« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010/08/24

やっぱりね

先日の日記で、GCの面接が10月になるかもぉ~。的なコメントを書きました。

先ほど、再度日にちをおいてVisa Bulletinの方を調べましたら、やはり10月の予定の欄の「DV-2010 applicants」が「DV-2011 applicants」に変更になっていました。

で、ナンバーは同じくASIAは9000番台まで。

…と言う事で、やはりGC面接は10月「濃厚」ではなく、「10月になる」模様です。
ただ、まだ通知が来ていませんのでハッキリしていませんが、その通知もはるばるケンタッキー州から今月末ないし、来月初めくらいには届くだろうと予期している最中です。


そんなこんなで、先日、外科医をとっ捕まえて(笑)Titerの採血オーダーを立ててもらいました。やった内容は、Mumps, Meales, Varicella, Rubellaです。
Mumpsだけが、(+)ではなく(+-)で、抗体価も基準値より若干多いくらいの値で、微妙な感じですが、とりあえず健康診断に必要とされる内容はそろったところです。

…と言うわけで、話が逸れましたが、面接はやはり10月の予定。
とりあえず、正式通知を待ちましょう♪

| | コメント (2)

2010/08/23

再発

いやぁ、まいった。

今日の昼頃から『あれれ?』と思っていたら、膀胱炎の再発です(涙)

昨年の帰国時、あまりの疲労のためか血尿混じりの超激痛を伴う膀胱炎を小学生以来患いましたが、どうやら、また膀胱炎にかかってしまった模様…。

今回は、血尿や排尿激痛はないものの、残尿感に見舞われております。

早速、外科の先生を捕まえて抗生剤を出してもらいましたが、その時に

「オシッコ我慢するからだよ~」

…と、言いやがりましたので、

「ええ、先週の金曜はオシッコに行けないくらい忙しく朝の3時まで人を働かせたのはどこのどの人でしたかねぇ?」

…っと、言ってあげました。

今回のは、慢性的な疲労に加え、先週の激務が祟った膀胱炎でしょう。

ああ、早く治りますように…。

| | コメント (0)

2010/08/22

あっという間に日が暮れる

土日は完全OFF制をとって、早1カ月…。

なのに、勉強が進まないのはこの猛暑のせいとしておきましょうsweat01


さて、前回の日記でうちの両親の話にちらっと触れましたが、早くて年内、遅くて来春には今の土地から離れ、引っ越しをするつもりでいるようです。

まぁ、もともと実家は持ち家だったのですが、諸々の事情により引っ越す事にはなるのですよ。

そんなこんなで、あの土地、この土地。
マンションか、戸建か。…等々、先月くらいからボチボチ探して始めているんですが、親元を離れて○十年。
しかも、これからも親孝行と言えるような事をしてあげられる機会はそうそうないと思われますので、一応、私の使える技術(ネット検索の素早さ 笑)を用いて、物件探しを暇さえあればしてあげてる最中です。

彼らの今後の将来を考えた上での私の希望としては。

①便利のいいところの方が…。
バス停、地下鉄、JRなどの公共機関の駅に近い。また、スーパーやコンビニなども近く、何かの際にお世話になる病院などへもアクセスがいいところをと思っています。彼らは、北海道人ですので車生活は欠かせませんが、これから10年後、15年後は車を運転できる体でいられるかどうかわかりませんので、ここはジックリ考えなさいと言ってあります。(+そういうところをメインに探しています)

②できればマンションが…。
彼らは長年、田舎の戸建生活でしたので、今更マンション生活も可哀そうかなと思いますが、年金だけの生活になる故、光熱費の事などを考えたら戸建に入るよりも集合住宅の方が周囲から温められるという効果もあり、留守でも意外と暖かいと言う事があります。(=暖房費が戸建よりも少額で済む)
冬の暖房費は北海道ではとても重要な事なので、熟考しなくてはなりません。

③そこそこの街へ…。
希望①でも挙げましたが、「公共の交通機関とかそこそこの規模の病院がある」となると、やはり現在住んでいる僻地では、かなり難しいものがあるのではないかと思っています。
頻繁に病院に通うようになるとか、入院を強いられるような病気になる事もあるかもしれませんので、そういった場合は、やはり住居から公共の交通機関が近くて、病院にも車なしでも行ける地区に住む方が彼らの今後の「ため」になると思っています。
しかも、小さな町(いわゆる現在の土地)よりも、「市」などの方が行政が発達していますし、色んな介護サービスもありますので是非ともそこそこの土地に移ってくれたらなぁ。っと娘心に思います。

…んなわけで、暑い日中は勉強をしても全然身に入りませんので、今日は物件検索で終了しました。

っていうかね、私 不動産屋でも生きていけるなって思いました(笑)
顧客のNEEDS・WANTSに沿った物件の検索…超うまいし、早いね(笑)
しかも、程良い物件が見つかればすぐに地図から公共の交通機関の割り出し、時刻表(1時間当たり何本のバスが走っているかとか、路線とか)、間取り図、外観図はあっても内装の載っていない物件は、しつこくネット検索し、今は表記できないWeb pageから掘り出してきたり(笑)…。

こういう情熱を勉強に回せばいいよ♪…と、本当に思う。coldsweats01

しかし、久しぶりに物件とか色々見たけど、なんだかあれね。
分譲とかでもさ、広さの割には収納が少ないのね。
これには、ビックリだわ。
物件なんて、考慮されたヒト生活動線に沿った間取りと収納があってナンボのもんじゃないかと思ってるんですが、ただただ広くてもねぇ。
収納がなければ、結局家具の購入もしなくちゃならないしね、そうなれば部屋も狭くなるってもんでさぁ…。
まぁ、私の検索していた物件の条件が、中古のしかも価格が低めのもの(築20年越え)ばかりだったからだと思うんだけどね。

それでも、古い物件にもいいところはあり、今風の住宅では収納の多さはあっても収納する個々のスペースが昔の物件に比べると格段に狭い。
築30年程度の物件になれば、和室の収納に一間半くらいの押し入れが付いていたりするから、これは相当ありがたい。

ということで、本日3~4件ほどの物件を母にご紹介させてもらった(笑)。
そうこうしている内に、今日も既に一日が終わろうとしていますが、これではいけないのでこれから勉強しまするだ。


部屋もやっと涼しくなってきたしね…。

| | コメント (0)

2010/08/21

ああ、年金

うちの両親は、すでに65を過ぎていますが、幸いまだ元気に働いています。

しかしながら、ちょっとした事からそろそろ年金Only生活に入る模様で、それに伴い家探しなどなど現在忙しい模様です。

で、20歳になった時から払い続けている年金。
看護師をしていると、必ずと言って厚生年金が給料天引きとなっていますので、いくら払ってきたかとか、昔はあまり考えてもみませんでしたが、両親がいよいよ収入のない生活になる事や、今後、自分がアメリカに長く住むであろう事を考え始めたら、自分の年金についてちょっと真剣に考えてみようと思いました。(丁度よく年金記録通知なるものも届きましたし)

昔、年金制度が始まった頃は、国が国民の老後を保障するような形で積み立てを開始したはずが、どこでどう間違われたのか…いや、間違ってはなくてただ単に老人が増えた、国の経済が苦しくなった等々の理由で、今はなぜか自分のために掛ける年金ではなく、老人をサポートするためのものに変わっていると思います。

勤めていれば、年々昇給もあり基本給から総支給額が増していくわけで、そうなれば自然と引かれる税金や年金の額も増額される訳で、多い時では月に3~4万くらいは年金が引かれていたようにも思います。

そこで、年金の事を調べていたら年金シュミレーター(いわゆる自分が65歳になった際にもらえる年金の額が計算できるというもの)を見つけたので、さっそくチェ~ック!!


年金は、通算で25年掛けていなければ、受給資格がありません。
私の場合、転居、転職などを数回繰り返したりしていましたが、この20年間(留学していた期間を除き)とりあえずは、数か月の未納期間(月を跨いでいる数週間でも支払いがなかった場合もその月は未納とされます)が発生してましたが、間違いなく年金記録はつけられており、今後最低でも5年間は掛け続ければ、受給資格は発生する模様です。

…で、問題のもらえる年金の額。

現、年金受給世代は60歳から年金をもらう事が出来ますが、私の世代では65歳にならないと年金がもらえなくなります。

その額は…… 年間で100万 Σ(@Д@;)


年間100万って…。
月にしたら8万くらいってことでしょ?
注:ちなみに年金は毎月支給されません。2か月に1度の支給となります。

がーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぁん。

8万ってかなり節約しないと暮らせないですね。(涙)
昔から、もらえる年金の額は(私の世代くらいから)かなり低くなるらしいよとは聞いていましたが、年間100万は想像を超えていましたね。
やはり、相当な老後のための貯金がないとそこそこの暮らしはできないと言う事になりそうです。

それにしても、私の世代で年間8万ですが、私よりも若い世代(現39歳以下)の人たちは、もっと少ない額になるはずですので、ご覚悟を。

まぁ、もらえないよりはもらえた方がいいので、来年渡米する際は、年金だけは任意加入にして渡米しようと思っていますが…。

渡米後だって、どうなる事やら…。

ああ、悲しき年金。

| | コメント (0)

2010/08/12

やはり2月の線が妥当かな

先日、毎月定例であるUS govの来月分のVisa Bulletinが発表になりました。

表記に間違い(DV-2011 applicantsがDV-2010 applicantsと表記されている)があるものの、あきらかにそこに表記されているNumberは、DV-2011分の面接予想番号だと(勝手に)思ってるんだけど…。

今年は、「例年より早いペースでDVの面接が進むだろう」という情報は入手していたけど、どうやらそのBulletinによるとASIAエリアで9000番台までの面接が施行される予定らしい。

おおおっと。

これは=『私の面接が10月には行われちゃうよ』という通知と解釈できる。(私のCase#は7100番台)

確かに、自己予想よりちょっと早くなる可能性があるなぁ。

今まで(過去の)の面接順から行けば、早くて10月末~11月中には面接がやってくるだろうと思っていたが、この調子だと10月中旬(もしくは初旬)~10月末と言う事になるかなと思う。
なにせ、ASIA7100番台だけれども、これはASIAエリアの話であって、日本で、しかも、東京の大使館で面接を希望している中でどれくらい早い番号なのか予想ができないので、どうなる事やら…。

とりあえず、来月早々にはこの面接のお知らせがKCCより届く予定なので、その日がわかってからクリニックの予約と、残高証明の申請をしようと思う。

しかし、面接が10月に行われるのはいいのだけど、これに合わせて健康診断を受けるとなると、来月中もしくは10月早々(面接日による)にクリニックに行かなくてはならず、渡米は健康診断の有効期限(6か月)が切れる前にされるのが規定なので、当初考えていた2月中が一番妥当な時期になる事は間違いなくなってきた。
当初は、10月末~11月面接とすれば最悪4月中の間に渡米すればいいかなと思っていたが、これが却下せざる追えなくなりそう。

まぁ、ここでの仕事ももううんざりだし、有給と週休をうまく使って年内(クリスマス頃で)今の職場とはさようならする予定でいたので、仕事の方は問題なしと。
持っていけるお金は、若干少なくなるけれども、しょうがないのでRNの資格がちゃんと取れて、採用される事が決まるまではなんの仕事でも合法でできるので、生活の心配は以前の留学時よりはないのでその辺は助かる。

なんだか当選通知をもらってから『あれと、これと揃えて…』などと意気込み、早々に返送するものはしてしまい、残りの書類もそう難しくなく入手しちゃったもんだから、後は何が必要だったか、おさらいしないと忘れちゃってる(笑)

でも、もう健康診断と残高証明くらいだったはずだから、再確認するだけで事は足りそうだけど。

当選通知を受け取ってから早2ヶ月半。
受け取った当初は、『まだまだ時間がるなぁ』なんて呑気だったけど、意外と早くその日が来そうですな。

ああ、英会話も少し思い出させなくては!!(汗)

| | コメント (0)

2010/08/07

とりあえず、母性終了

暑い毎日、なぜかとてつもなく忙しい毎日を送っております。
ここ2週間くらいむちゃくちゃ忙しくてみんなヘロヘロ…。もちろん、みんなヘロヘロだから一番お年寄りの私なんてもっとヘロヘロ。
今週だけでも忙しくない月の1カ月分の超勤を稼ぎました。

40歳のおばちゃんには辛いよ。

さて、なんとかかんとか母性(New born含む)の全(約)600問セクションを終了しました。

感想は…う~ん。
妊婦、出産間近、出産中、産まれたての赤ん坊のケアはそこそこできても産後の母のケアはできない看護師なんだ(自分がね)と言う事がわかりました(笑)

中でも産後ケアが一番正解率が悪く、マジで勉強するのに凹むくらいのでき具合で、それでも『まぁ、この後良くなればいいんじゃね?』くらいの軽めの気持ちで勉強を続けましたが、本当笑い泣きできるくらいに正解率悪し。

で、意外とジブン。
産まれたての赤ちゃんの観察とかできんのね(笑)(まぁ、Babyちゃんはある意味看るとことかやる事とか決まってるって言うのもあるけど)
母性の5セクション中、一番正解率が高かった。(ように思う)
まぁ、言っても5割強~6割ってところだけどね。今の段階では、このくらいで満足しておきます。まだ発展途上中なんで。

しかし、そこそこ勉強の勢いが付いてきたにもかかわらず、この忙しさのせいで、(勉強を)しない日、できない日も週に1~2日ほどありましたが、テキストの前でこっくりこっくりしながらも最低30問ほどは解いた自分をほめようと思います。

さて、お次は小児。
これまた苦手部門だなぁ。
発達段階とか全然わかんねぇし。
まだ、精神科の方が勉強しやすい(NCLEX的に)科と思っています。個人的に。

やっぱ、成人バンザイだな(笑)

| | コメント (2)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »