« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009/02/28

ビンボーはあの手この手を尽くす

Cimg0745

今日の勉強は、Onlineコースをメインに進めてみた。

実はこのOnlineコース、現在取っている看護のコースで進められてやってるものなのだが、Onlineのプラクティスやテストを受けるにはIDが必要で、受けるたびに受付のお姉さんにIDを聞かなくてはならないという○ソ面倒くさいシステムをエージェントは取っている。それもそのはず…そのテストの結果をレビューするためにはテキストもあり、そのテキストを「$360で買いなさい」と看護コースを提供しているエージェントが言っているからだ。

しかし、現在私には$360も出してレビューする本を買う余裕など全くなく、ひそかにお金は払っていないがクラスメイトがコピーしてくれたIDでひっそりプラクティスを行っている曲者だ。

このOnlineのプラクティステストはかなり面白い。

本番に則っているのかはわからないが、それ様の形式で出され、「これかなぁ」とクリックした時点で正解か不正解かが分かるようになっている。ありがたい。しかも、不正解の場合は、「これは重要だけどFirst choiceではないわよ」とか正解するときちんとなぜ正解なのかの理由も出てくる。ありがたや。ありがたや。

しかし、たまに「それはどうなのよ?」という答えもあり、腑に落ちずムカつくこともある。まぁ、そこは気持ちを切り替えやっていくしかないだろう。

プラクティスした後は、レビュー本で振り返りを行う事が良いとされているが、なにせ$360の本たちが手元にない…しかしだ。実は、NYに来たばかりの頃に、エージェントに挨拶に行った時、エージェントのお偉いさんが「これあげるから勉強してね」と2冊の本をくれた。今になって見てみると、それがこのOnlineの基礎看護部門と薬剤部門の本だった!! とりあえず、基礎と薬剤に関しては、それで賄えるから良しとする。問題は、NCLEXのメインとなるMed-surge部門、そしてMaternityChild care部門。これはどうしても欲しい。しかし、$360は払えない。…そこで、Amazonを一か八かで覗いてみた。(この会社は要するにKaplanのOnlineもののような感じなので、書店には売っていない本であるから期待は薄かった)

Med-surgeの本があった!!

しかも、1$10もしないで売っている。(中古、しかし状態は‘Like New’と謳っている)これだ!!

即座にクリックで購入。送料込みでも$10以下だった。助かった…。

そして、MaternityChildに関しては、いつもお邪魔しているNYの看護師さんのBlogでその看護師さんの友人が1$10で売りたいと言っているという情報をキャッチして、無事にMaternityChild、それに加えLeader shipManagementの本を買わせてもらった。送料込みで$35だった。

(しかも、その方から「おまけです」とMaternity部門のテキストをいただいた。実にありがたい)

…と言う事で、$360と言われた本たちは、全てではないけれどメインコースは$45でそろえる事が出来た。

ビンボーには実にありがたい買い物だった。

今日の結果は、これまでの講義や自分でやってきたレビューとサンダースのプラクティスのおかげか、とりあえず50%以上はクリア。しかし、まだたったの50%。しかも、これは、基礎部門と母性に限ってなので、これがComprehensiveとなるとググーンっと%も落ちてしまうだろうと想定している。レビューの方も、メインコースはほぼ終了しているし、残すはMedication部門と数疾患なので、明日はサンダースの問題集を解いてみようと思う。

バケーションも残り一週間。

どこまで勉強に活用できるかな?

追記:先日の「1/365」で私が勉強の事で凹んでいると思われている方がいらっしゃるようなので、ここで種明かし。正直申しまして、勉強では凹んでおりません。やるしかないので凹む必要がありません。凹んでいる事は書きましたが、それはすでに今後の滞在費がないからであります。色々と手を尽くしましたが、かなり、私も周りも厳しい状況である事などが重なり、NYで生活していく事が大変危うい状況の中、生活しております。これに関しては、春先まで様子を見つつ、それでも状況が変わらなければ帰国するという手段を取らざる得ないかなっと本人は思ってる次第です。なので、まだわかりませんが、どこかにチャンスは転がっているものと思っていますが、そのチャンスを拾えるか見つけられるか、拾ってもらえるか?はわかりません。とりあえず、今はNCLEX受験に向けて自分の力をつけていくだけと思っています。…と言う訳で、あのような内容になりました。本人は元気であります!! 心配してくださる方がいるって言う事は、大変嬉しく思います。応援してくれている皆さんのためにも、もちろん自分のためにも頑張りま~す!!

| | コメント (2)

2009/02/27

集中

バケーションがとうとう残り10日となりました。

バケーションを取ったばかりの頃は、「長い…」と嘆いたものの、今となっては‘意外と’自分の思ってたいた計画が進んでいない事にちょっと焦りというものを感じています。

おかしいな。

さて、勉強と言えば、集中しないと身に付きません…よね?

集中の仕方は人の寄りけりで、みなさん個々にいろんな方法を持っていられるのだろうと思います。私の場合、大して「これが私流!!」という銘打ったものはありませんが、最近、小さな発見をしたのでご紹介。

1)  フード付きの洋服を着る(現在はフリースを使用)

2)  フードをかぶる(できるだけ深く)

これだけです。

この「フード療法」結構集中できます。なぜだろう…。

客観的に考えると、よく部屋の隅っこが妙に心地よかったり、押入れの中が魅力的だったり、そんな経験はありませんか?(押入れをベッド代わりにして寝ていたことがあるのは私だけでしょうか?)

このフード療法はそれに似ているなと思います。

もし、世間の雑踏から逃げたくなった時は、この方法をお勧めします。

ちなみに、フードをかぶったからと言って、完全に集中できていない時ももちろんあります。そういう時は、大体、どこかに邪念が入ってると評価しています。邪念を追い払い、無心に帰るには滝に打たれるのが一番かとも思いますが、近くに滝がない事と今のNYで滝に打たれると間違いなく肺炎になってしまいますので、それは控えさせてもらいます。

邪念を追い払えるかどうかはわかりませんが、気持ち的に邪魔が入らないであろうっと言う事で、人生初!!の「耳栓」を購入してみました。

まるで…チートスです(笑)Cimg0752


しかも、見た目 硬そうに見えるでしょ?

硬くないんですよ、練り消しゴムみたいにグニュグニュっと細くしてから

耳穴に入れ、それが形状記憶のごとくムニュムニュっと膨らみ直ってくるので、耳にFITっと言う感じで耳栓になってくれます。

購入は、普通に1Pairで(予備で2Pairくらい)よかったはずが、どれだけアメリカ人は耳栓をなくすのかわかりませんが、最低10Pair物から売っていました。なので、なんだか写真を撮ってみたら、ムーミンに出てくる‘ニョロニョロ’オレンジ版みたいになりました。




集中して勉強することの話を書いている割には、こんな写真を撮ってるなんて……。

Never mind!

| | コメント (5)

2009/02/24

1/365

さて、この私目もとうとう39歳ってのになっちまいました。

いや~、全然 気持ちに変化なし! でも体は正直ですべての物が性格とは反比例し、何事にも逆らわず重力の赴くままに下がって行っている事を実感せざる負えない今日のこの頃です。

それに伴い、お尻周りがとても成長いるので、かなりマズイですね。

まぁ、それはさておき。(置いておきたくないが)

今年は、色々と勝負の年であろうと思い、年明けからキリッと気を引き締め、取り組んでいますが。

そのきっかけとなったものと言えば、もちろんNYに来て半年が経過し、いよいよNCLEXを受験する年になったという事もありますが、私が常日頃、まるで新聞のコラムか雑誌の連載を読むかのような気持ちで読んでいるBlogLife is soooooo good!」の著者である外科医Surgeon 24hrsさんの書いた一つの文章にありました。

‘例えばあなたが今、365枚の白いカードを持っているとしよう。どのカードも皆、同じサイズで同じ質感だ。要するに見分けは全くつかない。そしてそれらのカードには、11日から1231日までの日付が振ってある。日付が振ってある面を下にして365枚のカードを床に広げ、その中から一枚だけ選ぶことにする。

例えばあなたが73日のカードを引く確率は365分の一、314日のカードを引く確率も365分の一。それならば、11日のカードを引く確率はどうか。もちろん365分の一である。

しかしこの11日のカードだけは、価値が大変に異なる。このカードを365枚の中から引き当てた途端に、あなたにはこのカードが金色に見えるはず。そしてあなたがカードを引いたときに「おっ!」と思わず声を上げるのも、この11日のカードの時だけだ。たとえ引いたカードが私の誕生日であったとしても「おっ!」とならない。いや、もう私の年齢になると誕生日のカードでは「ゲッ!」となるのがオチだ。

同じ365分の一の確率であるにしても、とにかく理屈抜きに11日はめでたい。元旦とはそういうものだ。’

彼は、元旦と言う事に特記して書かれた日記でしたが、私は、この「365枚のカードを持っている」という点にとても考えさせられました。それと同時に、「私は今まで毎年毎年、365枚のうち 何枚のカードを眺めることなく捨ててきたんだろう」と思いました。そして、その後に、「今年は一枚一枚きちんと眺め、そのカードを心に刻めるようにしてみよう」とも決心しました。

もちろん、365枚あれば 時には見ずに捨てることもあるし、そう言う事があっても全く問題ないとは思います。しかし、自分の今までを振り返ると、結構無駄にしている日の多い事になんとなく気づいて、しかも、ちょっとした焦燥感にもかられて…。

そんなわけもあり、今年は結構頑張ってみようかなと思い、現在に至るわけです。

しかし、まぁ…なんというか。

「頑張りと状況」は比例していくわけでもなく、現在 諸々な事情によりここに居続ける事が厳しい状況にもいたりします。なので、現在 帰国を想定範囲内に入れつつ、でもNCLEXの受験をNYですることも、もちろん考えつつ、物事を進めているところです。もったいな~い!!って感じですよね?でも、帰国になった場合は、それはそれでしょうがないですね。

基本、自分の中では「勉強はどこででもできるし、チャンスは一度だけではない。自分の問題」という考えがあるので、万が一、帰国と言う事になっても、せっかく勉強した英語とNCLEXなので活かす・続ける事はもちろん考えています。そして、未だに「アメリカが一番!」「ここ(USA)でなくては嫌だ」という考えもないので、(というか、未だにやっぱり他国がいいかもっと思ってるっていうのが正解かも。アメリカ…肌に合わないのかなぁ…)他に視野を向ける事も考えています。(これは万が一、帰国してからのお話ですが)

…と、書くと深刻そうに聞こえますが(いや、ある意味深刻なんですがね)、まずはここで生き残るためになんらかの努力をしてみて、それから…って事になりますねぇ。

そんな訳で、39歳。

何事も「39(サク)39(サク)」と進めて、秋にはNCLEXにも「サクラ39(サク)」といきたいところですが。そうも巧くはいかないのが世の中であり、巧く行かせる努力が自分の今年の39歳の目標かなぁ…っと思う今日この頃です。

では、Happy Birthday to me 勉強以外に誕生日何かお楽しみをすることを考えま~す♪

…たぶん、映画とケーキだな(笑)

| | コメント (8)

2009/02/22

81st Academy Award

今日は、待ちに待ったOscarの日でした。

TVはあるもののケーブルに契約していないので、かなり映りが悪い中を必死に見ました4時間。

いや~、Best pictureには「Benjamin Button」かなって予想していたんですけどね、まんまとSlumdog millionaireでした。この映画、見てないんですよね。

かといって、他を見たかと言うとOscar nominateの中では3本だけかな。これから間に合えば、主演男優賞に輝いたショーン・ペンの「Milk」と、主演女優賞をもらったケイト・ウィンスレットの「The Reader」を見に行こうと思っているところです。

今日は、Oscarがあるから!!っと昼から6時半くらいまでモリモリReviewをやって、その後はNominateもされていた「Changeling」を見ました。(映画レビューはまた今度)

でも、これから日本公開のようなので、見ようかな…っと思ってる人も、思ってない人も、ひとこと言わせてもらえば MUST SEE です!!

Changelingのアンジーもなかなか良かったので、イケるかな?っと思いましたけどね…。

でも、予想通りMake Up賞ではBenjaminが頂きましたね。

見ていると聞く映画の名前が「Slum」か「Benjamin」ばかりで、かなり接戦?な感じでした。

でも、外国映画賞とショートアニメでは日本の作品がBestowされていましたね。でも、「Thank you」しか言えない挨拶を聞いて、ちょっと悲しくなりましたが…まさか、NYTVでモックンが見れるとは思わなかったので、嬉しいのもあります(笑)

とりあえず、私の年間行事の一つ Oscarを無事に見ることができ、良かった良かった。

しかし、ホスト役のヒュー・ジャックマン様があんなに歌えて踊れるとはしらなんだ~。

| | コメント (2)

2009/02/17

だからか!

今日は、看護の講義の日でしたが…。

いや~、3日間 授業らしい英語を聞いていないとなんだか先生の言ってる事が、☆?□◎な感じで、参りました(汗)しかも、完全に集中できていないっていう私の問題もありでね。

さて、今日からMaternity部門に突入したんですが、先生の資料で

「妊娠期の平均体重増加は14~16kg」と書かれているのを見て、思わず質問しちゃいましたよ、間違いかと思ってね。

だってさ、日本の倍ジャン!!
昔は日本も10Kg 位を目安に…なんて言ってたのが、今は相当厳しくなりMAXKgですからね。体重が8Kgに届きそうものなら、直ぐに減食・減カロリーとか言われちゃう昨今ですよ。

だから、デカいんだ…欧米人(笑)

しかも、話の中でホルモンの話になりましたが。

よく「お肉は酸化作用があるから、老化につながる」とか聞いたことがありましたけど、深い理由は知りませんでした。でも、今日解明★

お肉を食べると成長ホルモンの働きが良くなっちゃうらしいんですよ。

だから、老けてるんだ 欧米人!!

なんだか面白いくらいに欧米人のデカさとかそんな事を学んだような気がします。

…と言う事はだ。

日本人でも、肉好きの人は魚好きさんよりも老けているのかな?

あとは、クラスメイトの露国の人と話していた時に知ったんですが、露国では精神科の勉強はしないんだそうです。だから、NCLEXの精神科の分野はちんぷんかんだと嘆いておりました。(そりゃ、勉強してきた日本人の私もちんぷんかんに近い感覚に陥るので無理もないかと)

あと、露国はAUSNZUKのように、看護学校を卒業した時点で国家試験なしで免許がもらえるんだってさ。

まぁ、看護師の免許システムも大体23通りくらいってかんじでしょうか?

1)日本・USA/Canadaなどのように国家試験を受けなくてはならないシステム

(厳密にいえばUSACanadaは国家試験と言えるのかなぁ?州によってシステムが違うからなぁ)

2UK/AUS/NZなどのように、学校卒業とともに免許受理システム

3)その他

国家試験のなかった国の人が、看護師の免許を取得するために国家試験を受ける気分でどんなんだろう?私達日本人は、基本 資格は試験に合格したらもらえるものと思っているので、なんの抵抗もないけれどね。

でも、この露国の方、色々私の事を気にしてくれるので、彼女には是非頑張ってもらいたいです!!(すでに市民権を持ってるから急がなくてもいいという点でちょっと悔しいが…)

| | コメント (7)

2009/02/16

De-bush-o

Happy Valentine! …でしたね(汗)

まったく関係のない行事に付き、バレンタインである事を忘れていました…と言いたいところですが、帰国したクラスメイト達にはしっかりFBでご挨拶をしましたよ。(ええ、父には毎年なにも送ってない親不孝な娘です)

みなさん 楽しきバレンタインを過ごされたでしょうか? 私は、一日家にいました(笑)だって、寒そうだったから…。

Obesity190_240

実は、今日までの3日間 ずーーーーーーーーーーっと家にいました(汗)かなり出不精になり、延々と座っているおかげでデブ症になってきたなぁ(お腹周りが特に)っと実感する今日この頃です。(こうなる日も近いな→)

※写真はNYtimesよりお借りしました。

そして、出不精を解消しようと「今日は図書館で勉強だ!!」と張り切り用意をしていたら…今日はアメリカの祝日である事に気づき、結局で家です。はぁ~。

でも、明日は出かけますよ。看護のコースがあるから(笑)

さて、Reviewの方。
今日は、今日の目標部分まで終わらせることができました。でもって、Maternity部門は、最終章に突入します!! 長かったなぁ~ Obstetric部門。これが終わったらPediatricに入りますが…子供(疾患)はキライなんだよ~!!(理由:成人と違うから)しかも、これがまたお母さんの部よりも長いんじゃないでしょうか??

やる前からめげるな~。小児はなんとか今週中には仕上げたいんですけどね、今後の自分のスケジュール上。

まぁ、やるしかないです。

最近、思いますが。NCLEXの勉強の合間に料理(その日の御飯支度とか、一週間分の下ごしらえとか)をすると息抜きになっているような気がします。というか、息抜きが楽しくなり、ご飯のこと(何を作るか)しか考えていないような時もあります(笑)あとは、最近、勉強の休憩に再びiKnowを始めています。しばらくやってなかったらiKnowも進化していました。SATとかそういう関係の試験用のコーナーもできたり、そして、なんといっても30%くらい忘れてしまったキクタンのコースができていました。これは、復習にもってこいです!!

NYに来てまでiKnowをやるとは思いませんでしたが、やってます(笑)

他の人は、何が息抜きでしょうか?


追伸:私の良きアドバイザーでもあるStepUpさんがUSMLE Step3に見事合格されました!!

素晴らしい…さすがで~す!!(古)

これが、私の励みにもなりプレッシャーにもなる事は言うまでもありません(笑)

嘘ですが。 とにかく、「あの」USMLEをすべてクリアとは、さすがですよねぇ本当。

| | コメント (3)

2009/02/13

World Wideに?

ああ、語学学校に行きたい…。

そんな感じで、バケーション5日目を迎えています。

勉強の合間に、色々する(?)事があり、なんだか落ち着かない毎日ですが、看護のコースを朝の9時から夜の10時まで受けていると脳みそもとろけちゃいそうですな。

さてさて、日本にまだいた頃に私はSaundersの本を購入し、「解体新書」と名付けてセクション毎に切り裂きましたね。まぁ、これは友人であるMarinちゃんの方法でもあったんですけど。

どうやら、私の前期生の人とかも切り裂きジャックもどきのこの方法をやっていたらしいです、クラスメイトのチャイ人曰く。

ひらめきなのか、どこぞで私達(Marinちゃん含め)のBlogを見て参考にしてくださったのかはわかりませんが、参考にして下さった場合は一言欲しいなぁ…なんていう特許を持ってるかのような気分にもなったり(笑)

で、うちのクラスの露国の方が、やはりこの方法をやりたいという事で、先日「どうやってやったの?」と尋ねられ、「なに簡単さ!」と切り裂き方法を教えてあげました。

露にも浸透する模様です、この方法(笑)

でも、本当 重いんだもんね。看護のReview本もQA本も。

QAの方も切り裂きたいくらいですよ…(っていうか、やろうと考え中)

皆さん、気分は重いが 本は軽く、身も軽く(?)勉強の方頑張りましょう!!


この週末でMaternity部門のまとめ 終了させたい気分です。

| | コメント (3)

2009/02/12

The Curious case of Benjamin Button

Bb

家にばかりいるので、今日は、外出おば。

映画を見てきました。

オスカー候補にもなっている

The curious case of Benjamin Button

です。

今月末にはオスカーも控えていますし、語学学校の先生たちも絶賛していたので見に行ってきました。

面白い!!(おかしいのではない)

とっても興味深い、切ない映画でした。

内容は、日本公開がまだなので控えておきますが、時間が約3時間近くの映画ですが、全然飽きません。一人の人間のそれもちょっと普通じゃない人生の話…。普通じゃないのが本当に普通じゃなくて、面白いです。

でも…いつも思うんですが。

ブラッド・ピットって演技巧いですかね?

いつも思いますけど、そんなに上手な感じがしないんですよね。なぜ彼がこの作品に抜擢されたかは謎ですが、メイクアップの技術は凄いですよ。素晴らしいです。

多分、賞取っちゃうんじゃないですかね。

その他には、ディレクターの方もノミネートされていますし、かなりの数のノミネートを受けている作品です。(ちなみに、先日見た「Visitor」は主演男優の方でノミネートがかかっていますね)

この作品、オスカーをどれだけ取れるか楽しみです。

評価は…★★★★★

| | コメント (0)

2009/02/10

半分…て。

語学学校が休みになり始め、2日経ちましたが、なんだかやっぱり学校に行きたいです(笑)

結構、自分の中で息抜きの場になっていたように思います。
Facebook
Statusに「すでに学校が恋しいよ~」と書きこんだら、前担任から「COME ON!」とメッセージをもらいました(笑)

さて、NCLEX Reviewの方ですが。

とりあえず、前回までに終了していた分(Fundamental, GI disorder, Cardiovascular)に加え、Renal と Neurological の方が終了しました。
…と言っても、ざくざくとノートにまとめている割には、巻末のPractice testでは半分くらいしか正解率が上がらないのには泣けますね。

まぁ、まだ初歩の「初」なので、これからReview終了後にどんどん問題を解いて、理解をもっと深めていければいいと思うので、悲しいけど「今はこのレベル」と言う事を認識しながら、勉強を進めていこうかと思っています。

それにしても、昨日の看護の授業。

Psychiatric部門だったからか、全然わからんわ~って感じでした。
いやいや、先生の言ってる事はわかるんですけど、どうもね、もう夜も78時を過ぎて、しかも、朝からぶっ通しだと脳みそも限界を迎えるわけですよ。そんなもんだから、クラスメイトも全員眉間にしわ寄せながら講義を受けてる感じでしたね。まぁ、NCLEXには数問の部門…ですが、薬が…薬が多いのよね、Mentalの方々って。みんなそれにうんざりって感じもありましたね。

もちろん、帰ってきてからは即効BEDGO!ですよ。
もう、なにも考えられない…って疲労感でした(笑)

とりあえず、お次はMaternity と Pediatric の方を進めていきますかね。(量が多いから)

皆さん 頑張りましょう!!

| | コメント (0)

2009/02/09

the Visitor

Visit

The Visitor

借りたDVDの予告編で興味をもったので見てみました。

内容は…妻を亡くし、子供は独立し、ちょっと孤独感の漂う大学教授が学会に出席のため、NYの自分のアパートへ向かったところ、誰かがそこに住んでいる事に気づく。そこには、illegalで滞在している若者カップルが友人の紹介でアパートを借りたと住んでいた。それを機に、教授とその若者の触れ合いが始まり…。

てな感じです。

結構、真面目なドラマで英語もしっかりしている感じでした。舞台も、コネチカットからNYと言う感じで話のほとんどはNYでしたね。「ああ、ここでロケしたんだ~」なんて気分で見ることもできました。

結末は、ちょっと切ないですけど気持は「いい映画だったなぁ」と言う印象で終わりました。

それにしても、legal & illegal…。
市民権もなければ、永住権もない でも、頑張って生きている人はたくさんいます。(特にこのNY)規制も厳しいようで甘いような気もしますが、風当たりが強い時は、本当に強いよなぁ…なんて、ちょっと思ったりして。

とにかく。

評価は…★★★★☆

| | コメント (0)

2009/02/08

Complication 完読

Resizedcomplicationspb

さて、以前言っていたVacationに突入しました。

…とは言っても、まだ週末。

Vacationな感じは全然しませんが、すでに「語学学校に1か月行かなくてもいい」と言う事に寂しさを感じています…ナゼだろう?

それはさておき、読んでいた「Complication」完読いたしました。

薄いだけあって早かったですね。しかも、今は通学時間に約40Subwayに揺られていますので、進むわけです。途中、色々考えることとかがあって、読んでいながら気持は違うところ…って事もありましたが、読み終えました。

解読度はどうかなぁ…。

すべてクリアにわかってはいないと思いますが、お医者さんの決断とジレンマと患者さんの心理とその他色々な状況が重なり、こんなケースもあったんだよ的な内容の本です。(要するに色んな要素が含まれて‘Complication’というTitleになったんだなぁっと解釈)語彙や専門用語がしっかりわかってれば、もっと面白い本だと思います。(NCLEX後に読み返すってのもいいかもしれないですね)
語彙はまたしても、授業で習ったものが結構出てきましたし、クラスの先生が「本を読みなさい。特にHarry Potterを!!」と言った時には嬉しかったですね♪しかも、この本を見せたら、先生も大絶賛!!

「彼はBrilliantよ!! この本私も読んだわ!!」と興奮気味でした(笑)

それにしても、きっといいお医者さんなんだろうなぁ…Dr. Gawandeって。

で、次はどうするか?

とりあえず、「Complication」を買った時に一緒に買ってあった「Better」を読むか…。Better

でも、ちょっと普通の小説が恋しい気もするので、明日あたり本屋物色しますかね。数冊候補に挙げている本があるので、ちょっと検討。

| | コメント (2)

2009/02/01

ALEX RIDER STROMBREAKER

Alex Alex Rider – Stormbreaker -」です。
結構、B級っていえばB級かな。日本にいた頃に、Pod-castで知ったこの映画、やっと見ることができました。

内容は、少年スパイの話(簡単に言うとね)
舞台はこれまた‘えげれす’でございます♪

…そのため、スパイ…といえば絡んでくるのがMI6ですな。というわけで、主人公Alexのおじさん(ユアン・マクレガー)がMI6で働いていたけれども任務中の事故により死亡。その後釜として、少年AlexMI6に雇われるってお話。

…つーかね。このAlexを演じてるAlex Pettyfer君 超――――――――イケ面です(笑)Model上がりらしいですよ。しかも、現Winsor在住なんだってさ!! 見てみて~(笑)
久しぶりに見たね。こんなイケ面。やっぱ、ルックスの良さはヨーロッパ人の横に出る者はいませんな(個人的意見です)。だってさ、ここNYどんなにManhattan歩いてたってよだれが出るようなイケ面に遭わないもんね!! その点、あのロンドンのTubeの駅にいるイケ面の多いこと!! 比じゃないな(笑)

あ。話が逸れました…。

で、英語は比較的聞きやすいブリ英語です。(というか、私の好みのブリ英語でした.多分、cockneyだと思います)話の内容も、ちょっとお笑い入れてる?ってところも多々ありましたが、娯楽として見るには良かったです。ワクワクドキドキ感ってところでね。Alexの演技もGOODでしたし、話によれば、これは少年向け小説の映画からしいので、原作の方はもう4作目くらいまで続いているようです。続きものになるのかなぁ???? だったら、見続けたい気もしますが。時間があったら、小説の方も読んでみようかなと検討中です。

評価は…★★★★☆

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »