« やはり2月の線が妥当かな | トップページ | あっという間に日が暮れる »

2010/08/21

ああ、年金

うちの両親は、すでに65を過ぎていますが、幸いまだ元気に働いています。

しかしながら、ちょっとした事からそろそろ年金Only生活に入る模様で、それに伴い家探しなどなど現在忙しい模様です。

で、20歳になった時から払い続けている年金。
看護師をしていると、必ずと言って厚生年金が給料天引きとなっていますので、いくら払ってきたかとか、昔はあまり考えてもみませんでしたが、両親がいよいよ収入のない生活になる事や、今後、自分がアメリカに長く住むであろう事を考え始めたら、自分の年金についてちょっと真剣に考えてみようと思いました。(丁度よく年金記録通知なるものも届きましたし)

昔、年金制度が始まった頃は、国が国民の老後を保障するような形で積み立てを開始したはずが、どこでどう間違われたのか…いや、間違ってはなくてただ単に老人が増えた、国の経済が苦しくなった等々の理由で、今はなぜか自分のために掛ける年金ではなく、老人をサポートするためのものに変わっていると思います。

勤めていれば、年々昇給もあり基本給から総支給額が増していくわけで、そうなれば自然と引かれる税金や年金の額も増額される訳で、多い時では月に3~4万くらいは年金が引かれていたようにも思います。

そこで、年金の事を調べていたら年金シュミレーター(いわゆる自分が65歳になった際にもらえる年金の額が計算できるというもの)を見つけたので、さっそくチェ~ック!!


年金は、通算で25年掛けていなければ、受給資格がありません。
私の場合、転居、転職などを数回繰り返したりしていましたが、この20年間(留学していた期間を除き)とりあえずは、数か月の未納期間(月を跨いでいる数週間でも支払いがなかった場合もその月は未納とされます)が発生してましたが、間違いなく年金記録はつけられており、今後最低でも5年間は掛け続ければ、受給資格は発生する模様です。

…で、問題のもらえる年金の額。

現、年金受給世代は60歳から年金をもらう事が出来ますが、私の世代では65歳にならないと年金がもらえなくなります。

その額は…… 年間で100万 Σ(@Д@;)


年間100万って…。
月にしたら8万くらいってことでしょ?
注:ちなみに年金は毎月支給されません。2か月に1度の支給となります。

がーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぁん。

8万ってかなり節約しないと暮らせないですね。(涙)
昔から、もらえる年金の額は(私の世代くらいから)かなり低くなるらしいよとは聞いていましたが、年間100万は想像を超えていましたね。
やはり、相当な老後のための貯金がないとそこそこの暮らしはできないと言う事になりそうです。

それにしても、私の世代で年間8万ですが、私よりも若い世代(現39歳以下)の人たちは、もっと少ない額になるはずですので、ご覚悟を。

まぁ、もらえないよりはもらえた方がいいので、来年渡米する際は、年金だけは任意加入にして渡米しようと思っていますが…。

渡米後だって、どうなる事やら…。

ああ、悲しき年金。

|

« やはり2月の線が妥当かな | トップページ | あっという間に日が暮れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やはり2月の線が妥当かな | トップページ | あっという間に日が暮れる »