« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010/07/24

待ってました!!

今日は遠路はるばる 歯医者の日。
いつもよりも予約時間が遅かったので、仕事が終わってから何をしようかと考えていましたが、結局 今の私には何かする前に勉強かなっと思い丸の内のお気に入りのカフェで2時間勉強。
まぁ、正解率はまだま~だずぇんずぇ~んですが、塵も積もればなんとやら…って事で、成果率の低さに負けることなくとりあえずやらねばねぇ。

で、そろそろ移動時間…。
…っと、その前に私の大好きな洋書コーナーをチェックしてからね。と思い、立ち寄ったら…

Losym

出ました!! ロストシンボル(ペーパーバック版)

待ってたのよ~。
まだ、NYにいるころに発売になり、喉から手が出るほど読みたかった…けど、ハードカバーは買わない主義なので、ググッと我慢して、今に至る。

と言った感じでしたが、出てしましましたねぇ。とうとう。( ̄ー ̄)ニヤリ

Amazon評価は、★★★☆☆でした。
「ダヴィンチコード」と同じような期待で読むなとか言ってる人もいましたが。
どうだろう?

兎にも角にも、今は先日紹介したスタバの本を読んでいるので(もう少しで完読)、それがおってからの…お・た・の・し・み♪ですかね。(笑)

で、ついでですが。

一応、今後の参考にと思い…。
U.S. News & World Report Best Hospitals ←買いました。(笑)

US NewsのHospital特集(2010-2011)ですが、アメリカでのBst Hospitalが私にとってBest hospitalとは限らないけど、ちょっと情報収集ができるかなって事で、購入。

しかし…円高な今、なぜApprox. $6のこの雑誌が¥1000で売られているんだろう????
普通計算なら600円弱なのにな。

| | コメント (0)

2010/07/20

NYでの達成すべき目的が一つできました

スターバックスはそこそこ利用します。
日本でも、NYでもしてました。なにせ、手軽に入れるし、世界どこの国にも大体ありますし、メニューもuniversalなので(まぁ、もちろんその土地にしかないメニューもあると思いますが)。

で、最近何気なく読み始めた洋書 「How Starbucks saved my life」

Howstarbucks

最初は、よくあるHOW TO本とか‘スタバの賢い利用法’的な本なのかと思いながらも、中身をチラ読みしましたら、全然違う内容で、実話に基づくある一人の初老に差し掛かろうとした男性のお話でした。

冒頭の書き始めから少し興味をそそるものを感じたので、即購入。

読み始めるとかなり面白い。

今は、電車通勤とかしていないし読書の時間と言うのは限られてるんだけど、なんとか寝る前の30分くらいはこの本を読む事に時間を割いています。

簡単にいえば、何不自由なく育ち、会社でも副社長という地位にいながらリストラになり、スタバの社員になっていく物語です。

…で、私 留学時代の友達と連絡を取り合うのにMixiのWorld versionならぬFace bookに登録していますが、そこでこの著者を見つけてしましました。
すかさず本の感想(といってもまだ100ページほどしか読んでませんが)を添えて「友達リクエスト」をしてみましたところ…。

The request was accepted!!

Wow!! NYにいる間もスタバにはなんどかお世話になりましたが、彼が働いているスタバには足を踏み入れたことがありません。

Upper West side…というよりもそこよりちょっと上の方のだんだん白人エリアをはずれていくような場所にあるスタバのようなんですが、今度NYに行った時は彼に挨拶がてらそのスタバを訪れてみたいと思います。

未だ(彼は既に70歳くらい)そのスタバで元気に働かれているようで、今年の4月にはフラペチーノを作れるところまで来たそうなので、彼の作ったフラペチーノを飲みたいな。…と言うのが私のもう一つのNYでの目的となりました。

売れっ子作家であれば、こんな私の突飛なお友達リクエストなんてすっ飛ばされちゃうでしょうし、こんな風に身近な存在になってもらえる事もなかったと思います。

Micheal 多分とっても素敵なおじさんだと思います♪

皆さんも興味があったら是非。

追記:2012年にTom Hanksが主演で映画化される事になったようです!!

| | コメント (3)

2010/07/17

文明の利器

iPadやiPhoneが世間を騒がせている昨今。
そのくらいの人がそれを持っているのかなぁ…と思いを巡らす日々ですが。
そんな世の中の流れにちぃーーーーっとだけはずれて、先日、思わずiPod touch購入いたしました。

iPhoneはSIM FREE化されていないため、今購入したところで日本でしか楽しめないですし、別に電話は電話でいいので敢えて外し。
iPadは持ち歩くにはデカく、しかも、メインの売りが電子書籍ということで(もちろんネットもできますが)、私は「本は本で読む(みたい)」人なのでこれもないな。という訳で却下。

希望はできればポケットサイズでネットもできてなどの理由から、iPod tpuchとなりました。

しかし、凄いですね。今のiPod(というかiPhoneと機能がほとんど同じ。電話がないだけ)なのアプリが凄い。なんでもありです。
もちろん、購入前にはどのようなアプリがあるかをリサーチしてから買ったんですが、なんとNCLEXの問題がフラッシュカード形式でインストールできたり、Medicalに関して言えば、ポケットサイズリファレンスのようなものもDLできたり、加え英語辞書から医学辞書までインストールできます。

なので、もちろん早速ではありますが、NCLEXのアプリをいくつかDLし、インストール。
これで、ちょっとした時にも問題ができると言うわけです。
インストールしたアプリ(NCLEX用)は、回答していくと何%の正解率というのがありがたくも出てくれるものもあり、面白い。

もちろん、私の大好きなNew York Timesの英語学習機能アプリもDL。

いやはや、素晴らしい文明の利器でございます。

画像もきれいだしねぇ。

日本では、Wifiルーターを購入するかもしくはWifiサービスを提供しているプロバイダーに入会し、そのプロバイダーが契約しているカフェやファストフード店などでしかネットができませんが、これをアメリカに持っていけばかなり楽勝でネットができるんですよね。
なにせFree Wifiが飛びまくってるので。

しかも、インストールできるアプリを上手に使えば、もうPDAとかいらないということになるでしょうねぇ。
なにせ既に日本でもiPadを用いて術中(清潔野に置きながら)にMRIの確認などをしている施設もあるようですから、今後はこう言ったデバイスが臨床では必須になってくる(もう取り組んでいる)ようになるでしょうから。

まぁ、そんな意味も込めて購入したんですけどね。

自分もこのiPod touchさくさくと使いこなしていい意味で何事も能率が上がるようになればいいなと思います。

| | コメント (0)

2010/07/07

デザイン変更

アメリカ永住権 グリーンカード と聞けば、その名の通り「緑色のカード」というイメージをしますが、これは、昔の話で現在は白とも黄色とも肌色とも言えないような微妙なベースカラーにUSの象徴である鷲の紋章が印刷されてる感じで、ちょっと安っぽさを与える感じのカードでした。

しか~し、今年度分(2010ねん)からデザインが一掃され、グリーンカードがグリーンに戻った模様です。

しかも、見本を見てみると、ちょっとお札っぽいけど、なんだかカッコイイ感じ♪
アメリカドルを見たことある人ならわかるかと思いますが、あんな風なグリーンに自由の女神が印刷されていて、偽造できないように色々な特殊加工がされている模様。

これをもらえるかと思うと、ちょっとテンションが上がっちゃうなぁ♪

まぁ、素材はそんないいものじゃないかもしれないですけどね…。(笑)

| | コメント (2)

2010/07/04

集中できる場所

2週間くらい前から、うん十年前にかぶせた奥歯のかぶせ物がカタカタ言ってるのに気付き、帰国後、未だに歯医者に行けていないのもあったので、予約を取りはるばる横浜の歯医者まで行ってきました。

久しぶりの歯周ポケット検査…。
2年間ポケットが深くならないようにケアはしていたけど、ドキドキでしたが…。
無事に「正常」との事。

ああ、良かった。

それにしても、横浜に行く電車の中。
黙々とSaundersのReviewを読みながらPractise Questionを解き…をやっていましたが、なぜだろう???
私は読書など集中できる場所は、いつも電車の中。
今まで色んな洋書を読んだり、新聞を読んだりしているけど、本当電車の中って集中できる。
NYでもCityにはSubwayで30~40分くらいの地域に住んでいたせいもあり、読書、宿題のリーディングなどは電車の中で行って、好きな洋書を読んでいるときなんぞは集中するがあまりに乗り過ごすと言う事までやってのけるくらい集中する。

そんな訳で、Saundersも往復3時間程度の勉強時間(?)だったけど結構集中してやる事が出来た。

昨夜、うちの母上とも「集中したい時は電車に勉強道具持ち込んで勉強しようか」と言う話で盛り上がった。
これって使えるかも(笑)
どうしても集中して勉強したいと思う時は、電車に乗り込み、Metroを乗り換え乗り換えでグルグルしながら勉強するっていう電車オタクなみなやり方もありかなっと思ったりする。
とりあえずは、横浜の歯医者までも月に2回くらいは通う事になるかもしれないので、その時はもちろん電勉(電車DE勉強)いたします。

…そんな訳で、今月から基本的に土日Freeとなるなのでいよいよきちんと腰をすえて勉強します。

| | コメント (2)

2010/07/01

実感…。

今日は、7月1日。

そうです。DV-2011の当選者がWebで確認できるようになる日です。
一応、ここまで作業を進めつつも、どこか不信感を抱いていたので(根拠はない)、早速チェック!!

無事に、「Dear, Selectees」と言う文が現れました。

ああ、これで、本当にグリーンカードロタリーに当選したんだな。っと実感、安心することができます。

全世界から12100万人の応募の中から、100,600人の一人に選ばれ、Asia圏内14999人の中の一人となり、そして1/298人(選出された日本人数)として選ばれたって言うのは、本当に凄い事だなぁっと。

…実感。

さぁ、面接はいつかな?
あとは、これだけを待つのみなんだ。

| | コメント (3)

早過ぎっ。

先日、3.5日の北海道帰省+無犯罪証明手続きの旅に行ってきました。

なんだか、実家でゆっくりする事もなくあれよあれよと言う間に帰る時となりましたが…。

北海道警察はとてもきれいな社屋ならぬ「署屋」で(←こういう日本語はないと思いますが)、外は近代的…だけど、中のロビーなどは北海道ならでは(?)の木目調の柔らかな雰囲気のいい感じの建物でした。

で、無犯罪証明書ですが。
一番の仕事は、フィンガープリント(=指紋採取)なんですけども、なにせホレ、私はアレルギーのひどい手術室看護師だからして、指紋ってものが波の人のような形をしていないというか…ない。に等しい感じでしてねぇ。
ええ、機械でさえ「コレハヒトサシユビナノカハンテイデキマセン」てな表示がバッツンバッツン出るんですわ(汗)

まぁ、それでも指紋って言うのは一つとして同じ形はない。という話ですので、この指紋なんだか何なんだわからない「シワ」は私しか持っていないものだと思うので、警察の人と一緒に頑張って採りました。(というか、一番頑張ったのは、機械かもね)

で、『1週間~10日でできあがりま~す』と爽やかに言われ、道警を後にしたんですが…。

1週間も経たない今日、道警から「できました」コールが入りました。

仕事 早っ!!
(っつーか、犯罪の‘は’の字もなかったって事なのでしょうね。一安心)

とりあえず、私はもちろんの事取りに行けないので、顧客の枠を超えて仲良くなった留学エージェントのAさんに委任状を渡し、取りに行ってもらう事にしました。

ああ、これでもうほとんどする事がないです。

あとは、健康診断のみ。
さすが、ロタリーの永住権申請。超簡単だな。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »