« もう少しなんだけどな | トップページ | 契約満了 »

2010/04/06

とうとうあの試験対策校が…

海外でRNとして働くために必要となるのは、英語力。
その証明として、TOEFLやIELTSのスコアを求められますが…。

アメリカでは比較的…というよりも、ほとんどの書店でTOEFLのテキストがメインで売られています。IELTSのテキストもない事はないけど、マジで少ない。

先ほど、ちょっと別件でAmazonを見ていたら。

試験対策校としてかの有名なKaplanがとうとうIELTSの本を出していました!!

ちょっとビックリ。

Kaplanといえば、アメリカ大手(かな?)試験対策校で、TOEFL,TOEIC,NCLEXにUSMLE,G-MAT,SATなどなどアメリカの試験対策はお手の物(?)ってくらい試験対策の模擬試験問題集を多く発刊しており、Kaplan university or collegeなるものから語学学校まである次第の試験対策校。

そんな彼らがIELTSの本を出した。

Kaplanilets

中身はCambridgeのものとどう違うんだろう?っと興味津津。

それよりもなによりも、アメリカでもIELTSの英語証明が通用するようになってきている証拠なのかなぁっとちょっと思ったり。
※アメリカでIELTSはGCなどのVISA申請では認可されている英語試験ではあるけど、大学入学となるとほとんどの大学ではTOEFLなのです。

テキスト本マニア(?)な私とては、KaplanのIELTS本にかなり興味あります。
(その前にNCLEXを進めなさいという話ですが)

とりあえず、Amazonではそんなに高くないお値段で売られています。

興味ある方は、試してみては?

|

« もう少しなんだけどな | トップページ | 契約満了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もう少しなんだけどな | トップページ | 契約満了 »