« THE MISSION: FREE OF CHARGE | トップページ | THE MISSION: FREE OF CHARGE その① »

2010/03/26

いよいよ国際化

数年前に、看護師不足を補う一つの手段として、日本も諸外国(まずはフィリピンやインドネシア)から看護師を受け入れるという政策を打ち出していました。

その後は、どうなったのか。
どのくらいの人たちが来ているのかさえ知らずにいましたが、先ほどのニュースで初の国家試験合格者が出たと報道がありました。

インドネシア人の男性と、フィリピン人の女性。
日本語も、もちろんインタビューに答えられるほどそこそこ流暢。
これを見ると、なんだか恥ずかしいな。
私なんかは、アメリカでできたら働こうとしている身だけど、彼らの日本語に比べたらそこまで英語で話せているか…????っていう不安がある。
実際、アメリカなどの英語圏で看護師として働いている人たちが、どのくらい、どんな英語を話しているのかは聞いた事がないからわからないけど、やっぱり、言語をしっかり習得するって事は大切だなって思う。

私の考えとは違うけど、アメリカでの看護留学の例をあげれば、良く聞くのが「IELTSやTOEFLは自分の夢(RNとなりGCをGETする事)をかなえるまでの一つの通り道から…云々。」
もちろん、そうかもしれませんが、ハッキリ言って、「その考え間違ってますよ。」と言いたいな。

TOEFLなりIELTSなりはそれなりに国から求められるスコアが高いのは当たり前で、それでも現場では足りないくらいなんじゃないかなって私は思ってるし、もちろん、なんとかなっちゃうっていうのもあるとは思いますが、日本人の多数は、諸外国でRNだけでにとどまらず、NPだったりCRNだったりになりたくて行く人も多いはずなんだから、やっぱりきちんとした英語を話せるようになるのは必須かなと個人的には思います。

私もしっかり英語…鍛えなおさなくちゃなぁっと思わせられた。

閑話休題。

彼らの基本は、日本で働けば給料がよく、家族に十分仕送りができるという点もあるとは思いますが、これからどんな風に日本の看護界で活躍してくれるのかな?っとちょっと興味があります。

条件は、「来日3年以内に看護師国家試験に合格する事。」というものだもの。

だって、日本語は本当難しいし、漢字に平仮名、カナカナも使われ、言い回しも様々で、しかも、看護とか医療用語となると相当難しく感じると思う。(なにせこの私でさえ、難しい文献を読めばちんぷんかんぷんな日本語に遭遇すること多々ありだから)

それを考えると、素晴らしい事だよね。
良く勉強したと思う。

それにしても、諸外国に看護留学という形で、日本人看護師も流出していますが、日本の制度は厳しいですねぇ。
まぁ、でも3年頑張って、合格すれば働ける事が約束されているのだから、現在のアメリカなどに比べたらまだいい方かな。(皮肉?笑)

…で、ふと考えたけど。
アメリカ、イギリス、オーストラリアなど初の日本人としてそこで働いた人って誰なんだろう?っと。

なににしても、イノベーターとか第一人者ってなにもかも初めてで、手探りで進めなくてはならないから、その努力って想像を絶するものなのかなって思う。
それに比べたら、諸外国で看護師になる事が、ビジネスとなるまで発展した今、情報もたくんである意味私は幸せなのかなと思う。

さぁ、第一号合格者の外国人看護師の皆さん。
どうか、日本で頑張ってあなたたちの素晴らしい看護を日本人に見せてあげてくださいね。
期待しています!!

|

« THE MISSION: FREE OF CHARGE | トップページ | THE MISSION: FREE OF CHARGE その① »

コメント

ニュース見ました。合格率1%でしたけど、日本へ行って1年弱で国家試験合格ってものすごい努力だったんだろうなって思います。医療用語の漢字はちょっと特殊ですしね。。。英語のテストの点数をパスしたらokではないんですよね。なので、最近は小手先で点数を上げたところで後で泣くのは自分だと思って今後の計画を練っているところです。姉さんも色々検討中のようですね。。お互いがんばりましょうね。

投稿: tohco | 2010/03/28 02:23

こんにちは。
日本で初の外国人看護師誕生ですね。この方達には是非がんばってほしいです。と思いつつ正直彼らが羨ましいです。
私はアメリカでRNとなりこちらで働いています。出来れば日本の看護師資格も取りたいと考えていますが私はコミカレのナーシングを出たので日本での受験資格が下りないらしいのです。単位数が足りないとかで。
外国人である彼女らに受験資格が下りて母国語を話す私には下りないのはちょっと複雑です。彼女達は大卒だから・・・私は現場で大卒のRN達と同様に働いているのに(スタッフナースは学歴全然関係ないし)資格すら下りないなんてとても残念です。日本の看護師さんからしてみれば例え日本語話してもコミカレ卒のRNでは日本の看護師さんと同等の力量とは見なされないんでしょうか。
・・・すみません。愚痴になってしまいました。姉さんとは反対のケースもあるということで。
そのうちにバチェラーをとりに大学に戻るしかなさそうです。姉さんのその行動力にいつも感心させられています。姉さんを見習って私もがんばります。長文乱文失礼致しました。


投稿: みんみん | 2010/03/28 16:31

■tohcoちゃん
本当、彼らは凄い努力をしたんだろうなって思います。
私たちも頑張らなくては!!ですね。
お互い、色々模索中の身ですが何を選んでも間違っているという事はないので、その時の状況に合わせてできるだけ最良の方法を選んで頑張りましょう。

■みんみんさん
そうなんですか…。
日本人でありながら、日本の看護系学校(大学)を出ていないと受験資格がないというはちょっと変な話ですよね。NCLEXと日本の国試を比べればハッキリ言ってNCLEXの方が求められている事は上だと思いますし、せめて受験だけでもさせてくれればいいのに…と私も思います。私の学士の件は、まだ決められずにいますが、長い目で見て最良である方向性を決めていこうと思っています。
お互い頑張りしょう!!

投稿: 姉さん | 2010/03/29 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« THE MISSION: FREE OF CHARGE | トップページ | THE MISSION: FREE OF CHARGE その① »