« 黒字の女 | トップページ | kind of 朗報 »

2010/04/10

お揃いになりました

今年中に渡米したいという事で、以前から書いている通り現在は派遣で働いています。
で、節約と貯金に励みつつQOLもそこそこ満喫しつつなのですが…。

先日書いた、看護学士の件。
色々考えた挙句、とりあえず単位を取得して学士だけでも取っておいた方がいいかなぁっという方向で動いています。

で、入学に必要な看護学校と高校の卒業証明をとりあえず揃えておいて、『やっぱ(学士を)取ろう!!』と決断した時にすぐに願書提出ができるようにするため、各学校に証明書の発行を依頼していたのですが、1週間が経つか経たないかの本日、全てお揃いになりました。

あとは、入学審査代を振り込んで、その領収書を封筒に入れたら願書の出来上がりです。

最悪、4月入学希望の場合は5月中旬程まで願書の受付をしているという事なので、願書を投函するのには十分な時間がありますが、なにせ渡米後の生活費を考えると授業料の30万がかなりイタイ…。
親からも半額援助するという嬉しいオファーもいただきましたが、もうこの歳になって、しかも、今まで散々お金をかけてきてもらってるのに、それは甘えられないなぁっと言う事で、ここはなんとか自力で乗り越えたいなと思っています。

でも、確かに留学貯金中の身としては、30万は本当にキツイ。
30万あれば3カ月はNYで暮らせますし、その3カ月を延長できれば何かが変わる可能性だってあるかもしれない。という思いもありますが、視点を変えれば、もしアメリカに戻らず他の国で働こうと決める事があった時も、学士さえ持っておけば就職には有利という利点もあります。
日本では、未だそんなに「看護大卒や看護学士を優先」という動きはありませんが(ただし、専門学校よりも看護大を推奨している動きはあります)、海外は違います。

なので、長ぁ------------い目で見て、学士を習得しておく事は将来のために有用かなと思いますので、学士申請コースに出願する方向で考えていきます。

|

« 黒字の女 | トップページ | kind of 朗報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒字の女 | トップページ | kind of 朗報 »