« 意思表明 | トップページ | なんて幸せな…♪ »

2007/07/23

豚さんで

昨日、毎年恒例の心臓手術体験セミナーに参加してきました。

「心臓手術体験セミナー」…なんていうと、メチャクチャカッコいい物に聞こえますが、
そんなカッコいい事ではないです(笑)
4年位前から、大学の心外の教授が看護師さんにも体験してもらおうって事で
始まった豚の心臓を使った弁置換などの体験実習みたいなものです。

まぁ、今回は趣向がちょっと違い、研修医の医局勧誘も兼ねられた行事に便乗
してきただけなんですがね。

2年前は、僧帽弁置換をさせてもらい、結構 弁置換は面白いなぁっと感じた
記憶があります。
今回は、弁置換にプラスしてバイパス術も加わったって事で、バイパスに挑戦!!


いやぁ~、非常に難しいです。


先生達が拡大鏡をつけてするっていうのも頷けたし、なにしろ助手の助けがないと
本当、巧く糸掛けができないのと、細かい作業なのでイライラするのと......

本当、ほんとーーーーーーに イラッとする作業ばかりでした(笑)

ま、たしかにちゃんと手術台に豚の心臓があるとかじゃないので、状況設定としては
ちょっと条件が悪かったんですけど...。


術中、先生が怒鳴る気持ちもよーーーーーーーーーーーーーーーーーぉく体験でき
ました(笑)


基本的に、心臓の手術の中ではCABGの手洗いが一番好きでしたが、自分が
やるとなると話は別なもんだなぁ…っと実感。


今まで、人工骨を使ったTKR(Total Knee Replacement)とか
THR(Total Hip Replacement)とか、豚でLaparoscopic Cholecystectomyとか
豚の開腹とかさせてもらいましたが、どれもあまり細かい作業はなく、

『おお、私にも出来た!!』 などとぬか喜び?をしていた物でしたが、心臓はやっぱ
違います。
しかも、今の時代OPCABGは当たり前で、私がイラッとしていたあの心臓が動いて
いるとなると、やっぱりどーーーーーー考えても相当な技術が要されるんだなぁっと
も実感......。


心臓外科医ってやっぱ凄いわ!!



こういう研修を受けた後は、必ず思うのが


「外科医を気持ちよくさせる器械出しをしよう!!」

です。

少なからずとも、今までも自分も外科医になったつもりで器械出しはしていますが、
(要するに剥離する器械はどれなのか?や出血点は焼くのか結ぶのか?などなど)
実際に体験してみないとわからない苦労っていうのもは絶対的にあるものなので、
体験してないものに対しても、もっとそういった感性を磨かないといかんなぁっと
再実感。



外科医の皆様 本当 毎日の手術 お疲れ様です!!
いつかPerfectな器械出しができるよう、ワタクシ もっと精進いたします!!

|

« 意思表明 | トップページ | なんて幸せな…♪ »

コメント

明日、ORの面接があります。
これが通れば秋からORコースを受けさせてもらえるのです。ドキドキ(*´Д`)
私も早くORで働きた~い!!

投稿: あられ | 2007/07/24 07:09

初めまして。
私も今、アメリカ看護師資格取得に向けて日々頑張ってるNSの一人です。

今月退職されるんですね、それからNYに留学2年?すごーい出費!!と驚きました。

ちなみに私は今、セブ島(フィリピン)にいてKaplanという予備校に通っていて、この学校はNYとCAにも学校がありますが、授業料が3ヶ月で5万円程、アパート代は1ヶ月、4万円(家具付き)24時間セキュリティーガード付き、英会話の個人レッスン1時間500円。とこんな生活を送っています。それも今週で終了しますがかなり充実したものでした。

そうなんです。以外にもセブ島は英語圏(世界で3番目に英語を話す人が多い国だったんです!!)で私もびっくりしました。

わたしもCAの学校に行こうと予定していましたが、急遽変更、英語とNCLEXの勉強が出来てしかも長く滞在できる。ってことでこっちに来ました。

しかもこの学校はIELTSのカリキュラムもありなんです。

こんなおいしい話、って思うでしょ?あるんです探せば(笑)!

ちなみに私も手術室看護師で豚の心臓の話面白く読ませていただきました。

では。

投稿: rumi | 2007/07/24 18:01

とても楽しそうな研修ですね。1年遅れで「医龍」をインターネットで見ました。実際に働いたことがあると、ドラマの中の説明もわかりやすいし、またこういう研修があると、理解が深まって、介助の仕方もグレードアップするでしょうね。

日本では、麻酔の勉強が主でしたが、こちらでは、技術をみがく勉強がかなり多いです。

研修では何匹くらいの豚さんを使うのですか?

投稿: Aya | 2007/07/25 05:11

ブログみさせてもらいました。私は先月夫の仕事の都合でNYに引越ししてきました。日本ではNSをやってました。3年と2ヶ月しか働けなくてもっとNS仕事がやりたいと思い、アメリカのNSの資格をとろうと考えている所です。しかし全く英語が出来ず…(日本でニューホライズンから勉強し直したのですが)NSの資格よりも英語を克服しなければなりません(泣)どのような方法で英語えお勉強されてるのでしょうか…教えていただけたら嬉しいです☆

投稿: ブッチャン | 2007/07/25 22:59

■あられさん
ORの面接はいかがでしたか?
本当に、ORへ転身されるんですね。
これからは、Opeの話をあられさんとできるんですねぇ。
カナダのOpe室事情報告 お待ちしていま
す!!

■rumiさん
初めまして。
コメントありがとうございます。
セブ島のコースは聞いた事があります。
たしか、USAに直に渡るよりも安価で、英語も勉強できて…っという感じで聞いています。私は2008年(来年)に渡米する予定です。費用はかかりますが、USA生活に慣れるという点でも最初からその土地で暮らそうかなぁっと思って、そういうコースにしました。お互いに、早くUSRNになれるよう頑張りましょうね!!

■Ayaさん
>こういう研修があると、理解が深まって、介助の仕方もグレードアップするでしょうね。

研修の後に、手術につかせてもらえればきっと速攻力があり、身につきやすいと思うんですけど、手洗いなんかはすでにどのくらいしていないだろう???的な感じなので、しっかり焼き付けておくしかないのが悲しい...。

ちなみに、今回 豚の心臓は10個くらいあったような気がします。
7-0で縫ったんですけど、マジ 糸が切れそうで怖かったです。
いつか片手結びの練習もしたい…っと思ってる今日のこの頃。(お前はなにになりたいんだ?って感じですね 笑)

投稿: 姉さん | 2007/07/25 23:07

■ブッチャンさん
初めまして。
NYに既に滞在されてるんですね!!
羨ましいです♪
私も英語ぜんぜんですが...私の場合は、まず、TOEICなんかを受けて、自分の英語レベルを知ったあとに、不足している(全体的に不足傾向ですけど)部分の勉強から始めました。私の場合は、文法にボキャブラリーだったので、語学学校なんかで使われているGrammar In Useシリーズを初級から始めて、あとは単語本をやったり、洋書読書したり、英会話CDの聞いて書き取ってみるDictationという方法を取り入れたりしています。Grammarはやらないと所々忘れちゃってるので、なんどもやりました(これからも、やるつもりです)
既に滞在されているなら、きっと吸収も早く、勉強したものがすぐに使えたりすると思うので、頑張ってください!!

こんなんで参考になればと思います。
また、遊びに来てくださいね♪

投稿: 姉さん | 2007/07/26 08:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 意思表明 | トップページ | なんて幸せな…♪ »