« 出しちゃいました | トップページ | とりあえず、一安心 »

2010/04/22

ひさしぶりのNYは…

3泊5日というちょっぴり強行軍な感じで、先日NYへ舞い戻ってまりました。

今回の目的は、おじさんの誕生日を祝うため。
本当に、目的は「それだけ」だったので、まぁ、Cityにも行かず(行ったといえば行ったけど)、おじさんの住居エリアのみの行動となりました。

心配していた入国審査(F-1が未だに有効なため)も、
審査官「前は学生だったんかい?」
私「はい。でも、英語力が落ちて来ちゃってねぇ…」
審「それは困るじゃないか!! 良くなってもらわなくちゃな がはははは」
私「あはははははは(汗)」
審「でも、わかるよ。国に帰ると英語使わないもんな」
私「そうなの!!」
審「ま、楽しんでこいや」
私「ありがと。Have a good day」

…で、スムーズにNYインとなりました。(笑)

ひさしぶりにAir trainに乗り、Subwayに乗り…なんだか帰って来たよ~っと言いたかったけど、これは3日間だけの限定渡米なので、なんだか不思議な気分。
1年3カ月といえども、すっかりNYに定住していたんだなっとちょっと実感。

で、おじさんと再会。
なんだか変な気分だったなぁ。(笑)
海外に行く時は、いつも化粧をしないのでそのままでいたら、「You look exhausted!!」って言われちゃって…おじさん家で仮眠を取り、ホテルへチェックイン。

映画とディナーに行ったけど、映画ではまんまと半分爆睡して過ごしてしまいました。

2日目、3日目と両日ともにおじさんのお母さんと3人で行動。
いやぁ、世界広いといえども、親子のやり取りってどこも一緒ね。って感じでした。

で、今回 K-1VISAについてお願いするというか、話し合ってみようと決めていたんですが、おじさんがどれだけ日常生活が忙しいか(お母さんの世話+家の管理+仕事など)がNYで楽しく過ごしていた時には見えなかったところがたくさん見えたり、聞けたりして、その話はせずに帰ってきました。

K-1をサポートしてもらえれば、それに越したことはなかったけど、渡米前になって、どことなく『自分の道は自力で開きたい』って気持ちもあったし、K-1を申請すれば色んな制約も付いてくるし、まだF-1も取れるので別にK-1にこだわる必要もなく、しかも、きちんとEngageしたわけでもないので、それも厚かましいだろうっと言う事で、今年の渡米もF-1で申請します。

2度目のF-1申請で、その上大学進学とかじゃなく再度語学学校にApplyとなれば、難色を示されることになる可能性もありますが、まぁ、大丈夫でしょう。

で、おじさんに誕生日としてWeb cameraを買って取りつけ、Skypeをインストールしてあげる予定でしたが、なかなかその暇もないまま、(っていうか、プレゼントあげなかった!!笑)帰ってきちゃいましたが、13時間のフライトと10万円の航空代をかけてきてくれたという事がおじさんにとっては何よりのプレゼントだったようです。
(誕生日なのに、きっちりホテル代はもらっちゃいましたけど)

今後は、どうなるかわかりませんが、まぁ、うまくお付き合いが継続されてれば良き方向に向かうんじゃないかなぁっという軽い気持ちでいます。

とりあえずは、おじさんのお母さんと会えて、話せて、ちょっとおじさんの育った家庭と私の知らなかった生活が垣間見ることができたので、OKでしょう。

|

« 出しちゃいました | トップページ | とりあえず、一安心 »

コメント

おお、おじさんにとって最高のプレゼントでしたね、それは。K1ビザは日本での準備が大変だけど、アメリカ入国後は断然スムーズに行きますね!その後アメリカで切り開いていく道は姉さんのがんばりにかかっているので、KであれFであれ入国のきっかけはどちらでも構わないと思います。それなら確実な方法をとった方がいいですよね。ハッピーなお話アップされるの楽しみにしてます♪

投稿: みんみん | 2010/04/28 18:20

■みんみんさん
VISAの件はね、どの道自分の事なので自分でするのが筋ですし、いい大人がおんぶに抱っこにならなくてもなんとかなるものなので、K-VISAは却下しました。
今後、自分の「運」と努力とでいい道が切り開かれるといいなぁっと思います。

投稿: 姉さん | 2010/04/28 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出しちゃいました | トップページ | とりあえず、一安心 »