« Exam on Halloween | トップページ | Daylight savingとHalloween »

2008/10/31

一つ終了

Cimg0105


























今日は、
Oral testでした。

いやいや、先生が変わってAcademicな教え方の先生でいいかも…って最初は思いましたが、授業内容は、前の先生の方が良かったかも…っていう感じで授業を受けていましたが、Oral testAcademic(?)でした(汗)

IELTS
は受けた事がないけれど、多分、彼女のスタイルはIELTSSpeaking testのような感じでした。
6つのTopicsの中から、一つ選び、今まで習ったVocabularyを最低7つ盛り込みながら、話していくといった形式。
もちろん、Outlineを見ながら話してもいいけども、決してセンテンスを書いてはならないっていう、私にとってはちょっと苦しいものでしたね。

まぁ、なんとかやりましたけれども。

先生の評価は、Pretty goodでしたが、言い回しなどのVocaはもう少し増やした方がいいでしょうという評価。うんうん。
それでも、先生は私の書くエッセイや、Pronunciationは好きと言ってくれたので、少し安心。私が洋書を読んでいるのも知っているので、それはVoca向上のため、言い回し習得のために続けるといいというコメントももらいました。

やっぱ、洋書読みは役に立つんだなと再確認しましたです。

明日は、Writing testなのでモリモリVocaを覚えていかなくちゃな~。


そういえば、昨日、クラスメイトの弁護士志望くんとMSNで話していましたが、面白い事を発見。
Harryを読んだことがある人ならばわかるかもしれないですが、4巻目あたりから登場するFanchのフラーの発音。
文章で表わすと、Harry→’Ally とか They→Zei になっていますよね。
彼も、MSNでConversationと書きたかったところを「Konverzation」と書いてきたんですよね。
これって完璧に、EU系の人たちの口語から考えた当て字的な英語だと思うんです。
J・K・ローリングさん素晴らしい!!(笑)
すいません…お宅チックな内容で…。

|

« Exam on Halloween | トップページ | Daylight savingとHalloween »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Exam on Halloween | トップページ | Daylight savingとHalloween »