« デザイン変更 | トップページ | NYでの達成すべき目的が一つできました »

2010/07/17

文明の利器

iPadやiPhoneが世間を騒がせている昨今。
そのくらいの人がそれを持っているのかなぁ…と思いを巡らす日々ですが。
そんな世の中の流れにちぃーーーーっとだけはずれて、先日、思わずiPod touch購入いたしました。

iPhoneはSIM FREE化されていないため、今購入したところで日本でしか楽しめないですし、別に電話は電話でいいので敢えて外し。
iPadは持ち歩くにはデカく、しかも、メインの売りが電子書籍ということで(もちろんネットもできますが)、私は「本は本で読む(みたい)」人なのでこれもないな。という訳で却下。

希望はできればポケットサイズでネットもできてなどの理由から、iPod tpuchとなりました。

しかし、凄いですね。今のiPod(というかiPhoneと機能がほとんど同じ。電話がないだけ)なのアプリが凄い。なんでもありです。
もちろん、購入前にはどのようなアプリがあるかをリサーチしてから買ったんですが、なんとNCLEXの問題がフラッシュカード形式でインストールできたり、Medicalに関して言えば、ポケットサイズリファレンスのようなものもDLできたり、加え英語辞書から医学辞書までインストールできます。

なので、もちろん早速ではありますが、NCLEXのアプリをいくつかDLし、インストール。
これで、ちょっとした時にも問題ができると言うわけです。
インストールしたアプリ(NCLEX用)は、回答していくと何%の正解率というのがありがたくも出てくれるものもあり、面白い。

もちろん、私の大好きなNew York Timesの英語学習機能アプリもDL。

いやはや、素晴らしい文明の利器でございます。

画像もきれいだしねぇ。

日本では、Wifiルーターを購入するかもしくはWifiサービスを提供しているプロバイダーに入会し、そのプロバイダーが契約しているカフェやファストフード店などでしかネットができませんが、これをアメリカに持っていけばかなり楽勝でネットができるんですよね。
なにせFree Wifiが飛びまくってるので。

しかも、インストールできるアプリを上手に使えば、もうPDAとかいらないということになるでしょうねぇ。
なにせ既に日本でもiPadを用いて術中(清潔野に置きながら)にMRIの確認などをしている施設もあるようですから、今後はこう言ったデバイスが臨床では必須になってくる(もう取り組んでいる)ようになるでしょうから。

まぁ、そんな意味も込めて購入したんですけどね。

自分もこのiPod touchさくさくと使いこなしていい意味で何事も能率が上がるようになればいいなと思います。

|

« デザイン変更 | トップページ | NYでの達成すべき目的が一つできました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デザイン変更 | トップページ | NYでの達成すべき目的が一つできました »