« 記憶の不思議 | トップページ | あげあげ »

2009/03/22

The Reader

Thereader

ケイト・ウィンスレットが主演女優賞を獲得した

The Reader

見てきました。

担任の先生も絶賛!!(先生は2回見た上に、本まで読んだそう)アカデミーノミネートも頷ける作品でした。

時代は50年代のドイツ。

背景には、ナチスドイツの重いストーリーが隠されている中で、少年と年上の女性との長きに渡る関係を深く描いた作品でした。日本公開は、これからの模様なので、あまり書きませんが、深い…深いです。

タイトル「The Reader」…なぜこの話で「Reader」なのかと言う事は、映画終盤になってくると自然とわかるでしょう。

一言で言い表すと、「大人の映画」と言う印象です。

言ってしまえば、分類的に「The Notebook」などと同様に扱えるかな?とも思いますが、それとはちょっと比較できないような、一緒にできないような内容ですね。

重く、深い話です。でも、涙涙…でした(個人的に)

(他の女性観客も泣いていた模様、鼻をすするのが聞こえてきましたから)




先生同様、私も小説TRYすると思います。(先生は一日で読破したっていうから凄い)

すでに、帰りに買ってこようかと思ったくらいですから。

映画の英語は難しい方ではありません。内容と造りがずっしりしているので、ベラベラと捲し立てる様なシーンもありませんけれど、裁判シーンだけはちょっと難しかったかなっと思います。

きっちりした内容の映画を見たい人にお勧めです。

…ただ、邦題の「愛を読む人/朗読者」っていうタイトルはかなりミスマッチだと思いますし、なぜそれになったか、あまりにも安直過ぎるタイトルで悲しくなりますね。

全然話は変わりますが。

この私の担任の先生、実は年齢・干支・星座・血液型 すべて一緒なのですよ。(なのに、見かけは全然異なり、彼女はペネロペ・クルスに似ています)しかも、好みがよく似ていて(Harry好き、本好き、映画好き、イギリス好き…ちなみに、彼女はターキッシュだけどドイツに住んでいました)、私の英語がもっと堪能だったらもっともっと分かり合えるのに~ぃ!!っと思いますね。やはり、ここまで生まれもったものが一緒だと趣味が似るんですかね?今まで、いたかな?そんな人。

評価…★★★★★

|

« 記憶の不思議 | トップページ | あげあげ »

コメント

えっっっっっっ!
ペネロペクルスに似てる!!!  そんな人に会ってみたいな。でも、待てよ。そんな人が先生だったら、勉強どころじゃないですね。

The Reader、見てみます。

少年と年上の女性なんて、チョットあこがれますが、これが長く続きすぎると中年男性が高齢者女性の介護をしなくてはならなくなるので.....。 失礼、余計なことでした。 :-)

投稿: surgeon24hrs | 2009/03/25 06:30

■Surgeon24hrsさん
やっぱ、ペネロペ…って聞くと見てみたいでしょ?(笑)ええ、似てますよ。美人さんです。
でも、本人はペネロペに似てると言うとあまりいい顔をしません。なせかしら?

Reader…介護問題を取り上げてはいけません(笑)美しいストーリーのまま留めておいてください(笑)

投稿: 姉さん | 2009/03/29 08:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 記憶の不思議 | トップページ | あげあげ »