« 図書館デート | トップページ | Sicko »

2008/10/17

青春期と天然と…

Cimg0371_2

※本日の写真はMET(Metropolitan Museum)の一枚から。



10月も半ばを終わろうとしています。

今日からは、また気温も下がり このまま一気にグググ~ンっと秋も深まるのかな?って感じです。

さてさて、最近の面白かったことと言えば…。
私の元々のクラスメイトは、本当に多種多様で ミュージシャン、コンポーザー専攻、エンジニアリング専攻、建築専攻、弁護士志望、メイクアート志望に私 看護師となっております。(新しい生徒のは知らない 笑)
そんな中、弁護士くんと建築くんはまだ18歳。
でも、かなりしっかりとした意見の持ち主だし、建築くんはおいておいても、弁護士くんはお育ちもよろしいのか紳士であります。そんなクラスメイトの会話の中で、21歳エンジニアリングちゃんが、彼らに向かって「ねぇ ちょっとティーンエイジャー」と呼ぶ始末。(笑)

このエンジニアリングちゃんは、結構 世間知らずではなく、天然ちゃんなので『それはちょっとrudeでないかい?』って事も結構平気で言っちゃうタイプでおばちゃん世代の私としては、冷や汗ものだったり、注意をしたり…。

で、「ティーンエイジャー」と呼ばれた二人。

弁護士くんは、ティーン扱いまたは子供扱いをされることが本当に嫌いみたいで(なにせ彼のお国では、18歳は成人ですから)、「ティーンエイジャー」と連呼する彼女の手を掴んで「SHUT UP」の一言。(笑)

もちろん、本モメだったわけではないですけど。

その現場の中にいた私にしてみれば、弁護士くんの「止めてくれよ」的な気持もわかるし、エンジニアリングちゃんの20代を超えている子が、10代をちょっとバカにしたくなる気持ちもわからなくもない。

でも、私にしてみれば、話の内容や授業中の発言内容、普段の態度などなどを総合採点しても、弁護士くんの方がエンジ…ちゃん(面倒くさいのでカツアイ)よりずっと大人。

私は決して彼を子供扱いしたことはありません。むしろ尊敬しています。(20歳も違う私を気遣ってくれるから 笑)

なので、今回は(というより‘またですけど)エンジ…ちゃんに…。
「彼は考えも、態度も大人なんだからそんな風に言うのはやめなさい」

っと、一言。

私が何歳かも知っているし(まぁ、クラスで最高齢ですけどね、え~え~そうですとも)、注意されると「Sorry」と素直に謝るのでとてもいい子なので、それ以上はお互いに任せましたけども。

面白いですね。

まるで、ひと昔…(ひと昔?ふた昔か???)前を見ているようです。

子供扱いされたくない10代の気持ち。
10代は子供よ!!っと思っちゃう20代そこそこの先輩気分。

どちらも、経験したよなぁ~…って(汗)

今は、どちらかって言うと、自分より若くてもその人の経験やバックグラウンドを尊重したいなという気持ちになりましたけどもね。

でも、このエンジ…ちゃん。

本当に傍から見ていて冷や汗もので、この前は、他国でDrをしているという人に向かって、名前を知らないからと言って‘国名’でその人を呼んでいました。(しかも、呼び捨て)
EX;Hey, Japan!」てな具合にね)
これには、先生も他の生徒も笑っていましたが、さすがに注意をしました。

いやいや、天然ちゃんも許せる時と、それが厳しい時があるもんですね(笑)

彼女のお国は年齢を重んじるお国なのに、アメリカナイズされちゃったのかしらね、それとも…やはり?

|

« 図書館デート | トップページ | Sicko »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 図書館デート | トップページ | Sicko »