« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008/09/29

初!! NY OFF会

この土曜日は、NYプチ医療者会(?)いわゆるNY OFF会でした。
メンバーはStep Upさんとご家族、ふじパンと私、そしてStep Upさんと同じ病院で働いていらっしゃる心臓血管外科医であるI先生と奥様の7名でした。
いやいや、楽しかった!!

Step Up
さんともふじパンともちょっとご無沙汰だったし、紹介してからやっとStep Upさんとふじパンを対面させることができたし、そして、なんといってもI先生 超面白い!!
一緒に働いたらどんな感じか?っと想像してしまいます。

場所は、NY Korean townの一角で行いましたが、実は、私 金曜の夜もクラスメイトとKoreanでしたの。(これは、毎週の集会となっています)
どんだけKoreanが好きなんだ?と思いますが、美味しくて満足できて、場所的も便利で、馬鹿高くなくて、そんなにカロリーも高くなさそう…となるとこのNY Koreanになるわけですね。

そんなわけで私のお勧め(?)のレストランを勝手に推薦し、予約しましたが、みなさん満足いただけましたでしょうか?(笑)

Step UpさんとI先生からは貴重でInterestingNY Hospital circumstancesを聞くことができ、本当に楽しかったです。
Step Up
さんやI先生がいる間になんとかLicenseを取得して、就職までこぎつけられたらと思いますが、これも自分の努力以外の物が占めていることもあるため、国事情がいい方向に変わった時には、私はいつでもOKよん的な状況を作っておかないとなぁっと改めて思いました。

また近い内にこの楽しい会の2回目ができたらと思います。

| | コメント (3)

2008/09/26

DVD

Satc

ついに買っちまいました!!
SATC the MOVIE
 の DVD

もちろん、リージョンはUS仕様ですが、PCで見る分には問題ないので、しかも、割引中に付き購入を決意!!……っていうか、割り引かれていなくても買っていたと思います。






映画館でも、もちろん見ましたが、何度見ても同じところで泣ける。(笑)

映画館で見た時は、結構内容わかるかも~って思って満足してみたんですけど、今日、購入し、字幕付きで見たら、意外と字幕の単語が分からなかったりして、これは、再度勉強だな!!と決意。でも、SATCで勉強ができるなら楽しんで出来るかも~♪

しかも、やっぱこの4人を見ると元気が出るんだなぁ。

さぁ、明日もがんばろ。


P.S.
そういえば、先日クラスで書いた(書かされた)エッセイがあったんですが、学校の会報紙に私のエッセイが載っちゃいました! クラス全員のが載るのかと思ったら、厳選5名様までだったらしく、なんとも照れくさい…。
まぁ、だからと言って私の事なんぞ、知ってる人はクラスメイトくらいなんで、恥ずかしくもないですけどね。

記念だなぁ。

| | コメント (0)

2008/09/19

読書の秋

Cimg0151































さあ、
NYもいよいよ寒くなってきました。
朝の気温は10~13℃程度、学校へ行く頃(お昼)にはそれなり気温も上がっていますが、それでも風は結構冷たくなってきて、人によっては厚手の上着を着ている人も多く見かけます。

さて、秋と言えば読書の秋。
私はNYに来て草々にBORDERSという本屋さんの会員になりました。
(なぜこの本屋を選んだかは、映画「Terminal」の空港に入っていた本屋だったから 笑)
このBORDERS、会員になると色んなRewardがやってきます(メールで)。毎日ハードカバーは40%OFFとか週によってはどの本も20~30%OFFとかメールがガンガンきます。

現在、Harry Potter最新刊を読書中ですが、これがあと150ページ弱で終わってしまいます。
悲しいかな、終わってしまいます。

で、読む速度も上がってきたし、ここでリーディング力をキープするには次の本を探さなくては!!ってことで、昨日は学校帰りにBORDERSへ行ってきました(ちょうど会員割引期間だったんでね)。

…で、色々悩んだ挙句、次回の作品はコレ。
Ad

DAN BROWN
の「ANGELS & DEMONS」にしました。
DA VINCH CODE
は映画でしか見た事がないですが、私が気に入った作品だったということと、近々映画化されるのと、価格が安かったのと(笑)
Reward受けて$7で買いました。しかも、次回30%OFFクーポン付♪)


パラ読みしましたが、英語もそんなに難しいものではなかったので、イケるんではないかと思います。


それにしても、これから架橋のHarryの方は、たぶんまた涙なくては読めないともうので、Subway読みは危険かもしれません…。



ところで、NYの本屋。
有名処は数か所ありまして、私のお気に入りのBOREDERS始め、Barns NorbleとかStranadとか…。STRANDに関してはSecond handなので、論外ですが、なぜか本屋によって値段が違うという恐ろしい場所でもあります。本屋好きとしては、もちろんBARNSにも足を運びましたが、一つに本を比べてもBORDERSとは$1~2増しくらいちがいます。しかも、BARNSの会員になるには、最初に$25も取られてしまいますんです。

この違いはなんでしょう?

たしかに、BARNSの方はちょっと高級チックな造りで、店員さんも閉店間際に店を出る時は、「Have a good night, Ms」とかネクタイ締めたおじさまDoormanが言ってくれたりしますが…。
BORDERS
の方は、店員さんが本当に楽しそうに仕事をしていて、NYでよく見かけるムスッとレジをしている人とか、「あんたさっさと選びなさいよ」という印象を受ける人は未だ見たことがありません。
レジの人も、「レジ袋は必要ないよ」と伝えただけで、「OH! You’re so helpful for me. Thank you」いわゆる、レジ袋に入れる自分の仕事を減らしてくれてありがとう的な事を満面の笑顔でおしゃってくれちゃうわけです。(笑)他の店員さんも、本を探してくるのにもいつも笑顔で、しかも、とても楽しそうにおしゃべりをしながら探してくれます。

ついでに店ロゴもかわいいしね♪

ま、そんなわけで読書の秋。
ESL
でやってる事もGradeがあがったため、Literature手法やPoemの読み解きなどを習っています。

今の私には本を読むよりも、NCLEXに特化した物を読んだりした方がいいのかもしれませんが、それではどこにも息抜きの場がないので、やはり肩ひじ張らずに読める物が必要かなと思います。

| | コメント (6)

2008/09/16

analysis

Cimg0159

































最近、思うのが 
「日本の時よりも勉強のバランスがつかみづらい」
という事。


最初は、何とも感じていなかったのだけど、ここに来てそれを富に感じている。


Motivation
が保てていないのだろうか?とも思うが、そうでもなさそうな気もする。

日本で働きながら勉強をしていた時は、「この日までにこれをやり、これが終わったらこっちをやり…」などとかなり計画的に物事を進めてこられていたのに、最近 それができない。
客観的に見て、時間は日本にいる時よりもかなりあるし、計画を立てればそれなりに進めていけるはずなのだけど…。

多分、思うに言語の問題もあるのかな?とも感じている。

日本にいる時は、もちろんMother tongueであるから,考えなくても言葉は出てくるし、色んなボキャもあるからコミュニケーションや仕事という面では、不自由しないので勉強の事だけを考えていればよかった。






しかし、今はそうはいかない。

普段の生活において、生活する分には英語を使う機会がそんなにも多くはないが、場面場面でまだまだ(いや、全然?)表現に悩む事も多く、そちらに神経を持っていかれてる感が多い。
しかも、土日を挟むと「聞き取りづらい(もしくは、聞き取れない)・うまく話せない」の波が普通にやってきて、こちらに頭を使ってしまう。

話す・聞くのためにいろいろなお付き合いをすると、勉強の時間が上手くとれなかったり、かといって時間のある時に勉強!!と張り込んでも、話す・聞くがおろそかになり、結局また焦る…という悪循環?の繰り返しのような気もする。

ESLに関しては、難しい事をやっているわけでもないし、クラスにはついていけていると思うし、先生の授業の進め方もスタイルももう充分に理解したので、予習も復習もそうそう時間はとられないし、そういう点での勉強に苦労はない。NCLEXの方も、ひたすら自分でReviewをする(今はまだその段階)、それが終われば問題を解いていけばいいだけなのだけど…。

やはり、私は不器用な性格なのだなっとも実感したりする。

いや?ただ単に時間があるせいで緊迫感が自分にないのかな?とも思う。
いわゆる私の嫌いな「甘え」があるのかなと思う。

振り返り、先の事を考えると、あと10日もすれば2か月が終わる。
本当に、色んな面でマズイ。
クラスの男の子(滞在歴1年)に「全然話せなくて困る」と相談したが、彼からしたら『来てすぐに自分と同じクラスに入り、授業にもついていけていて、クラスの日本人では一番ボキャブラリーがある私は全く問題ない』というコメントをもらうが、そうではないなと思う。失礼かもしれないが、私の場合、語学留学ではないのである程度喋れればよいというレベルは通用しない。

とにかく、私の
Speaking力には瞬発力がないわけなのですよ。

先生にも、「姉さんはもっと話すPracticeをしなくちゃ駄目だよ(机上勉強ばかりするな)」と言われるが、基本、性格的におしゃべりでない方である事、誰とでも話をしたいとか話す相手と話さなくてもいい相手とか話すべき事と話す必要のない事というものを日本にいる時から境界線を引き、話をするので自然と人によっては話をしようと努力しなかったり、「話さなくてもいいか」と判断したりするので、自分の中で『必要がない』と判断すれば口も開かなくなる性格なのである。(よって、『恐い』という印象をもたれる)
たぶん、性格的に「ムダ」を嫌う事が、ここに象徴されてきているような気もする。こういうところがSpeakingの妨げにもなっているのかな?とも思う。たぶん、これを改善しないことには、ガイジンと同居しようが、クラスメイトが増えて話す機会が増えようが、話す機会は同じだろうとおもう。

私のSpeakingは性格改善にかかっているのか?(笑)


性格は改善する気はないので、違う方法を探します(笑)

自分の中で徐々にではあるけど、自分が発言する場合においては、日本語直訳型から 言いたい事→シンプル表現→英語でOutputができつつあるが、この思考の速度が全然遅い。

これは、やはりPracticeの何物でもないんだろうなぁっと思う。

聞かれたことに関しては、英+英ThinkingOutputが、できているように思うけど、まだまだ簡単な表現にも聞き返す事があったり、聞こえない時もあったり、気持の浮き沈みが激しい(汗)


…と、ここまで随分ネガティブな事を羅列してきたように感じますが、ネガティブになっているのか?と心配された・くださった方 ごめんなさい。
書くことで、自己分析をしようと思っただけです(笑)

こういう点においては、Blogで書くことで頭の整理ができてよかったと思う。

これからもっと具体的に頭の整理に取り掛かろうと思います。

ではまた。

| | コメント (6)

2008/09/13

NCLEX対策(我流)その1

Cimg0098

現在、受けているAnatomy系とAnatomy+disorder系の授業。

初回を受けてから、自分になりに方針を何となく決めて取り掛かっています。
以前にも言ったように、初回の講義でCredit endまでのシラバスを先生が配ってくれたので、今はそれ合わせて予習している感じです。

とりあえず、今日の授業では(授業と言っても午後からESLが他の学校であるため途中で退散)本当にうん年前に習った事をReviewしながら、自分で勉強した単語も併用しつつ、眠くもならず(笑)よく聞けたと思います。
木曜のクラスは本当に面白い!!
途中で抜けるのが嫌になるくらい。(ESL休んでもいいかなぁって思っちゃう)
でも、今の私にはESLに行かないと英語をしゃべる機会がないし、クラスが楽しいので行きますけど…。
正直、結構 時間的に次の講義まで新しい分野の翻訳、まとめをするのは厳しい感もありますが、夜と朝をうまく使いながら、なんとかほとんどまとめを終わらせています。
ただ、まとめた後、講義前に自分で単語その他をRe-reviewしたい気もありますが、そこまでは時間がない感じです。


とりあえず、現在までで、EndocrainGastrointestinalは終了。
これからは、Cardiovascularとその他に取り掛かります。

自分の目標としては、自分で年内でReview本のメインDiseaseReviewは終わらせ、来年早々より問題集に取り掛かりる予定です。

でも、Reviewをやってて思うのは、私は手術室という分野にしかかかわってきませんでしたが、ある意味どの科もどの年代もやってくる場なので、浅くではあっても疾患・術前中後の処置の見当がつくこと(手術室で働くということは、手術の事だけ知っていればいいと言う訳ではなかったのでね)が、結構助かってる部分があるかなと思います。

先日は、American studentにノートを貸すという事までしましたし(笑)(「あんた授業抜けたでしょう」まで言われました。理由は話しましたけどね)ちょっとづつ彼らともコミュニケーションが図っていけたらなぁ…と遠い目で思います(笑)

ESL
の先生には、「週末は勉強かな」と答えると嫌な顔されますけど…(たぶん、WeekendNo more study方針なので)
でも、英語だけを学びに来ているわけではないので、そうも言ってられんですたい。

来年になれば、IELTS対策とNCLEX対策も入ってくるし、それまではNCLEXのベースとなる勉強は終わらせておき、NCLEX対策では実際に自分も試験問題を解きながら講義を受けたいし、IELTS対策に入るまではベースの英語力も十分に伸ばしておきたいし。

再度、日本にいた時のように勉強計画を立てて、それに則ってハチマキしたいと思います。

| | コメント (0)

2008/09/12

Memorial day

800pxwtc2004memorial

※写真はWikipediaより借用。


今日も、学校で泣きました。

今日は、何を隠そう 9/11です。

もう、あれから7年の月日が流れました。
当時、私は前職場に就職するために鎌倉から横浜へ引っ越しをしたその日の出来事であり、引っ越し先で一番最初に見た映像が911事件でした。

今日は、学校で911に関するドキュメンタリーを見ました。
ドキュメンタリーと言っても、何一つ語らず、ただ映像と音楽が流れるだけのものでしたが、当時、海の外の痛ましい事件、衝撃的な事件としてしかとらえられなかった自分ですが、今は、そのNYに私も住んでいます。

そのドキュメンタリーを見た時は、なんとも居たたまれない気持ちになり、再泣してしまいました。


そして、私の大好きな映画の一つには、United 93があります。
事件を起こした方も起こされた方も何ともいい表わされない気持が込められた映画だと思っています。
(黒幕以外は)

来年くらいにはWTC siteには公園ができる予定です。
素敵なメモリアルパークになることを祈っています。

下は、現在のWTC site

Cimg0132

| | コメント (0)

2008/09/09

泣きました。

Cimg0291

今日は、学校で泣きました。

理由は、ホームシック(?) なったこともありません(笑)帰りたいなぁ…とも微塵も思いません。しかも、既に心の中は「さよなら~Japon」ですし(笑)


違います。
先日、お別れ会をしたSpanish guyが3時のBreak timeに学校に来てくれたんです。
しかも、「みんな宛てに手紙を書いたからLoudで読んで」と一番仲の良かったチェコ人に渡していましたが、私は彼から直接聞きたかったので、「自分で読んでよ~」とお願いし、Break後に授業に参加してもらいました(笑)

彼が、読みだした瞬間 もう既に泣けてきて…。
内容は、覚えていません(笑)
でも、嬉しかったのがクラスメイトみんなの名前をきちんと入れているところに、一番最初に私の名前が出てきたことかな。(一番発音が難しいのにね、ありがとうね)
我が担任の決まり文句も、スペインで広めるとか、そんな内容の事を言ってたように思います。(泣いてて覚えていません)

彼とは、なんだかんだと3~4回一緒に御飯を食べに行きましたが、最初の印象(小うるさい奴)から、英語を学ぶのに真剣だなぁっという印象に変わり、公園で見せた 実はさみしがり屋でちょっと臆病者な一面、彼女がいなくて「俺はずっとLonelyだよ~」と嘆く姿(笑)本当に、お茶目さんでした。
今後は、スペインに戻り、再度英語の勉強をして、大学でビジネスを学び(現大学生)、その後は中国語をビジネスのために習得するんだそうです。
まだ24歳。 どんなビジネスマンになるのかなぁ?
10年後は世界を駆けまわっているのかなぁ?

私もスペインは行ってみたい国の一つだから、いつか彼のところに遊び行けたらと思います。
陽気なSpanish Girlも別のクラスだけど友達だしね。


それにしても、泣いたわ~(笑)

その後、クラス終了後に今度は、私のマブダチ(←死語)であるコリアンguyが「みんな帰らないでちょっと待って!!」って。
なによ、なによ~。あんた10月までいるって言ってたじゃん…って思ったら、クラス全員にInvitation cardを配ってくれました。
しかも、個人個人に(たぶん)特別メッセージつき♪
彼は、いとこと一緒に住んでいるのでそのアパートでPartyをするから来てね♪という内容だった。
しかも、私がお酒があまり好きではないことを知っているので、手紙にも「お酒が好きじゃないの知ってるよ。でも、せっかく近所に住んでいるんだからおいでね」と。

いつも、飲み会の帰りは「具合が悪くなったら、同じLineだし僕がいるから大丈夫だよ」と超優しい チャン・ドン・ゴン(似ているわけではありません。かってにあだ名にしているだけです)
彼のいとこも超いい人で、本当にいい人ばかりに囲まれているなぁってつくづく思います。

I LOVE GUYS!!

金曜は、チャン・ドン・ゴンや他のコリアンも先生も大好きなお好み焼きでも焼いてあげようかな。

| | コメント (4)

2008/09/08

Indian Taj

金曜にぶつけたおでこがまだ痛いです(笑)

今日は、前レジデンスで一緒だったMちゃんとTちゃんとWashington SQ辺りでランチでした♪
T
ちゃんとは、ちょっとの間だけのお付き合いでしたが、彼女もQueensに引っ越したというので、その近況報告会と、Mちゃんがどうしても私に聞いてほしい話があるってことで、女3人ぶっちゃけTalk!!
笑う笑う笑う…。

Cimg0298_2

今日行ったレストランは、Bleeker stにあるインドカリー屋さん。
私の持っている本に出ていたお店で、まさにランチバッフェ$8.95/person!!
これに行かない手はないしょう。(笑)
名前は、「Indian Taj」とお店。
Tax
入れて3人で$36.60
バッフェだったので、Tipはちょっと少なめにしちゃいましたが、一人$13くらいで食べてきました。

種類は、チキンカリー・スピナッチ・ゴート・豆・チーズなどの4種類くらい。
もちろん、ライスもナンもあり、しかも、タンドリーチキンまで揃っています。そして、サラダとデザート用のカスタードクリームもあり。
…で、モリモリ食べれます。

近くがNYUということもあり、低価格でガッツリ食べれる系のレストランでした。
インドカリーでHOT系を求める人には物足りないかも。
この私も大のHOT SPICY FOOD好きでしたので、辛さには物足りなさを感じましたが、満腹で帰ってきました。

その帰りは、SOHOにあるCaféでガンガン(日本語が周りに通じないのをいい事に)SATCばりのTalkをかましてきました。(笑)その後は、SOHOEast Villageを散策して帰路に。

Brooklyn
に戻ってきてから、¢99ショップで買い物したら、レジのおっちゃんに…
「どこから来たの?」
Japanだよ」
Japanese ladiesGOOD。とってもGOODだねぇ」
「そうかなぁ?ありがとう」
「うん、すごくいいよ。また来てね」
と、この前友達とそこのショップに行った時も、帰り際、そのおっちゃんに「SUSHI SUSHI!!」と叫ばれましたが(笑)

まぁ、周りはほとんどチャイさん達だし、彼女たちに比べると身なりがきちんとしているから、小奇麗に見えていい印象を与えるんでしょうな。

そんな一日でした。

ああ、よ~わろうた(笑)

| | コメント (0)

2008/09/06

fainted with anemia in NY

今日は、スパニッシュguyFarewell partyでしたが…。

2件目?の店の順番待ちをしていて、トイレに行った帰りに ぶっ倒れました(汗)
もちろん、お酒が入っていたんですけど、どうも症状からして貧血。

思いっきりおでこをぶつけ…たようで、他の店のトイレで鏡を見たら、左眉のちと上に
赤~くラインが入ってました。

Be careful
でございます。

先生やクラスメイトの声で目が覚めるというちょっとembarrassな状況ではありました
が、いやいや、ものすごく久しぶりに貧血でしかも、NYで倒れるなんぞ思ってみません
でしたね。

でも、みんな超優しいの。
バッグ持ってくれたり、ここに座りなって席を作ってくれたり、もう飲んじゃダメ!!って
コークとか持ってきてくれるし…。
超いいクラスメイトに囲まれて、幸せ♪



…というわけで、おやすみなさい。
(That's whyで今日は写真なし。)

| | コメント (0)

2008/09/05

とりあえず、初回分終了

Cimg0149

























Emergency center=急性中心って。(笑)



さて、今週は看護コースの受講が始まったわけですが。

初っ端に受けたのが、Human Bdoy1というもので、まずは体の構造やら上下の呼び方
とかそういう簡単なものから始まりました。
しかも、解剖系は専門的に強いところなので、聞いていて面白かったし、興味深々で
臨めたってかんじかな。
先生も、結構はっきりしゃべってくれるので、わかりやすかったし、体験談的な話も
込み込みで笑いもあり良かった印象です。(ついでに周りは全員Americanなのでね)


その日の夜は、Nutrition
こちらも、興味があったんですが、栄養学となると単語がちょっと難しい。
先生はいい人なんだけども、かなり早口なのと、進めるペースが速い+朝コース+午後
ESLの後だったので、睡魔にも襲われ、途中は完璧に聞き流しモードでした(汗)


そして、今日のHuman BodyⅡ。
こちらは、前回の「1」シリーズと同じ先生で、こちらは主に具体的な局所解剖と疾患
につ
いての講義でした。
やはり疾患が絡んでくると、言い回しやなんかが難しくなってるなぁっという印象でし
たが、
「英語で表現するとそう言うのかぁ…」と納得したり。
興味深い講義でした。


すべての講義で初回に先生たちが、シラバスとスケジュールを配ってくれたので、とり
あえず
私の計画としては、Human BodyⅡでスケジュールされている疾患部門をSaunders
Reviewで、予習をしていく=そうすれば、講義の内容ももっと理解を深められるは
ず(たぶん)という
感じで勉強していこうと思います。

それしても、明日はまたもやVoca+Grammarテストです。
今回は、コース終了のGradeテストなので、前回の92点を上回る満点を目指して頑張ります!!
そして、明日はクラメイトのFarewell party!!

| | コメント (6)

2008/09/02

Labor day

Cimg0296

本日は、アメリカの祝日「Labor day」でお休みでした。
まぁ、休み=連休だからと言ってとりわけすることもないんですけど(勉強以外)、とりあえず、
連休初日は洗濯と掃除と勉強に明け暮れ、日曜は近くの公園まで散歩がてら行ってみました。

続きを読む "Labor day"

| | コメント (3)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »