« そりゃ一致しないでしょ | トップページ | とうとう出した »

2010/01/24

I GOT A CERTIFICATION

まだ1月ですねぇ。
本当、日本で流れる時間が遅くて遅くて…まだ帰国して約3カ月しか経っていません。

さて、昨年は帰国後にCGFNSから申請許可が下りたという事で、私のNCLEXへの道に区切りがつきました。

そして、今年はうまく行けばまさに受験YEARとなるはずの年で、CGFNSの認可を元にNY州Education departmentへのApplyへと進むわけですが。

アメリカは、州により色んな規制がありまして、私が申請を出すNY州は看護師資格を取得するに当たり、Child AbuseとInfection cotorolのコースを受講し、Certificationを得る必要があります。これは、NCLEX合格後でも合格前でもどちらでも構わないようですが、免許申請に当たり、これらのコースは受験前に受けておくと事がスムーズに済むらしい…ということで。

昨夜、やっとすったもんだの甲斐あって(クレジットカードが認証されないとかね)、New York State mandaded course 「Child Abuse」のCertificationをGETする事ができました。

Infection cotrolに関しては、NY州で行われるJob fairなどで無料受講することができますが、なにせNYにいるころは、全然それどころじゃなかったので受講せず。Child Abuseに関しては、On-lineコースがありますので、それと合わせて申し込みをし、昨夜55枚にわたるコースレビューと格闘しながら、なんとか1問間違いの96%正解率(とはいっても、Onlineでレビューをみながら回答できるので大したことはない)でPassする事が出来ました。

ああ、一安心。

Infection controlももちろん、これから格闘し、Certificateを取得する予定ですが、とりあえずChild Abuseに関しては、Application and Registration formに「Certificateを取得したよ」と記入するところが設けられているので、先に取得した方がいいと思います。(もし、これからNYへ申請をされる人がいるならば)

あとは、Application formにNotaryをもらいに行き、NYの友人から送ってもらった私のアメリカ銀行口座の小切手(Registration feeは$143です)と、必要であるかもしれないドキュメント(看護学校卒業証明(英・日)、CGFNSからのレターのコピー、日本の看護師免許(英文))などを同封し、発送するだけです。
※Onlineで必要コースを受講した場合は、Certificateの証明はそのままプロバイダーからNY州に直送されるため、コピーを同封する必要はありません。

なんとか半日休みも今週の金曜に取る事が出来たので、そこで用事を済ませたいと思います。

かなり遅いエンジンがかかってきた感じです。

12年に一度の幸運期を今年迎えているようなので、エンジンのかかりが遅くても、今年こそはスムーズに物事が進んで行ってくれたらなぁっと思う今日この頃です。(一番心配なのは、F-1VISAがスムーズに取れるか?ってところですけどね…2度目で、しかも、1年しか空いてないし、しかもまた語学学校にApplyだからね)

ま、先の事をあ~だ こ~だと考えていてもしょうがあるまい。
とりあえず、NCLEX受験に向けておさらいおさらい。

※コメントのお返事かけていなくてごめんなさい。
折を見て、返信します。

|

« そりゃ一致しないでしょ | トップページ | とうとう出した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そりゃ一致しないでしょ | トップページ | とうとう出した »