« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010/05/31

一体何通取ればいいのか

現在、永住権取得のための面接に備えるべく、色んな書類をかき集めております。


…とは言っても、過去Logに書いたとおり用意するものは知れているのですが、なにせ、当の本人が住所届けをしている土地にないとないうのが難点であり、両親は在住しているものの、こちらが言った事(いわゆるほしい内容が入ったもの)の理解が本人ではないためなかなかうまく行かない。

幸い、母も今はもう働いてはいないので、時間もあるようで何度もお願いして役所に言ってもらったりしているので、そうそう文句も言えないけど。

…で、前にも書いたように(ごく一部の皆さんも知ってるように)、私はバツイチでございます。
従って、婚姻に関する…もとい! 離婚に関する証明が必要なわけで、それが戸籍に記入されていなければなりません。

母の話によると、現在の戸籍はとってもシンプルになり、(昔のは○○佐え門の長男○吉と、○○介の長女○子が○年○月○日に結婚し、○○市役所に届け出を…といった感じ)平成16年に書き方が改正され、現在の戸籍謄本を取り寄せると、私はまるで未だに嫁入り前のピチピチした娘のように戸籍がきれいだと申しておりました。

ある意味ありがたい(笑)…が!! 今は、その情報がほしいのではない!!
私のこの40年の人生の中にあった婚姻決裂の証が必要なのだ。

…という事を、重々母上に申し立て、もう一度戸籍謄本GETに行っていただき、旧戸籍謄本を無事に取得。

ありがとう 母上。

と言ったわけで、戸籍抄本 計2通(警察に提出する分と予備)に、戸籍謄本 新1通、旧1通、住民票 計2通(警察提出分と運転免許の住変用)の合計6通を役所から取りよせるはめとなりました。

今日は、私の母校である高校にも卒業証明の手続きに行っていただいた模様だし、本当にご足労おかけします。m(_ _)m

あとは、抄本と住民票と諸々の書類を抱えて今月末に北海道警察に出頭し、先週依頼書を提出した看護学校からの卒業証明(英・日文)の到着を待つのみ。

よって…。

〆戸籍謄本(離婚証明含む)
〆パスポート
〆(仮)無犯罪証明
〆(仮)高校卒業証明(英・日文)
〆(仮)看護学校卒業証明(英・日文)
○残高証明(面接1ヶ月くらい前に申請予定)
○健康診断書(面接1カ月前くらいに受診予定)
※健康診断書は、発行されてから半年が有効期限でありますので、渡米の時期も考慮し取得する事をお勧めします。

…と、相成りそうです。

あとは、無駄になってもいいので、過去のI-20とF-1Visa(これはパスポートにまだ貼り付いているのでOK)、古い(結婚時の名前の)パスポートを面接時に持参するくらいかな。

集めるにはそんなに時間のかからないものばかりだけど、やはり「そこに」住んでいない(=出向するのが本人ではない)という事は、そこそこの労力が必要なんだなぁっと思った今日この頃でした。

| | コメント (0)

2010/05/30

NY回避?

今後の妄想をすればするほど、色々な問題を考えなくてはならないのですが。

先ほど、ちょっとアメリカ各州のIncome taxについて調べてみました。

なんたって日本と違い、州単位でTaxが変わってくるUSですから、収入がある場合、賢く堅実に生きるためにはTaxというものが重要なポイントとなるわけですから。

昔、NYで働いて友達に「給料なんてさぁ、半分は税金で取られるんだから…。全然収入なんてよくないよ」と言っていた事を思い出しました。

さて、NYのTaxはいかに。


WOW!!

NYのTaxは45.498%!!(Including federal, state and city tax)

本当に手取りは半分になりそうだ。(涙)

これは、NYを回避した方がよさそうですね(笑)
まぁ、そんな贅沢を言えるかは別の話ですが。

一番いい(?)のは、Wyoming(超田舎だぜ!!)
No personal income taxに加え、No corporate taxですよ。
でも、本当に田舎。
行けば うえすた~ん な生活がまっている事請け合い。(笑)
※注※ 個人的見解であり、実際に超田舎なのかどうかは定かではありません。

ま、あくまで想像の域ですし、GC申請が受理され、就職に来てもいいよという所が見つかればの話で、妄想しすぎだよと言いたければ言ってください(笑)

でも、本人としては就職斡旋があればNYにこだわらないつもりでありますんで、そのためにCPを受けろと言われたら頑張って受けるつもりもあり気です。
(既にNY以外の2州に関しては調査済みですしね)

…と、GCが取れたら考えろ。という妄想つぶやきでした。

| | コメント (0)

不在通知

ああ、今日もなんだかグズグズしてたらこんな時間…。(am0:30)

さて、そろそろ寝ようかね。っと、最後にEMSをチェックしたら…。

「ケンタッキーに到着」

「ご不在のため持ち帰り」



とな。

「ご不在のため持ち帰り」????
普通、そういう機関って誰かいるんじゃないのけ?
郵便物を預かるシステムとかになってるんじゃないのけぇ???

まぁ、既に営業時間(というか業務時間)が終了していたのかもしれないので、しょうがないけどさ。

これで、無事にドキュメントちゃんは届いている事を確認できた。
失くされなくて本当によかったよ。アメリカでは多々あり。

…という事は、やはり来週のMemorial day過ぎの受け取りをされるという事になりそうですな。

水曜あたりに再度CHECK IT OUT!

| | コメント (0)

2010/05/29

渡米をしたら…

さて、爆睡劇もひと段落し、今日は、今後の計画の妄想話です。



まずは、渡米に関しては来月中には国際特典航空券(=マイレージ航空券)が東海岸行き分が貯まります(Low season)。
※ちなみに東海岸のLow seasonの条件とは、2011年1月11日~2月中、4月1日~4月27日

なので、妄想上の渡米時期としては、2月か4月と決めています。
面接が物凄く早くて10月末とか昨年通りの11月中であった場合、そこから半年以内に出国(アメリカ入国)命令ですので、2月は期間内だからOK。
4月はちょっとギリギリかなという感じです。(あとは、健康診断した時期も考慮しなくてはなりませんが)

ただ、2月だと、クソ寒い中NYに戻るものなぁ…って気持ちもありますけど、(あ、別にNYに戻る必要はこれっぽッちもないんですけど、本物GCがNYの友人宅に届くのでNYに行かなくてはなりません)なるべく早くホンモノGC(Permanent resident card)をいただきたい、そしてSS#の手続きに進みたいというのがあるんで、寒いのは我慢するしかないかなぁっと思います。

あとは、住居は決まるまで日系アパートメントホテル(格安)に滞在でもいいかなっと思っていますが…。
以前(私がNY生活を最後にしたアパート)のオーナーが未だに「○○○(←私の名前)はどうしてるんだ。帰ってこないのか。」とルームメイトに聞いたりしているようで、交渉次第ではあの2Bed roomを一部屋価格で(もし、今のルームメイトが越してしまった場合)住まわせてくれるかもしれないよ。と。
しかも、あそこには一応もう売ってしまったけど、私の家具はまだあるわけで…。
それもいいかなぁっと思いつつ、もう少しバスルームがきれいなところがいいなぁっと思ったり(笑) 、家賃ももう少し安い方がいいなぁっと思ったり。しかも、ちょっと寒いし…。

入国後は、本物GCが届くまで1カ月くらいあるらしいので、その間をどうやって過ごすか…が問題。学生Visaもあるわけではないし、仮のGCはあるものの、その時点ではまだ自分のステータスがあやふやと言えばあやふやなので、学校に行きたくても手続きできるのかどうかがわからない。
できれば、2月に入国したとして1年と4カ月のスピーキングのブランクを埋めるべく、ESLに3カ月くらい通い、医療英会話など提供しているところの授業(Terminologyではなく、ちゃんとProcedureなどを患者に説明できるようなクラス)を受けたいと思ってるけど、今のところあまりいい感じの学校が見つかってない。
義務的にでも学校なりどこかに通うという事をしないと、だらけてしまう自分が目に見えるので、そこはなんとか考えて行動したいところ。

ある程度、スピーキング力が戻ったら、初のJob fairに参加するつもり。(今回は、きちんとスーツも持参しないとね)
それまでは、できるだけ就職に必要なSkillを身につけたいなとも思ってるところ。

就職先がきちんと見つかるまでは、留学時代と同様の節約生活+バイト生活で過ごす予定。

銀行口座は、今年戻る予定だったから残してあるのが功を奏してるので、開く必要なし。
日本からもアメリカの私の口座に送金すれば、即日 使用可能だしね。
あとは、この度こそUSA ANAカードに今使ってるANAカードを移行しようと思います。

携帯は…。
アメリカで使っていた携帯本体を未だに持ってるけど、それで再度契約するか(でも今度はSS#が届くまで待たなくちゃならない。さもないとまたDepositを取られちゃうからね)、もしくはあまり使わないので今回はプリペイドで十分かも。と思ったり。

まぁ、妄想は尽きませんが、まずはNCLEX First!!ですね。
できれば今年中にPassの予定でいますが。
できなければ、外国受験料($150)を払うのも勿体ないので、入国後に再受験で行こうかと思っています。その方がゆっくり勉強もできるしね。

実は、この事(NCLEXに向けての勉強の事)で来週あたり職場と勤務体制について交渉をする予定です。
一応、こちらの身分は「残ってほしい」というリクエストに加え、こちらの「まだ貯金が足りん」という条件が重なったので、半年の契約を延長しているという状況で、現職場として『姉さん様様』状況であり(のはず)、交渉の手立てがありそうなので、勉強環境を作るべく少し仕事をセーブしようと思ってるところ。
交渉決裂という事にはならないと思うけど、できればこちらの要望を飲んでくれると私としても勉強時間を取りつつ収入(=貯金継続)を得れるし、職場としても人員減とならず、双方にとっても大してありがたい話となる…はず。

もし、この交渉が成立すれば、今までよりも勉強する(集中できる)時間をとる事が出来るかなと思っている。
なにせGCがかかってるのだ。NCLEXに受からなくてどうする!!っといった状況なんだし。(個人的にね)

なので、交渉 頑張ります。

まぁ、色々な妄想は尽きませんが、とりあえず、今日はこのくらいにしておきます。(笑)

目先の問題(部屋が汚い)を片付ける事を先にした方がよさそうですので。

| | コメント (0)

シカゴ到着

先日、EMSで発送した移民手続き書類。
EMSで追跡をかけてみたら、すでに木曜(日本時間)の時点で最寄り空港のシカゴ入りしている事を確認。

『よし、この調子なら、我が書類は今週中にケンタッキーにつくはず…』

…と思いきや、「シカゴ局から発送」 の状態でストップしている。

シカゴからケンタッキーまでってどれくらい?
遠いのかな?(地理的にアメリカの距離感と州の位置関係がイマイチわかってません)

今日(土曜)もチェックしたが、未だそのステータスは変わらず…。

う~ん。
ま、別にいいけど。
もう、書いたものは書いて送ってあるから。

しかし、未だに送られてくる本屋や文房具屋からのダイレクトE-mailには「Memorial Day Sale」と書いてあるのを目にして、『Memorial Dayって祝日やん』と気付き、調べるとその日は来週の月曜日(日本時間)。

…という事は、私の書類は早くて来週の火曜日移行に(難しく言えば)アメリカ国務省に配達されるという事になる。

無事に事故なく届いてくれる事を祈ります。

KCCへの書類を返送してからというもの、次のStepである面接に備え、あちらこちらの書類収集を始めています。
やれる時にやっておけば後が楽だしね。
親には戸籍書類関係を、高校と看護学校には卒業証明依頼を、あとは、来月帰省し、北海道警察へ行ってPolice certificateを取得してきます。

しかし…、このKCCからの当選通知と受けるまでは学生Visaを取るために早めに決めなくてはならない学校決めに迷い、情報収集の日々で睡眠時間がどかーーーーんと減っていたと思いきや、当選通知をもらってからは、その書類を作成、その情報を収集するのにどれだけ疲れていたんだか、送り終わった後は毎日爆睡ですよ。

まさに、家では寝てばかり…という感じです。

まぁ、仕事の方もそのあとくらいから異常に忙しくて残業+夜中の呼び出し→朝までコースっていうのもあり、なんだか気持ちが少しが安まったかと思えば、今度は体が休まらん。

40歳 もう夜中に働くのは無理であります…。(涙)

次号は、渡米に関しての妄想(計画)を書いてみようと思います。

| | コメント (0)

2010/05/25

EMSとミリオン

今日は、天気がいいですよ。
午後から超勤で頑張った分を代休として、お休みをもらった。

そして…

出してきました。EMSで、Immigrant Applicaiton Formをね。

ああ、どうなるのかなぁ。
日本人で却下されたというケースはあまり聞かないけど(違法な事や何か犯罪に関与したとかない限り)、こればかりはUS govのみぞ知る!!っといった感じでしょうか。

EMSでケンタッキーまでは、約4日。
まだ、あちらは月曜の夜中(=火曜の朝方)なので、うまく行けば今週中にも、もしくは来週早々にKCCに到着する事でしょう。

その後は、7月1日になるとGovのWebで自分が本当に当選していたのかの当選確認ができ、この提出から多分3カ月くらいはあちら(KCC)での書類審査となるので、それが終わると「あなたの面接は○月○日だから○時までにアメリカ大使館に行きなさい」レターが来るというのだ。

この間、ひたすら面接が決まった時に持ち込む書類のかき集めをこの3カ月をかけて行い、最終書類として健康診断の書類を取って、いざ!!出陣…の絵巻となるはず。

この面接日お知らせレターって言うのが、どのくらい前に届くものかがよくわからなくて、当選して書類を送ったApplicantsはシビレを切らし、私たちUSRNを目指す皆様のおなじみWeb pageであるVisa Bulletineでどの番号まで進んだか…を確認したり、自らKCCに電話したり、大使館に電話したり、と様々な事をしているらしい。

まぁ、そりゃそうだろう。
なにせ、このDV programのSelecteesは面接後、180日以内にアメリカに入らなくちゃならないんだから。今後の計画って言うのがあるもんだ。(もちろん、landingを伸ばす事もできるらいしいけど、色々面倒くさいらしい)
私のように、派遣でメインの契約は終わり、現在は自分のいいように期間を延長しているような生活の人は問題ないだろう。でも、きちんと地に足をつけて、会社勤めをしている人にとっては、退職をするという事、しかも、理由が「永住権が当たったんで…」なぞでは会社にとっても迷惑な話かもしれないし、そういった周囲の事情や家族の事情も考えなくてはならないからね。

当選通知が来た時点で、確定!!という事なら期間も8~10か月くらいあるだろうからなんとかなるかもしれないけど、半年って決めてる理由はなんだろうなぁ…。

自由人である私の方はと言いますと、GC取得が決定すれば、私の準備さえ整っていればいつでもGOであるわけですが、とりあえず、私のCase#(当選した順位番号とでも言うのかな)はそこそこ早い方ではあるので、過去のデーターとか読んだり、見てみると早ければ10月中ないし11月、遅くても年内面接の通知が入ってくることとなりそうな予感。なので、現在の計画としては、来年早々、もしくは来春には渡米する予定でいます。(年内に面接が終わってGCが取れたらね)

…という事で、20日やってきた驚くほどLuckyなオレンジ色の封筒の仕事が一つ終了。

記念と言ってはなんですが、帰りにミリオンジャンボを買ってみました(笑)
そりゃ~、同じ価格で買うならでっかく当てたいドリームジャンボ♪ですが、なんだかミリオンジャンボの宣伝文句…「100万円が7000本!!」という『7000』という文字にひかれちゃったんです(…だって、私のCase#が7000番台だったから)。

さあ、数子占いの言うクジ運はここでも発揮できるのか?(もう、使っちゃったと思うけど。っていうか一生分の運をここで使い果たすような気がしてならない)

当たったら、もちアメリカの当面の生活費に充てるつもりです。(小さいなぁ…笑)

| | コメント (2)

2010/05/24

ちなみに…

先日、ちょっとした空き時間に本屋で数子本を立ち読みした。

金星人(+)の5月の運勢

「今月はクジ運があるので、スクラッチクジに挑戦すると小づかい稼ぎができるかもしれません」

……………小づかい稼ぎどころの話じゃないんですけど…。
クジ運…で、当たったのか??
(当選通知が発行されたのは4月28日付だけど)

それともジャンボでも買ってみる?(アメリカ行きの資金稼ぎになるかな)

とりあえず、数子 恐るべし!!

| | コメント (0)

とりあえずは、完成

当選通知が来てからというもの、色々な意味で「どうしよう」が頭の中をグ~ルグルcoldsweats02

でも、なにはともあれ必要書類を早めに提出しろと言うメリケンさんの指示なので、少しづつ下書きしたものを本日は清書いたしました。

よって、ほぼ完成!!

多分、問われている事には『その情報はいらねぇ』くらいに十二分に応えてあるつもり。
記入漏れもないはず。
大丈夫なはず…。

なので、あと添付するファイル(自分で作った補足ファイル)のコピーが1部プリントできていないので、明日はそれをプリントする事にして、完成となる。

ああ、なんだか緊張するなぁ。

これを提出したらあとは、面接の時に必要な多くの書類のかき集め。
用意しなくちゃならないのは…

◆戸籍謄本(日・英)
◇無犯罪証明書(日・英)
◆離婚受理証明書(私の場合)(日・英)
◇卒業証明書(日・英)
◆健康診断書(予防接種含)
◇残高証明
◆パスポート
◇当選通知

戸籍謄本は既に実家に取りよせを頼んだので、それを役所が英訳できて高額でなければ、やってもらうつもりだけど、自分で英訳してもいいらしいので、OK。

卒業証明もCGFNSの時にやってもらっているので、すんなりいくでしょう。

問題は、離婚受理証明書。
これは、受理した役所でなければ発行できないらしいので、そうなるとそこの役所に電話して遠隔地発行をしてもらえるか、または最悪の場合は、遥か東北の地まで赴きゃならない事態となる。(ああ、考えただけでも憂鬱)

無犯罪証明書も、住民票登録をしている地域の管轄している大元に行かなければならないので、私の場合、住民票は北海道のままなので札幌に行く事になるだろう。

健康診断書も、大使館認定の場所でしなくちゃならなく、しかも、多分私の場合はほとんど予防接種を受けていないので、めっちゃ打たれる(注射をね)予定で、お値段は5万円くらいかかるらしい。(お金が…)

残高証明は、いくら必要という事は決まってはいないけど、噂では一人につき400~500万程度という話もあるし、そんなにいらないという話もある。
幸い、帰国してから次の留学を決めていたので、いく分貯金はあれど、さすがに400万とかは貯まらないなぁ。
できても300がいい所か?と思うけど、まぁ、残高証明を作る頃には一時的にかき集めて証明するしかないでしょう。

こんな感じだ。

うまく事が運べるように頑張らなくては…でも、NCLEXの勉強もしなくちゃ。

ああ、やっぱりまだまだ悩みは尽きないな。

| | コメント (2)

2010/05/22

下書き完了

昨日、今日とこんな時間まで(am2時)色々と情報収集とKCCに送るDocumentの下書きをしています。

KCCに送る分の書類は、US govのHPからダウンロードでき、DS-230とDSP-122の2通。

記入する内容は、そんなに難しいものでもなく。
ただ、産まれてからどこにどれだけの期間住んでいたかとか(これが一番面倒だった。なにせ放浪者なので)、職歴、犯罪歴の記載、USへの渡航歴などなど。
あとは、簡単なresumeっぽいのも書かなくてはならなくて、あとはそれを作成すればOK。
(たぶん、枠内に書ききれないのでWORDで作成だな)

そして、なにはともあれ

In waht occupation do you intend to work in the US?

…という欄。

まだ、NCLEXにも受かってない(受けてない)けど、REGISTERED NURSEと書いてやるさ。
(面接日まで受かってれば、『ええ、私 ライセンス持ってるから』って威張れるのになぁ…)

あとは、下書きを参考にマン喫かどこかでDS-230のタイピング記入をしなくてはならない。
うう…自宅にプリンターがないのがイタイ。

USの住所も必要なのだけど、先日 うまくH-1Bを取得できた友人が住所を使っていいと言ってくれたので、ありがたく使わせてもらう。

よし、ほぼ準備完了!!

週末もしくは来週明けにでも、KCCに返送だ。

| | コメント (0)

2010/05/21

一日経って…

昨日、KCCから永住権Lotteryの通知を受け取り、興奮したまま夜中3時に就寝。
(子供みたいだな)

で、色々と考えてみたのだけど、今度は変にプレッシャーを感じ始めた。
もちろん、自分の人生や将来設計的には、ここでLotteryに当選(まだ50%の確率だけど)した事は、かなり余裕ができてきた訳でだけど、なぜか…なぜか…素直に喜べない気持ちがどこかにある。

それは、NCLEXをPassしても就職先に恵まれず日本に帰国してきた人々の事、それぞれの努力をしつつ、このLotteryの当選を喉から手が出るほど待ってる人(もちろんNCLEX仲間)などを知ってるから。

なんとな~く、申し訳ない感がず~んっとやってきている。

もちろん、これは私に与えられたLuckであり、活用しない手はないとは思うが、なんだかLotteryに当選し、GCが目の前まで来ている状態で、悔しい思いをしている人、頑張ってるのになかなか報われない人、その人たちよりもこんな安易な方法で永住権GETしちゃっていいのかな?って気持ちがね。どこかフツフツ…と。

まぁ、そればかりを考えていてもこの通知を分けてあげられるわけでもないので、「偽善者」呼ばわりされても仕方がないが(実際に言われたわけではありません)、こういう人たちよりも恵まれた「運」を最大限に活かせるように今後の自分、もっと努力しなくちゃな。っとプチっと心に誓ってみた。今日この頃でした。

そんなわけで、今後の予定はちょっと修正が必要となりますんで、週末にでもジックリとKCCへ提出する書類を完成させつつ、考えます。

| | コメント (2)

2010/05/20

オレンジ色の…

今日は、残業。

とぼとぼと家路につきながら、最近は、勉強どころではなく今後の留学の事で頭がいっぱいだ。
で、今日も仕事中も、帰り道もどうするべきか考えて考えて…。

『ああ、応募したGCLotteryでも当たってくれれば、悩まなくて済むのに…』

で、

当選通知がキターーーーーーーーーーーーーーー!!



オレンジ色の封筒。
NY市立大学のApplication formも同じ色の封筒だったので、「また何か?」と思ったら…。
送り主は、KCC(Kentucky Consular Center)と書いてある。

「これって!!これって!!」
と、封筒を開けたはいいが、いつもは読める英文が興奮で全然読めねぇ~。

でも、GC Lotteryの通知は非当選者には送られないはずだから、「当選?」と思いつつ、気をちょっと鎮めて読むと、「面接を決めるから既定の書類を返送してねぇ」と言う内容。

WOW!!

てな訳で、ちょっと興奮気味です。

とりあえず、ダッシュでセブンイレブンに走り、返送しなければならない書類をコピーしてきました。

取り急ぎ、ご報告まで。

詳細は、今後UPしていきます!!

| | コメント (3)

2010/05/16

なんとかKeep?

はい、本日 まだググリまくってます(笑)

で、ちょっと気になる学校を見つけたので、お得意のお問い合わせがてら(お問い合わせの英語得意になったなぁ…笑)そこの学校のOnline placement testを受けてみた。

ちょっと久しぶりにPlacement testなもんで、Grammarが心配だったけど、Level 9中「7」の評価だった。

まぁ、こんなもんかな。

途中、色々な項目に分かれていたけど、私、NYでIdiomだけは取ってなくてねぇ(というか、そのレベル飛ばしてクラス分けされちゃったから)知らないんですよね、あんまり。
まぁ、ネイティブ(特にヤングな)に言わせると「そんなん今どき使ってね~ぜ」くらいなちょっぴり死語だったりするのもあるらしいんですが、Idiomのクラスの子たちの宿題は大変そうだったなぁ…(手伝わされた記憶がある)

そんなわけで、英語の方 次回の渡航までKeep Keep Keep doing!!ですな。



ああ、最近 subscribeしてる英字新聞読んでないや~(汗)

| | コメント (0)

またググってお問い合わせ

この土日はある意味有意義と言えば有意義なのだけど…
色々考える事があって、頭が痛い…。

マジで疲れる。
もう、面倒くさいから貯金したお金をはたいてどこかに行ってしまいたいくらい、逃避したい気分。

何が一番最良の方法なのかが全然わからなくなってきているが、とりえあず、欲張らずに行くのが一番よろしいのかもしれない。っと、思いつつも、『あ~だ。こ~だ。』と思いを巡らしてしまうのはなぜだろう???(ああ、こんなジブンがイヤッ。)

さて、昨日から今日にかけてまたまた色々ググって、考えて、ググって…を繰り返している。
で、本日2件ほどお問い合わせをした。

そしたら、まぁ、ビックリ!!
日曜日だというのに、1件返事がもう帰って来た。
日本人は仕事が早いねぇ(笑)

そんなわけで、疑問その1はクリア。
でも、2点質問した内の1点は確認中という事で、返事待ち。
まぁ、こちらは急ぐものでもないのでのんびりと。

あとは、もう1件問い合わせだけはFreeなのでしてみようかなぁっと思う。

それにしてもアレね。
色んな項目で色々ググってるけど、面白いのがUSAにはEnglish for healthdare professionalsというクラスをもってる学校や機関がないのね(笑)
※注:私の検索する限りの話です

なにそれ。
CanadaやNZ、UKもちろんAusもあるのに。
なぜ?

さすが、お高いメリケン国家。
多くの外国人を受け入れる割には、そこら辺 あまり親切じゃないって事?(笑)

ま、「おいら(US)のとこで働きたいなら米語が喋れて当然だろ。」って事ですかね。

| | コメント (0)

2010/05/15

また届く

今週は、色々なモノ(メールとか手紙とかね)が届く週だなぁ。っと実感している。
先日、ここにも書いたとおり、NYの市立大学からのメールとApplication formが届いたし、Blogを通して知り合った方に連絡してみたら彼女からもメールも届いた。また、交流の輪が広がりいい刺激を与えてくれる人で、いい出会いに恵まれたなと思う。

そして、今日は出がけに飛脚がやってきたと思ったら、通信制大学の合格通知が届いた。

しかし、私が心から届いてほしいと思うモノの2つは未だ届かず。
もしかしたら、両方とも届かないかもしれないので、これらは期待せずに待つ事にする。

…さて、合格通知。

通信制なので、特殊な問題がない限り、ほぼ合格である事はわかっていたし、「合格通知」という文字を久しぶりに見て、一瞬 「お」と思ったが、あまり嬉しくない(笑)

多分、どこかで『やっぱり…』(ここら辺が可愛くないな)って言う気持ちもあったからか、または、この通信制に通う事を今年は見送ろうか…。とも考えている最中だったから。

なぜなら…
「NYに戻る場合、できるだけ長く滞在を考えているので、その授業料を学費と滞在費にあてたい。」と言うのが主な理由。

あとは、日本にしばらく腰を据える事を考えた時に取っても遅くはないかな?と言う気持ちも生れたから。

さて、どうするか。

合格通知をもらっても、大学にはまだ仮登録の段階なので合格をご遠慮する事はできる。

う~ん…。う~ん…。

ただ、今考えてる他の「案」だと、この大学の講義も続けることができるかもしれない…というところもある。

授業料振り込み期限は、2週間後。
それまでに、答えを出そうと思います。

| | コメント (0)

2010/05/13

意外と当たるもんだ

先日、お問い合せをかけていた2校。
1件は、NYの市立大学のESL、もう1校は、CollegeへのBridging courseを持つ学校。
後者は、運よく(?)NYにある日本人経営の留学会社が斡旋もしていたので、そちらに問い合わせ、日本人のお仕事なので即答で返信メールが来ていた。(しかし、まだまだ詳細について知りたい事があるので再度問い合わせ中)

で、前者のUniversityの方だが、私の最後のNY生活を共にしたルーミーの母校で、彼女に言わせると『あそこ、仕事が遅いんだよ~』との事だったので、‘まぁ、その内(返事が)来るだろう’くらいで構えていた。

そうしたら、なんとそこも私の問い合わせから4日後(土日を挟んだので実質2日くらい)には、お返事メールをいただいた。結構、親切に。

ありがたい。

そして、今朝のめざましテレビの占い。

うお座「嬉しい知らせが届くでしょう」


ふ~ん。何かな?
GCのLotteryの当選通知でも来るかな?(笑)

などと、夢のような事を一人考えていたところだったが、意外にも、その市立大学からApplication formが届いていた!!

まぁ、仕事 遅くないじゃな~い(笑)

でも、心配なのが、先に来ていたお返事メールには…
「Fall semesterにApplyするなら6月下旬からじゃないと受け付けられないわよ」的な事が書かれていて、そのFall semesterっていうのが9月の後半始りで、「え?I-20…間に合うんっすか?」という疑問が何しもあらず。

例えば、ここに行くと決めて、6月の下旬くらいに到着するようにApplication formを送ったとしてさ、それが帰ってくるのが早くて7月上旬…いや、中旬?くらいで、そこからF visa申請って…かなりギリなんですけど…。(汗)

大丈夫なんかいな?

まぁ、でもここのESLは大学付属なのに、安いし、しかも、大学付属だと大学の図書館とかその他施設が使えちゃうので、そこは魅力♪
立地はあまりいい感じではない場所と言う事は、以前の私のNY滞在経験知識から考えるとわかるけど、なんといってもキャンパスがとんでもなく美しいshine
噂によれば、「アメリカでもっとも美しい大学」というチャートに上位ランクインした事のあるくらい素敵な風貌なんです。

そんなわけで、今日のめざましテレビの占いは、ある意味、お見事的中!!

今後も参考にしよう。
あ、入学に関しては、まだ検討中。

| | コメント (0)

2010/05/07

お問い合わせ

poutネットで情報収集は、日本に居ながらもアメリカの事がよくわかるのでとても便利なのだが、「あれは~?」「これは~?」とやっていると時間が足りない…。
そして、その事ばかり仕事中も、空き時間も考えてしまい、勉強が全然進んでない…。

とりあえず、今日は2件問い合わせをしてみた。

1件は、大学付属の語学学校でCollege preparation courseについての入学。
もちろん、大学に行ける資金はないに等しいが、せめて1セメだけでも講義が取れたりしてもいいかなぁ。なんて思ったりもしている…が、残念ながらこの大学にはNursing facultyがない。でも、Healthcare+Nutritionのコースがあるのでまぁいいか。
あとは、他の大学のCEコースでMedical系を受けてもいいかなと考えている。
それは何より、大学に付属しているのにとても学費が安い事。
ここが、今の所 第一希望かな。

2件目は、以前留学していた際に良く行っていたStaplesの入ってたビルにあった学校。当時は、『何の機関なんだろう?』と思ってたところが、実はESLもあり、College courseもあり…と、まぁ、Skillを身につけたい人にはうってつけの学校だった事が判明し、そこの学校についてを問い合わせてみた。
学費はちょっと高いが、Degreeのコースに入れれば、OPTも行けるという話なので(そうはうまく行くかわからないけど)、まずはESLからだとは思うが、やれそうならMedical assistingのコースにでも入りたいなと思った。

まぁ、妄想だけどね。(妄想だけでESLで資金的に手一杯だと思う)

とりあえず、このお問い合わせの返事待ち。

それにしても、あれね。
なんだか内容はよくわからないし、どのくらいそれが続くのかわからないけど、現在 怒っている「ギリシャショック」。
これでまた、結構 景気が↓しちゃう可能性が高いのかしらねぇ…。
そうすると、また外国人の就職枠が狭まっちゃうのかなぁ…なんて、思ったり。

CA州では、NCLEXを受ける前(いわゆるBoardにApplyする時)からSS#がRequireになったようだし。外国人締め出し大作せ~んって感じなのかな?って思ったりする。

もう、頼むからだれかVISA supportしてくれないかな。
みんな困るじゃないか!!pout

| | コメント (2)

2010/05/06

ググル日々

GWお天気も良く、お出かけしたのは日曜と火曜のみ。
月曜は運悪く仕事となり、半日の予定が丸一日…pout まぁ、いたしかたない。
これが、社会人というものだから。

さて、今後の留学に関して、この休みを利用して空き時間はみっちりGoogleとにらめっこ。
なにせ、前回も書いたように2度目のF-VISAへのApply。
できるだけ、許可が下りるような学校(いわゆる大学付属系)を探す探す探す…。

一番、線が濃いのは市立系大学の付属学校。
うまく行けば一番上のクラスへ行けば、市立大学への入学する際に必要なTOEFLが免除される特典付き。
もちろん、学部へ入学するような金はないので、とりあえず、そのような大学付属へApplyし、チャンスがあったら大学の学部へ進学したいよ。という意思をチラ見せしようかと言う考え。そして、それに加えて、もっともらしいエッセイをA4にびっしりと書いてあげて、お願いします!!と、提出するしかない。

まぁ、本当のところは、学部にも通いたいんだけどね。
でも、学部って言ったらいわゆる「Nursing」に進まないといけない訳で、今更Nursing全般の勉強なんかはしたくないのが本音。
できればSurgeryに特化したものとか、EmergencyもしくはICUなどMed-surge系だけの勉強がしたい。

しかし、あれね。
大学付属系の学校は、語学学校に入るだけでもImmunization recordの提出とかあんのね。
面倒くさぁ~。

母に聞いたら、母子手帳には予防接種の記録があまりないって言う事で、まずは抗体検査をお願いしてみるしかないかなって感じね。

本音を言えば、別にNYじゃなくてもいいかなぁ。っという気持ちも無きにしも非ず。

ただ、せっかくNY stateにApplyしちゃって、NCLEXもNYのRNとして受ける予定なので、移動するのはNCLEXに受かってから考える事にする。(他の州なら、州のrequirementにそぐわっていればもしかしたらなんとかして働かせてくれるかもしれないしね)

もうね。
脳みそ腐りそう…。

PCと向かい合い過ぎて、電磁波浴びまくりだから?

| | コメント (0)

2010/05/05

最近流行の事業仕分け

さっき、あるサイトで学士授与機構が事業仕分けの対象になっている事を知りました。

簡単に結果を言えば、

①国費投入を大幅に削減
②学位授与対象を減らし、大学を増やす事

なんかが国からのお達しとなるようです。

ああ~ぁ、多分 学士申請は私がする頃は無理かなぁ。というか、厳しくなるのかなぁ…なんて思ったりして。

ま、一応 自分の中でも学士だけではなくやはりきちんと大卒に。…と言う気持ちもあり、このNEWSを知る前に通信で申し込んだ大学の新しくできる看護学部のOpen campusに申し込んだところでした。

虫の知らせ?

ま、通信での単位は同じ大学に行きさえすれば、認められるとは思うし、これで看護学部ができて編入する事になっても、次の単位取得はちょっぴり楽かな。という利点があるので、それはそれでOKだと思います。

なんだか色々とタイミングの悪い星周りのようで、まぁ、これもそういう風に最初からなっていたのかもしれないかなと思えば、私のせいではないのでそれにしたがって行くしかないかと、思います。

| | コメント (0)

教訓

先日、都内に住む弟夫婦のもとを訪れ、ジンギスカンパーティをしてきました。
なんていったって、そこは道産子ワールドで、嫁さんも気を利かせ、きちんと北海道産ベルのたれ(ジンギスカン専用タレ)を用意してくれていました。

かなり食べました。(久しぶりの羊…うまかったなぁ)

私は手土産として、自宅の近くにできた小ジャレタケーキ屋さんのシュークリームとエクレアと持参。嫁さんが用意してくれていた、柏餅も…クッキーも…

全部食べました。

もう、明日死んでもいいんじゃない?ってくらいに、親の敵!!これでもか!!ってくらい食べて、その夜は、弟宅からYOGAに行ったんですけど…。

13時くらいから食べ続けて、もう無理無理~ぃといいながら、パイナップルも食べ…。

19時からはじまったYOGA レッスンの時にはまだ満腹で、しかも、YOGAはInner muscleに集中しながら、いわゆるお腹を引っ込ませた状態を保ったり、腹筋で体を支えたりするもんで、レッスン中は吐きそうになりました。

仕事の後にYOGAに行くことが多いですが、あまり空腹だとこれまた吐きそうになり(低血糖や脱水で)、すこしは食べた方がいいんだな。と言う事を教訓にしていましたが、

今回の新たな教訓。

YOGA前には食べ過ぎるな。

です。

マジ、吐きそうだった。bearing

| | コメント (0)

少し共感

今でこそ、帰国し母国でのほほ~んと働いていますが、外国に行けばもちろん外国人なわけで、しかも、語学だけ勉強していた身としては、だんだんやることも尽きちゃったり(笑)することもあるわけで…。

で、このYou tube

冒頭の歌詞が、なんとも貧乏留学生の気持ちに匹敵するものがあり、なんだか共感しちゃいました。

でも、かなり日本語流暢だし…。
ある意味、うらやましいかも。

| | コメント (0)

2010/05/03

Survive

NYから帰国後、ピアスの穴が大変な事になっていて、腐ったんじゃないか?というくらい発赤と出血と浸出液の嵐で…。

『ああ、20年間養ってきたこの‘穴’ともお別れか…』

と嘆いていましたが、傷も癒えてきた今日、試しにピアスを通してみたら…

通った!!happy02

感激♪


くだらない内容でスイマセン。
なにせ結構お気に入りのピアスがあり、また見つけるとと買ってしまう癖があり、またそこそこ高価な(プラチナとかダイア(鼻くそ程度だけど)とか)ものがあったんで、今更イヤリングに変えるってのも悲しい話で、こんな小さな事がちょっとしたHappyだったりします。

ああ、よかった。

それだけ。

| | コメント (0)

カムバック組

GWです。
一応、連休です。(ジブン)

さて、今日はGW初日としてNY NCLEX仲間であったオリーブちゃん(仮名)が帰国している事をつい最近知り、本日 再会してきました。

オリーブちゃんは、私が渡米した時点ですでに在米2年目を迎え、NCLEXも終了し、IELTSに向けて奮闘するために私のいる語学学校へやってきた人でした。
知り合ったのは、私が渡米してから4カ月目くらいの頃。
私の担任だった先生がSurveyによりクラスを降任することになり、私たちはそのまま違う先生のクラスにJoin inする事になった時に、そのクラスにいました。

最初は、日本で看護師だったから…。と言って、特別仲良くする事もなかったですけど、話をしていくと、日本にいる時は実は同じ病院で働いていた。という、なんとも「世界は狭いね!!It's a really small world!!」という事実を目の当たりにした時でした。

その後、やはり既にNCLEXにPASSしているという事などで、色々と、他の留学生では理解しえない俗に言う「看護留学の辛さ」を分かち合える一人でもありました。

彼女から安く譲ってもらったMosby'sのFlash cardも未だに活用していますし、タイプは全く違う私たちですが、NY話+帰国組の世間話などなどしゃべるしゃべる…で4時間(笑)

再会場所をGWまっただ中の浅草にした事は、ちょっと選択ミスだったけど(すんげ~混んでました)、久しぶりにNYの話や帰国組に向けられる世間の目への愚痴(笑)よくしゃべった一日だった。(で、のどが痛いです)

しかし…かなり久しぶりに「うな重」とか食べちゃったな♪

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »