« Made of Honor | トップページ | Okonomiyaki, again »

2008/10/02

Survey

今週また数名のクラスメイトがleavingする。
それに加え、担任も変わることが今日知らされた。

彼は、とてもいい人だし面白く、いつも笑わせてくれる…but sometime be lazyなので、もう少し教育に熱心さが欲しいところもあった。
私たち仲良しグループ(?)の意見としては、「彼はniceだけど、TeacherではなくFriendだよね」という話もよく出る。
もちろん、I agree with it.である。


うちの学校は、2か月に一度ないし3か月に一度、クラスやテキスト、先生についてのSurveyが入る。もちろん、これは、生徒である私たちがアンケートに答えるものなのだが…。
そのアンケートで、今回私は正直に彼のAdvantage point Disadvantage pointを書いた。しかし、彼とクラスについての評価はExcellentとしたのだけれど…。

これがきっかけで、担任が変わることとなったのかなぁ?っとちょっと考えたりもする。
でも、一人の意見だけでは、そう簡単に変えることはないだろうから、多分、誰か他にも同じような事を書いた人がいるのかもしれない。(私達のアンケートがそこまで重要なのであれば)

でも、事実、クラスを受けていて英語を習っている感覚よりも、楽しんでいるという感覚に見舞われることも多く、もっとAcademicな学習がしたいと思う事も少なくはなかった。
しかも、クラスメイトの中には授業が始まっても音楽を聴いていたりする人もいるし、先生が話し始めてもおしゃべりをしている人もいれば、携帯でtextを送ったりしてる人もいる。

もちろん、彼は注意をするが決してStrictではない。
また、こういう状況は、その生徒個人にもよるところが大きいだろうが、ハッキリ言って彼がLazyで、あまりにもFriendlyすぎる結果でもあると私は感じている。
そして、こういう人がいるおかげでこちらのテンションも下がる一方だ。

仕事とは、評価されてなんぼのものであり、私の下した評価が悪かったとは思わないが、ちょっとさみしい感じもある。

でも、Life has been changingである。
そして、私達は常にそれを受け止め、自分も変わっていかなくてはならない。
だから、これを機に彼も彼の教育スタイルを変えて行ってほしいし、もっといい先生になってほしいと思う。
そして、加えて思ったことは、このSurveyの結果を学校側は公表すべきであるという事。
もちろん、先生の評価は先生個人のみ、または学校サイドのみ知ればいいことだと思うが、どのくらいの生徒がこの学校の授業に満足しているのか否かという事は、発表されてもいいのではないか?とも思う。

次回のSurveyではこれを定義したいなっと思うのであります。

語学学校の多くの生徒は、ほとんど学生上がりだったりするから仕事への評価という事に関して、特に意見がないのかもしれない。でも、私は少なくとも17年間仕事をしてきて、仕事に下される評価についてはわかっているつもりなので、お金を払って入学している ある意味では「顧客」と呼ばれる私達には、アンケート調査の結果について知る権利はあるのではないかな?っと思うのです。

まぁ、語学学校一つにこんなに熱く語る必要もないけれど、最近 仕事がしたくてしょうがないので、こんな風にCriticalな思いが出ちゃったのかなぁ…なんて思ったりもして。

なんて人を評価しておきながら、彼のLazyさに甘えていたところもあった自分も、来週からはしっかりやっていかなくてはならないなっと、ふんどしの締め直しです。
(だって、次の先生はキッチリさんらしいので)

|

« Made of Honor | トップページ | Okonomiyaki, again »

コメント

どこの学校でもやっぱり感じることは同じなんですね。
ウチもESLってprofessionalのクラスに上がるまでは楽しみながらって雰囲気でした。
私もSurveyも辛口で書いたし、もっと上の方に直接メールを送って意見言っちゃったり、勢いあまってやっちゃいましたっけぇ^^
自分の描いていたものと違って当たり前って言い聞かせながらも、理想と現実と何だかなぁ~ってずっと思ってはや1年が経ちます。早いです。あっという間でした。そして仕事を早く辞めたことに後悔。しっかり節約と仕事でお金を貯めた姉さん、さすがだと思います。

投稿: nanao | 2008/10/02 14:18

私も来た当初、同じように思いました。それは私達が求めているものと、語学学校の持っている性質は違うからだと思います。語学学校は楽しんで英語を学ぶレベル、けれど私達にとっては、楽しむレベルではないんですよね。それを仕事につなげていかなければならなきゃいけない。。。

だから先生もそんなにいい先生というのは大学へいかない限り、会えないかもしれません。たまに語学学校でもいい先生はいますけれど。結構Lazyな先生って多いし、授業をキャンセルしてでも、サッカーを見にいく先生もいましたよ。

欧米では英語の先生は誰でもなれるらしいです。(英語が話せたら)日本みたいに、資格がなければいけないというものでもないらしいです。

姉さんの気持ちは私も同じだったので、よくわかります。今の経験は、無駄なようですけれど、必ずあとになって役に立ちますから。がんばってくださいね。

投稿: Aya | 2008/10/02 16:09

■nanaoちゃん
楽しみながら勉強するのは大いに結構だと思うんですよ。でも、結局先生が変わった今も、教え方はアカデミックなところがあるにせよ、結局Lazyなのは皆一緒みたいです。
まぁ、結局は自分で頑張れって事ですね。
このクラスは今月いっぱいで終わって、その後はアカデミックコースなので力を蓄えておきます。

■Ayaさん
それぞれの学校に来ている理由が違うのと、自分が焦ってる部分もあるのかなぁなんて最近思い始めてみたりしています。
Nanaoちゃんへのコメントにも書きましたが、やはりどこへ行っても勉強は自分次第であるのかしら?と遅ればせながら気づき始めました(笑)

投稿: 姉さん | 2008/10/18 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Made of Honor | トップページ | Okonomiyaki, again »