« これはどうなのか? | トップページ | とうとう出ましたか!! »

2009/05/13

相当厳しいらしいですよ

今日、またまた元クラスメイトで既にNCLEX合格者だけども、まだ英語試験のスコアが足りなく、語学学校に通っている(NCLEXのコースは私と違う学校で受けていた)子とお話をしました。

彼女とは、たまに情報交換をするんですけども。

先週の金曜、NYではJob fairがありました。
もちろん、このJob fair私たちのような、予備RNも参加できるわけで、私は行かなかったんですけど、彼女が言って来たのと言うので、少々お話を伺ったところ…。

※現在、どの病院もVISAサポートはできませんと言われた。
※ボランティアについても、尋ねてみたがボランティア経験が一年はないと雇えない

との事らしいです。

これは、結構厳しい返答ですな。
もちろん、VISAプログラムが閉鎖されているのを承知で彼女はアタックしたわけですが、就職のきっかけをつかめるボランティアでさえ、あまりいい感触を得られないというのは、深刻な話です。

ますます、やる気減↓。

彼女のNCLEX同級生達も、VISAが待ちきれずほとんど帰国しているという話で、彼女の卒業した学校の先輩達(数ヶ月間だけ開いたVISA窓口に間に合わなかった人たち)もほぼ、帰国しているということらしいです。

それは、妥当な考えだと思います。

そこで、彼女も帰国を決意したと、本日聞かされました。
これはビックリ。
なぜなら、私のように金銭面でい残ることが難しい者が帰国を考えるならまだしも、彼女はまだ金銭面的にも余裕があり、頑張れば残れるんじゃないかと思っていたので、本当に驚きでした。

まぁ、決断はその人の物なので私は何もいいませんし、彼女の気持ちもわかりますので「そうっか~」としか返しませんでしたが。

このBlogを、もしこれからアメリカに来よう(NCLEX直接受験で挑戦しよう)と思って読んでくれている人がいるならば、私は言いたいですね。

「今は、辞めた方がいいですよ」 と。

たしかに、いつ何時VISAの門が開くかわかりません。しかし、前回開いてから相当な時間を費やしていますし、現在は、ご存じの通り経済面的にどの国も自国の人でさえ働くのが難しい時期になっています。ですから、もし、「どうしてもアメリカで看護師をしたいんだ」という熱い思いのある方は、正規大学入学をするか、コミカレなどの入学に切り替えるか、もしくは、日本で働きながら十分すぎるくらいのお金をためつつ、英語をCGFNSの既定までしっかりあげて、NCLEXも十分独学できますので、独学でグングン勉強を進めてから来る方が正しい選択だと思います。

本日、またアメリカ人さんに、あの手この手を推薦されましたが、如何せん、私のVISAは学生VISA。しかも、大学などを出ていないのでOPTに変えることもできず、学生VISAから労働VISAに変えるのはかなりの技(サポートしてくれる強いエージェントがいる=それなりに金もかかる)が必要となるので、相当難しい問題となるでしょう…。

まぁ、でも彼もせっかく考えてくれているので「そうだね」「そうだね」と聞いておきましたけど。

穴があったら入りたい…と言うのは、なにか恥ずかしい事をした時の言葉ですが、違う意味で穴蔵にこもりたい…そんな気分です。

|

« これはどうなのか? | トップページ | とうとう出ましたか!! »

コメント

1年半まえのjob fairと変わりませんね…。当時、かなりショック!を受けた自分を思い出します。USA生き残りが難しく&しんどくなってきた今日この頃の私も…別の意味で穴に入りたいです(ノ∀`)
私はこの夏が勝負でしょうか…

投稿: ふじパン | 2009/05/14 22:54

■ふじパンマン
いやいや、本当 この状況は受け入れしませんっと言ってるようなものなので、厳しいですな。
でも、ふじパンは既にライセンスは持ってるわけだから、なんとか食いついてほしいと思ってますが…、これは私の意見なので気になさらずに。

二人でブルックリンのどこかに穴でも掘る?(笑)

投稿: 姉さん | 2009/05/15 10:31

お久しぶりです。
2週間前に日本から帰ってきました。
久しぶりに楽しかったです。姉さんに会えないのが残念ですが。。。。

USライセンスを持っていて、1年間ビザサポートで働いていた方で、やはりビザ問題で日本に帰国し、これからAUSを目指しますって人に会いました。
かなり厳しいらしいですね。
同じ病棟の子もNCLEX合格してるけど未だにビザ待ちですよ。大変だよね!

投稿: misia | 2009/05/15 20:20

サンフラン近郊でも、アメリカ人のRNですら、雇ってくれるところがないって。特にサブプライム以降は、患者減るし給料減るし・・・で、RNを取り巻く状況も悪化してきてるみたいだし、なんか歯がゆいっ。

投稿: marin | 2009/05/16 21:20

■misiaさん
日本を楽しんでこられたようで。
説明会の収穫もあったでしょうか?

現在、本当にUS事情はUKと同じくらい受け入れなしに近い状態になってしまいましたね。でも、UKと違うのは、政府がいつGCの枠を開くかどうかが気まぐれなところと言った感じです。だから、試験にPASSしている人もなかなかあきらめきれずに待ち続けたりしているわけですが、私は待てないので多分帰る事になるだろうと思います。

まぁ、これが最後と言うわけでもないのでね。またお金を頑張って貯めて、違う道でチャレンジするか、AUS、NZに飛ぶか…ですね。
その時は、お世話になるかも?(笑)

■marinちゃん
いやはや、本当に厳しい状況です。
世界的にどの国も苦しいのはわかるけど、自分の財布も苦しいのでなんともかんともですな。
ま、なんとかします!!

投稿: 姉さん | 2009/05/18 13:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« これはどうなのか? | トップページ | とうとう出ましたか!! »