« Deathly Hallows | トップページ | the PURSUIT of HAPPYNESS »

2007/02/06

発音

今やってる「キクタン」

私のこの本の使い方は、単語を見る→想像出来そうな物は訳を想像してみる→
答えを見る→3度書く→CDでチャンツを聞く→チャンツをシャドーイングする。

…ですが。

Advance本に入ってから、意味が想像もできなさそうな単語がすんなり覚えられたり、
逆に、意味のニュアンスがわかりそうなのものに限って、覚えられなかったり...っと、
私の脳の不思議を思う存分に感じております。


…で、話したい事はそういうことではなくて。
やりながら自分で笑っちゃうのが、チャンツのシャドーイングをしている時の自分。
例えば、今日の単語から。

dialogueと発音した後に意味の「対話」を言う時、「つぁいわ」   とか
reign 「統治期間」を「たぁぅちきかん」      とか

日本語が英語っぽくなってしまいます。(笑)
自分で言っていておかしくて噴き出しながら、勉強してます。

まぁ、これはカラオケで私の十八番アン・ルイスの「六本木心中」を歌う時が
いい例で(笑)、このときは、アンちゃんの英語訛りの日本語を真似てるわけ
ですけれども。
英語らしく(いわゆるJapanenglishじゃなく)発音しようと思えば思うほど、
上記のようなエセ外人のような発音になるわけです。

…と、考えると。
歌う時に「つぁ」「つぃ」「つぅ」「つぇ」「つぉ」だった吉川晃司さんは英語の発音は
すこぶるよろしいのか?っと思いふけってしまいます...
(例えが古いですか?そうですか...)

あとは、例文暗唱になるとなかなか繋ぎ発音(という言葉あってるのかどうかは別)
例えば、「isn't it?」を「いずに?」というような、連続発音と言うか、が、とても
できない時があります。
洋楽を歌う時は、すんなりできるのに、例文暗唱になるとできないのはなぜ?
すべて音楽をつけてもらうようにお願いしようか?とも思います。(うそです)
きっとこれは、言いなれてない=文章のリズムをつかめてない と言うところに
問題があるんだと思いますが。
なかなか難しく、できない時は思いっきりJapanenglish発音です。
結構、「なりきり(演じきり)」音読得意なはずなんですが......。


そういったわけで、英語口にするための準備体操をする時は、洋楽を2曲くらい
歌って、口筋をウォーミングUpしてから音読したりしています。
(ただ単に、気晴らしがしたいだけじゃないの?と疑われてもしょうがなし)


そんな感じで、キクタン全8WEEKもの。
あと1Week分で終了します!!
次にやってくるのは...
キクタン Super12000―聞いて覚えるコーパス英単語 キクタンSuper12000です。

今週末にでも購入予定!!
おっと、もちろんその前に今のキクタンを終了時に総ざらえです!! ふがっ=3

|

« Deathly Hallows | トップページ | the PURSUIT of HAPPYNESS »

コメント

ヘンな日本語になるの、わかる~。
工藤夕貴さん流のアイウエオ式発音を週2回やってるんだけどね、
これ、結構くせになってます。
これをやり始めて思ったんだけど、普段の日本語を英語の発音で話し続けたら、
舌や口、唇の動きが慣れて、
めっちゃ英語の発音がスムーズになるような気がする。
英語の発音上達への近道は、ヘンな日本語話す日本人に徹するべし?

投稿: marin | 2007/02/07 15:39

■marinさん
やっぱりなるよね!変な日本語に(笑)
昔?TVとかで英語のできるタレントがちょっと舌足らずなしゃべり方してると、「日本語がろくに話せないんじゃないの?」って思ったけど、まさにTHAT'S WHYなんですよね。今思うと。
昨日は、帰りも遅く英語を口にする時間がなかったで、帰り道...人通りがないのをいいことに、駅からの帰り道思いっきりMADONNA歌って帰ってきました(コレ、一応練習 笑)

投稿: 姉さん | 2007/02/10 08:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Deathly Hallows | トップページ | the PURSUIT of HAPPYNESS »