« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/21

満腹

NY生活も残り6日間となりました。

ある程度の諸手続きは済ませましたし、部屋もほとんど整理ができました。
あとは、親が来るのと、親の持ってくるスーツケースを待ち、最後の荷造りと一緒に観光…という流れになります。
(一応、最後の大仕事として通訳をしなくてはならない日があるので、ちょっと気が抜けません)

あ、でも、最後に明日お仕事をしなくてはならないんですけどね。

そんな感じで、今日は、うちのルーミーちゃんが晩御飯を送別会としてごちそうしたい!!とオファーしてくれましたので、女二人で隠れ家的、穴場的な超素敵なイタリアンレストランへ行ってきました。

現在のルーミーとは、本当面白い縁でして。
まずは、外せないのがLast nameが一緒。私の苗字はそんなにある方じゃないので、物凄い寄寓。しかも、海を隔てたこのNYで同じ名字の人と暮らす事になるなんてね。さらに、First nameも他人が聞いたら絶対に「姉妹」と間違えてもおかしくないくらいの名前。
でもって、彼女の故郷に私も住んでいたことがあったことで、かなりローカル話ができるところ。などなど、本当にビックリする出会いでありました。
生活といえば、まるで姉妹のように一緒に買い物に行ったり、映画見に行ったり、作ったご飯分けあったり…と。
一緒に過ごしたのは、ほんの4~5カ月でしたが、楽しい生活でした。

そして、連れて行ってくれたお店は本当に、超オシャレなお店で、サーバーの人たちも凄くいい感じだし、料理も最高!!

二人でシェアして食べたのは、季節の野菜サラダ、スタッフドアンティチョーク、イカ墨のパスタ、鱈のクリーム添え…で、デザートに生チョコ。でした。
本当にいいお店に行けて、しかも、本当におごってくれちゃって…ありがたい夜でした。

ありがたいついでに、帰りに二人で最寄りのDeliに寄った時に、ここのおじさんが絶対に私のこと好きなんですけど(いや、マジで)、もらいものと思われるクリスピークリームドーナツを持ってけっと、ドーナツもいただいちゃいました(笑)


ああ、ありがたい夜。
幸福感 増!!

そして、「ありがた」ついでに、ここ数週間 仕事もなし、学校もなし、で全然動いていないと冷蔵庫整理で食べつくしてばかりで、体重も増…(-へ-;)

体がアメリカンになって帰る可能性大になってしまいました。
日本での鋭気を養ってる…と言えば聞こえがいいですが、マジで食を考えないとな。


とりあえず、そんなルーミーちゃんと、次回入居してくる私の元ルーミーさんには、荷物の事とか銀行口座のKeepとか色々お願いをしていくので、二人に「コシヒカリ」2Kgづつ置き土産していきます。

そんなところが日本人社会で生きてきたって感じですよね。


さて、明日はヤマトさんが荷物を取りに来てくれて、夜は仕事をしてきます。


帰る気が全然しない、帰国6日前です。

| | コメント (1)

2009/10/19

ワンマンショー

Newyorksubwayftrain ※写真はWikiより拝借

NYのSubwayと言えば、想像するのが「汚い・臭い」のこの2つに限りますが(笑)、最近はNew Type(日本製)も増えつつあり、かなり快適です。

でも、汚くて臭い時もある古いタイプのSubwayに乗る醐醍味と言えば、オペレーターの放つアナウンスであります。
New typeは行き先も電光掲示板を使用していて、日本のしいて言うならば最新型の東急線のような感じですが、アナウンスも聞き取りやすいように録音されたものが流れてきます。

しかし、古いタイプのSubwayでは、そのTrainのオペレーターがアナウンスをするので、そのオペレーターの特徴というか、エンターティナーぶりが発揮される場でもあります。

今まで、私が乗ったTrainで面白かったものと言えば、

①Obama新大統領の就任式の後日のアナウンスに、就任演説の一部を取り入れて…「乗客の皆さんも(車内では)Corporateしてくださいね」といったアナウンス。(乗客みんなクスクスものでした)

②ニューイヤーの翌日の電車で…「Happy New Year!!」と駅に停まるたび(=乗客が乗るたび)にいう人。

③駅から駅の間、ハッキリ聴きとれはしなかったけど、延々としゃべってる人。

などです。
あとは、友人から聞いた話によると、「次の駅は○×○。」といった後に、「ここの駅の近くの○○というカフェの□□は絶品です」とか観光案内しくれてる人もいるそう。
(ちなみに、あくまで想像ですが、1~3と友人からのネタのオペレーターは同じ人だと思います 笑)

…で、前置きがかなり長くなってしまいましたが。
今日の乗ったSubway。 このオペレーターのおじさんも相当ワンマンショーだった。

NYのSubwayの決まり文句と言えば

     「STAND CLEAR THE CLOSING DOOR, PLEASE」

ですが。

これを…

「スタ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ンド クリア ザ クロージング ドア、 プリーーーーーーズ」


と、「STAND」にかなり力が入っていました。(笑)
もう、可笑しくて可笑しくて…。(でも、他に笑ってる人はいなかったけど)
一度だけかと思いきや、停まる駅で全部その調子で、なんとも夜なのにテンションの高いオペレーターのおじさんでしたね。

ちなみに、他に違いを見出すと面白いのが、「This train will be…」とアナウンスする人もいれば、「My train will be…」とオペレーターがTrainのすべてを任されているとはいえ、「My train」と言い放ってしまう人もいるところ。

そして、いくら「Stand clear…」を呼びかけても、言うことのきかない人もいるわけで、そういう時はオペレーターの性格も出るってもんで…。
かなり楽しませてもらっています。(笑)

そういうことで、NYSubway(古いタイプ)に乗る時は、アナウンスに注目です!!

すた~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~んど くりあ ざ くろーじんぐ どあ

ぷり~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ず

| | コメント (1)

2009/10/14

大都市って便利ね

NYは言わずと知れた「大都市 メトロポリタン」でございます。

生活するにも、日本食も割高だけど簡単に手に入りますし、他の都市よりも日本人コミュニティも大きめだと思います。
もちろん、レストランも然りで、私もその一部にお世話になっていましたからね。

さて、今回。
帰国ということで、来年戻ってくるので日本には持ち帰らなくていいようなもの、でも、来年来た時に使いたいものは今のアパートにおいて行くことにしました。(後継人がまだまだNY滞在のため)

…で、NCLEXにIELTSにTOEFLといった教材は、とりあえずいつ何時 勉強するかわかりませんので、発送しなくてはなりません。

幸い、洋服は私の帰国に合わせて、両親が空のスーツケースを2つ持参してくれるので、送る必要はなし。(ラッキーだわ~)

来る時の必要荷物の発送は、もちろん お安いESMでしたが、こちらから日本に送る場合…USポスタルやUPS、Fedxだと、ちょっと不安。しかも、送るものは本ばかり…となると、日本のように集荷に来てくれて、面倒くさくないのがいいなぁ。てなことで、ヤマト急便NY支店さんにお願いすることにしました。

…というか。馴染みのヤマトさんがNYにあって嬉しい限り!!

もちろん、電話対応も良し、Invoiceなどの手配も電話後すぐE-mailで送られてきました!!
素晴らしいですね★

そして、これまた携帯電話。
日本にいたころはドコモUserだったので、日本で使っていた機種をそのまま持ってきていましたが、NYにドコモが進出し、帰国前に電話番号が入手することができるようになりました。
もちろん、留学生など長期滞在者用にUSAの電話会社との提携もし、こちらの携帯も面倒くさくなく手に入れる事が出来るようです(詳細はWebで確認してください)。

以前から国際電話のKDDIさんはUSAに進出済みで、留学生にもやさしい対応でUSA携帯の入手ができていました。(もちろん、このサービス。日本帰国後はKDDI=Auに契約することができるという利点あり)

…で、先日、一週間前にその申し込みをしてみました。

今日、NYに居ながら日本の携帯番号を入手できました。

便利な世の中ねぇ…。

あとは、成田に着いたら成田のドコモカウンターで手続きだけすればOK。
もうすでに、携帯のPlanやら細かい事は契約済みなので、成田でFoma cardを入れてもらうだけで、使用できます。

いやはや、大都市だからこそできることですね。

英語を本当に伸ばしたくて、日本語を全く使わずに生活するには、NYやCAなど大きな州を避けた方が、いいような気もしますが、何かあった時や日本への手続きなどの対応は、大都市にはかなわないと思います。

あとは、成田に着いたその足で、就職面接に向かいます。(ハードぉ~)

| | コメント (2)

2009/10/13

旅の途中

Cimg0842 え~っと…。

BlogのUpが久しぶり過ぎて、何から書けばいいのかわかりませんが。

とりあえずは…少数の読者のみなさん、ご心配おかけしました。現在、(というか実は数週間前から)元気にしております。



今回の深海並みの凹みには、色んないろ~んな要因がありましたが、最大の原因となっていたものは、問題クリアとなり、でも、それに絡んでいた諸々の問題はまだクリアではありません。(抽象的でスイマセン)

未だCGFNSの審査も終わらないような状態ではあります。
よって、色々と考え、あの道この道と思案を巡らせてみましたが、自分の出した答えとしては、「来年 再留学をしに、ここNYに戻ってくる」という結果に達しました。
先に書いたように、CGFNSの審査が滞っていますが、とりあえず今回の留学の目標はUSAライセンスであるNCLEXをクリアするという(もちろん働くというのも含まれていますが)事でしたが、そのFirst stepでもクリアしないまま、今回の留学を一旦終えるということになってしまったことに、『旅に出たばかりでもう引き返すの?』という疑問を持ち始め、とりあえずは、NCLEXをPassしてから色々考えても人生遅くはないのかな?っという風に思いました。

人生80年…いや、もう既に90年の時代がやってきます。
まだその半分しか生きてないくせに、しかも、人生一度しかないのに、ちょっとぶち当たったことのない壁に遭遇しただけで、引き返すのは後悔の元となるような気がします。

挑戦できる内が「華」であります。
その環境も、十分に作り出すことのできる気力と体力と環境を自分は持ち備えているので、来年、またこの遠い東の街に来て、まずはしっかりNCLEXをPASSするということを目標に帰ってこようと思います。

とりあえず、私の人生はまだ旅の途中であります。
目的地には程遠いかもしれませんが、とりあえず、今回は、旅に出た途端 忘れ物に気付いた、もしくは足りないものの補給に戻る…という事で、1年後にまた再出発をしようと思います。



そんな感じです。

帰国まで、あと2週間。

| | コメント (7)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »