« De-bush-o | トップページ | 81st Academy Award »

2009/02/17

だからか!

今日は、看護の講義の日でしたが…。

いや~、3日間 授業らしい英語を聞いていないとなんだか先生の言ってる事が、☆?□◎な感じで、参りました(汗)しかも、完全に集中できていないっていう私の問題もありでね。

さて、今日からMaternity部門に突入したんですが、先生の資料で

「妊娠期の平均体重増加は14~16kg」と書かれているのを見て、思わず質問しちゃいましたよ、間違いかと思ってね。

だってさ、日本の倍ジャン!!
昔は日本も10Kg 位を目安に…なんて言ってたのが、今は相当厳しくなりMAXKgですからね。体重が8Kgに届きそうものなら、直ぐに減食・減カロリーとか言われちゃう昨今ですよ。

だから、デカいんだ…欧米人(笑)

しかも、話の中でホルモンの話になりましたが。

よく「お肉は酸化作用があるから、老化につながる」とか聞いたことがありましたけど、深い理由は知りませんでした。でも、今日解明★

お肉を食べると成長ホルモンの働きが良くなっちゃうらしいんですよ。

だから、老けてるんだ 欧米人!!

なんだか面白いくらいに欧米人のデカさとかそんな事を学んだような気がします。

…と言う事はだ。

日本人でも、肉好きの人は魚好きさんよりも老けているのかな?

あとは、クラスメイトの露国の人と話していた時に知ったんですが、露国では精神科の勉強はしないんだそうです。だから、NCLEXの精神科の分野はちんぷんかんだと嘆いておりました。(そりゃ、勉強してきた日本人の私もちんぷんかんに近い感覚に陥るので無理もないかと)

あと、露国はAUSNZUKのように、看護学校を卒業した時点で国家試験なしで免許がもらえるんだってさ。

まぁ、看護師の免許システムも大体23通りくらいってかんじでしょうか?

1)日本・USA/Canadaなどのように国家試験を受けなくてはならないシステム

(厳密にいえばUSACanadaは国家試験と言えるのかなぁ?州によってシステムが違うからなぁ)

2UK/AUS/NZなどのように、学校卒業とともに免許受理システム

3)その他

国家試験のなかった国の人が、看護師の免許を取得するために国家試験を受ける気分でどんなんだろう?私達日本人は、基本 資格は試験に合格したらもらえるものと思っているので、なんの抵抗もないけれどね。

でも、この露国の方、色々私の事を気にしてくれるので、彼女には是非頑張ってもらいたいです!!(すでに市民権を持ってるから急がなくてもいいという点でちょっと悔しいが…)

|

« De-bush-o | トップページ | 81st Academy Award »

コメント

免許のシステムって、ほんと国それぞれだね。
外国で合法的に住める・働ける権利を持ってるってだけで幸せだよ、露国の方。
・・・なんか、この言い方、“お万の方”とか日本史っぽいねbleah

投稿: marin | 2009/02/18 10:10

私はこの国の鳩の大きさも尋常じゃないと思ってます(^-^;
NCLEXではアンチエイジングに欠かせないのはプロテインの多い食事ってありました。
アメリカ人、単なるカロリーオーバーじゃないでしょうか?

投稿: マル | 2009/02/18 12:42

私は実は16kg以上増えてしまったのですがweep
「まあーこのくらいならまだ大丈夫よー」と特にお咎めなしでした。
産後元の体重になかなか戻らないんだよね・・・体重管理は厳しい方がいいです絶対!

投稿: みんみん | 2009/02/18 23:17

かわいい甥っ子の服をイギリスで買っている時に気がついたこと。こちらの赤ちゃんって、日本の赤ちゃんに比べると、異常に小さい・・・これは妊娠中毒症が多いのだとずっと思っています。こんなにひどい体重増加だったら当然かも。日本では○キロ以上になると、そこではお産を受け付けてもらえないという話も聞いたことがあります。今のご時世、増加10キロ以内でも、お産受け付けてもらえるところって、探すのが難しいようですけれど。。。

勉強がんばってくださいね。

投稿: Aya | 2009/02/19 08:09

■Marinちゃん
露国の方ね、この前 嬉しそうに解体したSaundersを持ってきて私に見せてくれたよ(笑)
大して、満足していました(笑)

■マルさん
確かに、彼らはカロリーはオーバーし過ぎですね。
なんて言ったって、カロリー表示が義務付けされた最近のNYのデリとかに行くと、カロリーの高さにビツクリしますって。「私、なんにも食べれないじゃないかーー!!」っと叫びたくなりますもん。

ちなみに、NYの鳩。そんなに大きくないような気もします。

■みんみんさん
経産婦の貴重なお意見ありがとうございました(笑)
16Kgだと日本じゃビックリされちゃいますね。
産後も体重を落とすのが難しいとみんな言っています。
あとは授乳ダイエットが一番いいとかも聞きます(笑)

私には、たぶん 無縁の話ですcoldsweats01

■Ayaさん
日本はなぜにそんなに厳しいのでしょうかね?
でも、妊娠中毒症は絶対的に多そうですね。
小さく産んで大きく育てるっていうのが、昔からの上手な出産方法?なんていいますが、お母さんも大きく育つのがこちら流?(笑)

投稿: 姉さん | 2009/02/21 14:26

PCに向かって「へぇ~っ!」と言っているのは私だけじゃないはずですね(笑)
・・・気を付けなきゃ(苦笑)
あ、まだ赤子はできてませんが、先日ビザが降りまして、私の出産はほぼNZでという事に決まりました!
免許のシステムですが、これは本当にまちまちですね。
鍼灸師もそうです!
日本では国家資格ですが(明日国試です!ナースと一緒ですね!)、国によっては学校出てれば良しというところもあります。
そもそも資格の扱い方自体も違うんですが。
そういやPTは欧米ではドクターと同等なんだとか?

投稿: alexis | 2009/02/21 22:43

■Alexisさん
VISA取得おめでとうございます。
いよいよですねぇ。
NZかぁ…行ってみたいなぁ。
なんでもNZは出産するごとに政府からお金がもらえるって聞いたことがあります(私の日本にいた時の英語の先生から)。NZ生活でのBlog更新もお待ちしていますよ。

投稿: 姉さん | 2009/02/25 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« De-bush-o | トップページ | 81st Academy Award »