« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008/01/28

手が出て 足が出て 舌も出て?

とりあえず、ディクテ用の「Everyday English : A Prase Book」の‘opener(話のキッカケ)’部門は、今日でディクテ完了です。

ディクテしたあとは、5回の音読をしていますが、なかなか すーーーーーーーーーっと繋がってくれない語句多し(涙)
よく単語の中で‘R’と‘L’が繋がっていたりしたら難しかったりしますが、今回は、‘Th’繋がり…。

‘Other than that…’(それ以外は…)って言うのが上手に言えない(´д`)
「あざざざざ」って舌が回らない(笑)
舌を噛み切ってしまいそうだ(笑)


そんなかんじで、音読では舌を出しまくってますが...

続きを読む "手が出て 足が出て 舌も出て?"

| | コメント (3)

2008/01/27

VOAに挑戦 !

いやいや~、今日は時間があったので通勤時に聞いていて、結構 内容が分かった(つもりでいたのかも)と思われる
VOA(Voice Of America)の長文(16分程度のNews)のDictationにチャレンジしてみました。


VOAは、ゆっくりスピードものなので、普通のCNNとかBCCなんかのNewsが早くて聞き取れないわ(泣)って人には、オススメです。

そんな中で、やっぱり医療者として気になるHealth Science部門のNewsを取り上げてやってみました。

原文とListeningはコチラで。

いやいやいや~、疲れましたわ。
16分程度が書き取るのに、40分くらい掛かったんじゃないでしょうかね...。
終わった時には、腱鞘炎になるかと思いました。
A4ノートを5枚半くらいDictationしましたが...。
昔、内職のお仕事にテープ起こしってあったじゃないですか?(今もあるのかな?)あれをバイトでやってる気分でしたね。(苦笑)


結果は、65%くらいじゃないですかね?(いや、赤点ギリの60かも)
聞きぬけている部分もありますが、なにが聞こえてないってやはり冠詞‘a’と‘the’が聞き取れてなかったり、‘a’が‘the’になっていたり。
文法を気にせず、聞こえるがままに書いたら、‘惜しい!!’って部分や‘全然違うがな!!’って部分もあり…。

まだまだ、道はもちろん遠いって感じですね。

とりあえずは、毎日の積み重ねは「Everyday English;A Prase Book」のDictationをしているので、それにて鍛錬することですな!

今回のVOAで学んだ単語

guinea pig : モルモット 実験台 serve as a guinea pig
Pathogen : 病原菌, 病原体
droplet : 小滴

あとは、‘pandemic’が出てきたんだけど、これは『「呪怨-pandemic-」を友達から見に行こうよ~』と誘われた時に、“PANDEMICってなんぞや?”と
調べたのが役に立ちました(笑)
※pandemic : 全国的な(世界的な)流行、世界的流行病

やはり、知らない単語はすぐに調べてみる。

これ、結構 頭に残りますね。(笑)



…っつー訳で、休みの日の長文ディクテは面白いので続けてみようと思います。

| | コメント (3)

2008/01/26

VIVA! 文房具

英語の勉強をする時は、テキストを何度も何度やったりするタイプなので、ノートかルーズリーフは欠かせない人です。

で、かねてより『もっと効果的(?)有効的(?)活用的な方法はないか?』っと、思案していました。(まぁ、そんな大げさには考えてないですけども)
いわゆる、テキストを汚さず、キレイに使用できる方法ってことです。

で、思いついたのが…

続きを読む "VIVA! 文房具"

| | コメント (4)

2008/01/24

つぁふぉー?

以前、ここで書いたかもしれないですが、エクアドル人の先生(医師)と先日、お話をしました。

っというか、ちょっと聞きたいこともあったので。

続きを読む "つぁふぉー?"

| | コメント (0)

2008/01/23

What is your GOAL?

先日、企業面接を受けるという友達から、こんな質問をされた。

「あなたにとって仕事とはなんですか?」

続きを読む "What is your GOAL?"

| | コメント (4)

2008/01/22

ものさし

こんなワタクシでも、もう手術室看護師になって 早十○年(汗)

「昔は」…と、言う言葉はあまり使いたくないが、一昔以上も経験があれば、必然的に現在の状況と比較する時に、「昔は」という言葉を使ってちまいます。

さて、そんな「昔は」、血管を縛ったり、お腹を縫ったりする糸には長さなんて決まっていなかったし(要するにミシンのボビンのような巻き糸でした)、
だから、医者の結紮している時の手にかかる糸のあまり具合を見て、自分の切った糸の長さは適切だったのか否か?を判断して、
介助をしたものでした。

しかし、昨今。
(…っというか、私が新人の時代にもそういう製品はあったのだと思うけど)
糸の長さは既に決められた長さで製品になっていて、浅い部分は短い糸を、深い部分は長い糸を出せば、大体OKみたいな感じになっています。

まぁ、モノも進化するというか、便利になっている世の中なので、介助する看護師の手間が省けて「こりゃ、ええわ!」ってな商品ですが、
自分で測って、切って、糸を出して育った私には とてもタイミングが…というか、時間の余る物でして…。

続きを読む "ものさし"

| | コメント (2)

2008/01/20

モリモリ=3

今日はなんだか英語へのヤル気がモリモリと沸いています!!
(このヤル気モードとそーでない日のギャップが辛い…(TзT))

1月も残すところ あと10日となりました。(早ぇ~な~)

そこで、今更ながら 1月中の勉強スケジュールを立てました。とさ

続きを読む "モリモリ=3"

| | コメント (4)

英語勉強の一つに

先日、「THE DEVIL WEARS PRADA」を見て、大変面白かったと書きました。
(詳細はコチラ


一応、気になる=見てみたい と思った映画は、我が家のHDD録画機に保存してあり、一度見て、とっても気に入った物は、永久保存にしています。
なので、好きなときにいつでも見ることが出来るんですが。

この「THE DEVIL WEARS PRADA」は、もちろん永久保存版として残っていますので、これまでで何回見たでしょうか?
(まぁ、見たというよりも流しっぱなしの事が多かったですけど)

で、今日も流しっぱなしにしようかと 流していたら…

続きを読む "英語勉強の一つに"

| | コメント (2)

2008/01/19

All at once

今日の勉強の中で「ALL AT ONCE」が出てきたところで、私が思い出すのはもちろん
懐かしきWhitney Houstonの「ALL AT ONCE」

中学の頃から洋楽好きで、私が高校生の頃にデビューしたWhitneyは本当にチャーミングそのものでした。

そんな洋楽好き 加えて 英語好きだったので、その頃はなんとか辞書を引き引き歌詞を自分なりに翻訳してみたりなんつーこともしてましたっけ。

もう、そんな時代からはや20年は経とうとしていますが、当時、自分なりに翻訳してもあまりしっかりと意味を捉えられなかったものも、
今、その歌詞を見ると、とても簡単な歌だったり、もちろん18禁だったり(笑) 色々です。

…っと、言う事で「ALL AT ONCE」の歌詞を拾ってきました。

続きを読む "All at once"

| | コメント (3)

2008/01/17

一芸を身につけてから?

実は、昨日。
ネットでNYの情報を色々と集めながら、いつものお気に入り?のNYの日本人が経営している不動産のHPを見ていた。

住むところって言うのは、本当に大事だし、でも、大事だといいながらも、どんなところでも「住めば都」なってしまったりする。

『なんでも質問してください』…というそのHPに色々と問い合わせをしてみた。

続きを読む "一芸を身につけてから?"

| | コメント (6)

2008/01/16

頑張れ!! 母よ

先日、母と電話で話していたら。

NZ人家族が置いていったPCで、メールを打ち始め(私のところにもたま~に来る)、自分ではもう少しPCの使い方を知りたいと
いう欲望に駆られたらしく、今度 公民館でやってるセミナーみたいのに参加するんだと。

そして、先日のNZ初海外単独旅行から帰ってきて実感したのは、

「もっと英語が分かればいいのになぁ」

…っと、言う事だったらしい。
英語教育から離れて ウン十年。
近くにNZ人がいた頃は、分からないながらも聞いた風な単語が出ると『ああ、こういうことね』とrecall出来ていたらしいのだが、
最近は英語を耳にする事もなく、また逆戻りだと。

で、母の口から出た言葉は…

「新聞に入ってくる通信教育のヤツあるじゃない?あれの英会話とかやろうかな」

だった。

おお!! 頑張れ母よ。
でも、家事に仕事で やる時間がなかなかないかもしれないが、思いっきりライバルになりそうだ(汗)

あの人、好奇心とチャレンジ精神は素晴らしいので、負けそうである。

下手したら、度胸は結構ある人なので、外人と話すのも母の方が早くなったりして…



ま、○ーキャンを始めればだが。

| | コメント (1)

2008/01/15

留学書類 その3

留学用の提出書類が全部 揃いました!!

揃ったと言う言い方はおかしいかな。
2007年中には、各方面からの書類は揃っていたので、今回は、私が記入する分が終了したといった方が、正しいかもしれません。

続きを読む "留学書類 その3"

| | コメント (2)

2008/01/14

NIGHT AT THE MUSEUM

Nm やっと見ました。
「NIGHT AT THE MUSEUM」


劇場上映時は見逃し、NYに行く前には、絶対見ときゃなきゃ!!って思いながら、レンタルビデオ屋さんには行かない私。

今住んでるアパートのケーブルでビデオがレンタルできるのをいいことに、本日、やっと見ました!!

普通に面白いですね(笑)
英語は早くて聞き取れないのが結構ありましたが、そこはなんて言ったってベン・ステイラーですもん。しょうがない。(笑)







NYに行ったら、絶対に行きたい(てか通いたい)場所の一つである、自然史博物館。

面白いですねぇ。
私も一緒に夜警したいと思っちゃいました。(笑)
夜警のベンが、過去の時代の人々を統治しちゃうような そんなところがアメリカ映画的♪
ロビン・ウィリアムスもやっぱりいい味出してるし、彼って本当にfunnyででも包容力のある演技するなぁって再実感♪
大好きです♪


そんなこんなで、クサクサしたあとに、笑いでスッキリ!!


これで、また一つ NYのお勉強が出来た感じです(笑)

ああ、早く行きたい!!

| | コメント (2)

大人気ないが…

いやいや、機嫌が悪いわけでもなく、体調が悪いわけでもありませんが。

今やってるe-learningに結構 イラッ と来ます。

単語を勉強してから、他のセクションに進んだ方が、単語の復習にもなるらしく(要するに長文問題でその単語を利用しているというわけ)
そのように進めておりますが…。











続きを読む "大人気ないが…"

| | コメント (0)

2008/01/13

あなたの秘密は...?

ネットでNEWSを見ていたら、面白い記事を発見。

「もしも、これを聞いたらひいてしまう。好きな人の秘密ランキング」

続きを読む "あなたの秘密は...?"

| | コメント (4)

2008/01/08

struggle!!

いや~、ここ最近。
毎日、もちろん 毎日英語の勉強はしていますが、やってきましたこのWAVE。


あ゛あ゛~、本当に上達するのであろうか??

マジで、やばくね~? 私の英語


…っと、なんの結果が出たわけでも、何をしたわけでもないのに、迫り来る焦燥感。
そして、時は過ぎる…みたいな。

この定期的にやってくるこのWAVEって、一体ナニ???


e-learningも、分かる日もあれば、じぇんじぇん分からない日もあり。
英文を読んでも、『ふんふん』と思う日もあれば、『はあ?』っと思う日もあり。
ふぉっんとうに嫌になりますな!!(`へ´;)

そんな時は、どうするか?

続きを読む "struggle!!"

| | コメント (8)

THE DEVIL WEARS PRADA

Devilparada かなり遅ればせながら、やっとこの映画を見ることが出来ました。
(Thanks! WOWOW)

おしゃれ、恋愛、仕事etc...女性受けするこの映画
「THE DEVIL WEARS PRADA」


なんとも快活!!
ストーリー性もかなり面白い。
テンポも良く、見ていて飽きないし、アン・ハサウェイが
キレイになっていく様もとっても面白い!!












私は、この映画で一番 印象的に思ったのは、アンディ(アン・ハサウェイ)の仕事の取り組み方です。
仕事をしていると誰でも思う、または、感じるであろう『一生懸命にやってるのに認められない』感を、
ナイジェル(スタンリー・トゥッチ)が見事にアドバイスし、立ち直って行きますね。
それからのアンディの仕事振りは、本当に快活!!そのもの。
私が好きな仕事の仕方を彼女はどんどんやっていきます。

「あ~だこ~だ言われるなら、言われないようにやればいい」
「上司からの依頼は、上司が望む先の事を考えてやっていく」

これをこなしていくアンディの姿は、映画を見たワーキングウーマンのモヤモヤ感をスッキリさせてくれた
だろうなぁっと思いました。
だから、受けるわけですね!!
女性だけでなく、仕事に悩む男性にも大いに見てもらいたい作品だなぁっと思いました。


しかし、この『一生懸命やってるのに認めらない』という感覚は、なかなか解消していくのに時間のかかるもの
だし、そう感じている本人が発想の転換、気持ちの転換ができないと解消されるものではないと思います。

最近は、『仕事が気に入らなければ辞めればいい』っという風潮がどうもあるようで、私はそれには賛成しません。

「気に入らない→辞める→新しい職場→気に入らない→辞める」では、その人の人間性も問われてしまうし、
第一、社会人として全く成長しないんじゃないでしょうかね?


『認められないから辞める』『こんなに努力しているのに!!』と思う前に、

“本当に自分は認められる努力を全力でしているのか?”
(この考え方は全くの我流ですけど)

を、考え直してほしいと思いますね。

映画では、最終的にアンディはランウェイ社を辞めてしまいますが、それは仕事が嫌だからやめる結果に至った
わけではない訳で、しかも、その仕事場や上司を尊ぶものを感じながら、何かを得て自分の夢へと向かうのです
から。

しかしながら、さすがオスカー女優のメリル・ストリープ!!
デキル女上司を、厳しさと包容力を演技で見せているのには、本当に凄さがあると感じました。
素晴らしい!!
まさに、『その道のプロというのは、このようでなくてはならない』というのを勉強させてもらった映画でも
あります。
ごッつぁんです!!

Anyway!
是非是非、仕事で悩んでいる人はこの映画で何かヒントを得てほしいものだと思います。

| | コメント (4)

2008/01/07

rain check

今日のe-learningで、面白い=使えそうな「句」があったので、ご紹介。

“I'm sorry. I cannot join you tonight.”

“Could I take a rain check?”

続きを読む "rain check"

| | コメント (0)

2008/01/05

GOAL! 完読

Goalnovel 12月28日に映画「Perfume」のnovel版を完読した翌日から、
読み始めた「GOAL! the dream begins」を昨日、完読いたしました。


この映画が、大好きで「Perfume」と一緒に買ってあったものでした。

これも、映画のnovel版ですので、映画に忠実に書かれて
いましたが、やっぱり映像で見るのと、本で想像して読む
のとでは、受ける感覚が少しづつ違うなという印象です。
これは、「悪い」という意味ではなく、映画でも もちろん
感動しますけど、本で読むと、グッと中に入れる気がするので、




感情移入が違うというか、文字として表現されると感情が入りやすいというか...。





最後のシーンで、プレミアムリーグで勝利を勝ち取った時のサンティの父への思い、父と分かり合えた瞬間は、
さらっと描かれていましたが、映画でも泣けたけど、本の方が泣けたような気がします。


英語的には、Perfumeよりも全然簡単で、ペンギンリーダーのTOEIC指標的に言えば、
TOEIC480ラインくらいかなと
思います。(なにせ、この私が苦労せずに読めたのですから)
それでも、知らない単語は結構ありますし、舞台はUK New Castleですので、独特な言葉も登場したりで
それも勉強になりました。
でも、解釈の仕方が難しかったのは、サッカーシーンかもしれません。
感覚的に内容を感じ取るだけではなく、内容をしっかりと理解するには、まだまだ時間がかかりそうです。

あとは、この本もそうですが、洋書を読むときに実行している事は、主に電車の中で読むことが多いので、
「頭の中で発音しながら読むこと」
「頭の中で話手になりすまして読むこと」(これは、映画を見ているからできる事かもしれないですね)
「スピーディな展開の部分では、読む速度も上げること」
なんかを気にしながら読んでいます。
あとは、電車読みですので、次の駅までこの段落まで読むとかを気にしながらやってます。


こ~んな感じで、まだ洋書読みを続けます。
次は、何にしようかなぁ...。
とりあえず、購入して未読の物が何点かあるので、その中から探します!!

| | コメント (2)

2008/01/04

VSOP

お酒の話じゃありませんよ。(笑)

人間として、職業人として成長するための要素のお話「VSOP」について、とある記事を読みました。

それによると…

続きを読む "VSOP"

| | コメント (5)

2008/01/03

留学書類 その2

2008年も明けて、早 3日が経っています。
大晦日から元旦になり、元旦は仕事だったので早々に寝ようとするが、興奮しているのかなんだか、全く寝付けず、布団の中でウトウトしたり眠れなかったりと、3時間も格闘したところから今年は始まりました。

自分的に、どこかで『キターーーーーーーーッ!! 2008年!!』という興奮があったのかなぁ?なんて、思ってますけど...。
(まるで、遠足前の小学生のように…って、お前いくつだよ!!)

…で、今日は、続・留学準備書類編です。

続きを読む "留学書類 その2"

| | コメント (4)

2008/01/02

BLADES OF GLORY

Bg この冬の2大おバカ映画の一つ
「BLADES OF GLORY(邦題:俺たちフィギャースケーター)」を見てきました。

「Chapter27」のシリアスな映画の後に、口直しのこの映画。
マジで、笑える。(≧∇≦)














フィギャースケートって華麗で、優雅な世界を想像しますが、この映画は、本当に汗臭い!!
だって、主演のウィル・ファレルってところが汗臭い(笑)

何も考えずに、クスクス...あはははっと笑って見れる映画でした。

笑える中にも、主演の二人の成長度合いもいい感じに出ていて、笑いと温かいものがある映画だなって思いました。

私の場合、スケートは、小学校の体育の授業であったのですが、スピードスケートだったので、フィギャースケートちょっとやってみたいんですよね。
別に、トリプルアクセルとか、ダブルアクセルとか、そういうのはできなくていいんですが(っていうか、出来るわけがないし)やってみたいなぁ...。

NY行ったら、挑戦してみようか?(笑)

※ちなみに、2大おバカ映画のうちのもう一つは、「ダーウィンアワード」です。
 これも、公開されている内には絶対見に行こうと思います!!

| | コメント (4)

chapter 27

C27 ジョン・レノンを暗殺した犯人について描いた
「Chapter 27」を見てきました。

この映画の存在は、「ONCE」を見に行った時に始めて知り、『絶対に見たい!!』と心に決め、本日 1000円♪で見てきました。

私は、ビートルズもジョン・レノンも大好きですが、それは歌だけで、ジョン事を詳しくは知っているわけではありません。




知っているのは、オノ・ヨーコと結婚した事とか、この映画のように暗殺されて、若くしてなくなったこととか、平和を歌い続けたってことくらいです。

ビートルズといえば、当時(いわゆる、うちの両親~それより若い世代)の方々には、もう熱狂的なファンが多くて知られていますが、暗殺した犯人も、熱狂的過ぎるが上に、ジョンの暗殺を実行する事になってしまうんですね。

内容的に、詳しくは書けないですけど。
なぜチャップマンは、ジョンを殺す事になったのか…解釈は、この映画を見た人それぞれかなと思いますが、人に説明するまで私の解釈は、まだ整理がついてないっというのが、正直なところ。
ファン心理と、葛藤と…チャップマン自体のまさに「lost control」な状態は、理解できる部分も、出来ない部分もありますが…やはり「なぜ」という部分は、彼にしか説明できない、もしくは、彼も説明できないのかもしれないなぁっという印象を持った映画です。

| | コメント (0)

New Year Resolution 2008

お決まりのようですが、今年は我人生において 転機と(する)なる年と思うので、記念に
New year resolution(今年の決意・目標)なんかを書いておこうと思います。

続きを読む "New Year Resolution 2008"

| | コメント (2)

2008/01/01

National Tresure : Book of Secrets

Nt2_3 2008年元旦

私の映画初めは「Nationl Tresure 2 :Book of Secrets」で始めました。
なにせ、日本は昔から 正月=宝船ってくらい宝系は縁起物ですんでね。
日勤を終えたその足で、見てきました。


シリーズの最初の物は、映画館では見れず、WOWOWで見たんですけど、面白くてはまり。
その後HDDに録画して、幾度となく見ていましたので、前作からの流れとか、皮肉とか 楽しみながら見れました。








もちろん、前作を見ていなくても 内容は明確なので、「ナショトレ」初めての方でも、十分に冒険活劇を楽しめます。

…にしても。
今作では、ロンドンロケもあった模様で、バッキンガム宮殿の中も出てきますが(もちろん、セットですけどね)、その後のシーンでヘレン・ミレン(映画「クィーン」のエリザベス女王役)がゲイツ(ニコラス・ケイジ)の母役って事で出てくるのが、個人的に“ニクイなぁ~”なんて思いました。

で、今回の一応 悪役(?)はエド・ハリスなんですけど。
いや~、年取ったな~という感じは否めませんが、でもやっぱりカッコイイ♪
もちろん、薄くてもステキなニコラス・ケイジですけど、エド・ハリスもステキでした。

段々と、インディー・ジョーンズ化しているこの映画ですが、是非とももう少しだけシリーズを続けてほしいなぁっと個人的には、思います。

やはり、考古学って面白いし、ロマンがありますね!!

| | コメント (0)

Welcome!! 2008

いよいよ、2008年となりました。
今年は、ある意味、本当に


飛躍の年



となることでしょう!!(飛行機に乗って飛ぶという意味でも 笑)

さて、早速ですが。毎年の(?)お決まりである、今年の運勢を見て行きましょう。

続きを読む "Welcome!! 2008"

| | コメント (4)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »