Hospital Hotspots」と題されていて、世界各国の手術や
病院についてのTopixが何例か紹介されていました。前回のより面白かったです。
電車の中で読みふけっちゃいました。

全体的な内容としては、「Why patients are flocking overseas for operations 」と
なってまして、手術を海外でうける患者が増えているのはなぜか?ということに
焦点が当たってました。

なかに、こんなデータがありました。

The Going Rate
[Heart Bypass Surgery]
United States           $75,536
Singapore             $25,245
India              $11,995

ということで、アメリカでのバイパス術(OPCABGなのかOn pumpなのかは不明)では
日本円(¥120換算)にして、約906万円ほどの費用がかかるんですねぇ。(高ッ!)
ちなみに、日本ではOPCABG×1枝 25日間入院で約220万ほどだそうです。
(On pumpの場合は、400万)
高いですねぇ。アメリカの医療費。
しかも、これが保険のある人ない人では、支払う金額も相当違ってくるでしょうから、
想像しただけでも恐ろしい......。
それじゃなくたって、アメリカなんかは、心臓病大国なんですから、ちょっとブッシュさん
MedicareやMedicaidシステム考えた方が良いじゃないですか?

しかも、「As medical costs skyrocket, seeing treatment abroad is becoming more
attractive . A $50,000 angioplarasty in America is $6,000 in India.」ですってよ。

そりゃ~、インドに行ってアンギオもするっちゅーの!!

まぁ、たしかに日本でLasik(近視矯正手術)が出始めた頃は、片目20~40万と
言われてて、友達なんかは海外の方が安いからと、ワーホリ中にやってきたという
話も聞きましたけどね。
こうなっちゃうと、洋服を買うのと同じような感覚で医療を受けてる時代なのかなぁ?
なんて、思っちゃったりしますね。

医療費って言うのは、国の制度も絡んでくるから、一概にはこの国が安いとか
高いとか言えない気もしますが(もちろん、国の物価も関係してくるでしょうし)、
世の中は、こんな風に変わってきてるんだなぁっと実感しますね。
昔は、「お金を積んででもこの先生に!」的なところもあったような気もしますけど、
(もちろん、今もお金は積みませんが先生指名はありますけど)
器械も良くなり、設備も良くなり、テクニック的なところも目立たなければ
誰がやっても同じな世界になりつつありますから、どこでやっても完成度、危険度は
変わらないと感じたら、少しでも安い方に走るのが、人間の性ですよねぇ。

興味ある方は、ご購入されて読んでみて下さい。
結構、面白かったですよ。
ネットでもちょっと記事が提載されてます。

|

« World Trade Center | トップページ | ラッコ三原則 »

コメント

Lasikは私も海外いる間にやっちゃおうかと真剣に考えました。
でも日本人の、当時まだ医者のタマゴみたいな友達が
28過ぎてからのほうがいい、と言うので止めましたけど。
あれはやったら一生OKなんですかねぇ?
アメリカで色々調べた時、一生大丈夫とは言わない、と
ハッキリ医者に言われましたけどw
でも4本の親知らずを一度に抜くような大雑把な国で、
もっと深刻な手術とかちょっと遠慮したい気もしますねぇ。

投稿: Mady | 2006/10/26 01:13

■Madyさん
>28過ぎてからのほうがいい
っていうのは、初耳ですね。
うちの病院では、Lasik開始時に職員体験無料キャンペーンをやって、後輩(当時24歳)がやってましたよ。
たしかに、一生大丈夫とは言い切れないところも
ありますけど、今のところ、後輩はすっかりメガネ要らずですけどね。

投稿: 姉さん | 2006/10/26 20:51

確かにアメリカの医療費は本当に馬鹿になりませんね。
このバイパス手術してるアメリカ人の方って何故か周りに結構いらっしゃって、自分のBiologyの担当の先生も3バイパス手術をしたって言ってましたね。

先生曰く、担当してくれる医者によって手術後の体が全く違うそうです。
この先生を担当してくれたお医者さんは本当に腕が良いので有名だったらしく、びっくりするほど体が楽になったって言ってましたね。

やっぱりアメリカ、先生選べる保険の方がいいんでしょうが、それまた高いんですよね。
なんにつけてもお金です。

投稿: ecotama | 2006/10/27 09:03

■ecotamaさん
アメリカはなぜそこまでMoneyに拘るのでしょうね?拘ってはいないのかな?
先生が選べる保険なんてあるんですか?
凄い...。

投稿: 姉さん | 2006/10/27 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« World Trade Center | トップページ | ラッコ三原則 »