« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010/09/27

寒い…。

しかしなんだ、ここ最近 本当に涼しいと通り越して寒い感じがしてならない。
酷暑と言われた今年の夏は、本当にどーーーーーーーーしたんだい?と言うくらい暑くて、少し前まで、本当に少し前までデパートなどの売り場にある毛物の洋服とか見るのも嫌なくらい暑かったのに、最近は、そういう暖かい物を買いたくなるくらい寒い。

クソ暑かったこの前までの我が部屋の室温は、帰宅すると36度で、今は21度。

この15度のいきなり差についていけてません…。

ついこの間まで、T-シャツに短パンで全然OKだったのに、今はもうスウェットにトレーナーの自分。
しかも、うっとしいので髪の毛を束ねていれば、首筋が寒くて肩が凝りそうだし。

で、今週は雨だと言うので、日曜に夏の間放置されていた羊毛布団(もうこれがないと生きていけません。最近。)を日干し、叩いた際に出た素晴らしい埃の数々にすっかり鼻をやられ、昨日はくしゃみと無意識に流れ出る鼻水に泣かされたり…。(これは、気候と関係ないか。)

もう、10月はすぐそこだけど、10月ってもうちょっと暖かかったイメージが自分の中ではあるんだけど、今年はどーーーーーーなの?
こんなん寒かったっけ?日本の秋。

北海道ならまだしも、長年住んでる関東でこんな風に秋を迎えるのは初めてのように思う。
もう既に鍋とかうどん(温かいほうの)とか恋しいし。
いつもなら、「鍋」と言えば11月位から『そろそろ鍋だねぇ』なんて思ってたのに、まだ一応9月の今、既に鍋ものが恋しいです。

豚汁もいいかもね。

ああ、寒いよ~。

この時期に暖房点けるのもシャクなので、トレーナーの上にモコモコフリースで頑張ります。

温度域は幅広かった自分だが、この温度差についていけてません(涙)

|

2010/09/25

パンを焼く

Melonbread

今日は、気晴らし(?)と興味本位で、パン教室の体験をしてきました。

作ったパンは、三つ編みパンとキャラメルメロンパン。(写真左)

小さい頃は、うちの母にも若干余裕があり、よくパンを焼いてくれたという記憶が残っていて、ついでに、母の妹が遠方に住んでいたんだけど、そこの家に遊びに行くといつもお手製のパンを焼いてくれたという思い出から、『いつか自分もパン焼きをやってみたいなぁ』と言う思いがあって、今回に至る。と言った感じでしょうか。

パンを作るには、今は炊飯器でも…とか、発酵は電子レンジで…などなど、色々便利な事が出来るらしいんですが、やはりちゃんと自分で練って、発酵させて作ってみたかったので、今日の体験はとても楽しかったです。

なかなかパン生地を「練る」と言うよりは、「叩きつける」作業が難しく感じましたが、先生に手伝ってもらう事もなく、『こんなんで大丈夫?ダイジョウブゥ~?』と思いながらでしたが、出来上がったそれは、とってもふっくらでメロンパンの上に掛けた砂糖の控えめさもGOODな感じで大変おいしゅ~ございました。

キャラメルメロンパンは、下は普通のパンですが、上はキャラメル味のクッキー生地で見えるプツプツはキャラメルチョコチップです。
サックリふわふわ~で、上手に出来ました。

その内、いつか自分だけでノーマルなパンでいいので焼けるようになれたらなぁっと思う。

|

2010/09/23

お待ちします

NY JFK行きのANA便のキャンセル待ちは未だ状況変わらず。

今日、とりあえず電話をしてみよう!!と言う事で、AMCへ電話をしてみた。

…が、やはりネットで出てくる結果と同様で1~2月までのマイレージ分の座席はすべて埋まってると言う事だった。

ムムム…。

何か方法ないですか?という他力本願的な問いにも、コールセンターのお兄さんは優しく対応してくれ、色々考えた結果、とりあえずは目ぼしいところの日付でキャンセル待ちが「0」人のところでキャンセル待ち1番にしてもらった。

しかし、このキャンセル待ちも全然予想が付かず、予定が立たないので困ったもんだ。

この待ちの間、やはりDCに飛んでからNY入りするか。
または、今回はマイレージ使用をあきらめ、格安航空券でNY入りするか…。

マイレージと言っても空港使用料・税などで40000円程は支払わなくてはならないようなので、ある意味、考え方としては格安航空券で諸々込みで、格安なチケットで飛んだほうが安いのかも…という気にもなってきたが。

とりあえず、もう少し、考えてみようと思う。

|

2010/09/22

来た

先日受けた健康診断の結果が早くも到着。

この早さは、イコール梅毒感染はしていないと言う事になる(笑)ホッ。

しかし……このデカイ胸部X-Pを大使館に持っていかねばならぬ、そして多分、入国の際にも必要と言われるので機内持ち込みになると思うと、いささかうんざり…。

…なんて言ってもいられないな。

でも、ここで一つ問題発生。
アメリカでの就職の際、健康診断結果が必要と言う事で、今回のコピーを一緒に送付する事をお願いして+その料金も払ってきたのだが、肝心なコピーがどこにも見当たらない。
早速、クリニックへ電話し、その旨を伝えると、どうやらコピーのつけ忘れ立った事が判明。

直ぐに再発行し、送ってくれるという事。
ああ、良かった。

Vaccination recordは手元にあるもの。
その他の結果がないため、役に立つような立たないような…。
まぁ、でも再発行できて送ってくれるのだから、別にいいのだけれど。

多分、最後に対応してくれた新人さんっぽい受付さんが忘れちゃったのかな?とか想像してみる。
怒られてなければいいが…。

|

2010/09/20

ありゃりゃりゃりゃ…

健康診断も終わり、後は面接を残すまでだけど、まぁ、この時点でGCの取得確率は80%くらいかなと思ってるけど、なにせ面接の際に持っていく書類に不備があったりすれば、それはすぐ0%=GCホルダーの夢は奈落の底に突き落とされるわけですが。

一応、面接日も決まっているし、健康診断も受けちゃったので(健康診断から180日以内に渡米という規制がある)渡米日を決めなくてはならないかなっと思い、マイレージカレンダーを開いてみる。

ありゃりゃりゃりゃりゃ~。




1月から2月いっぱいに掛けて、NY行きの航空券は全てキャンセル待ち。

マジかぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

数週間前にみた時は、1月に2か所くらい、2月に3か所くらい空きがあったので、それのどこかにしようかなっと思っていたのに…。
キャンセル待ちというのが、どのくらいの確率で出るものなのか想像もつかないし、キャンセル待ちで予約しておいて、キャンセルが出ればラッキーだが、でなければ格安航空券を狙うしかなくなる。

しかし、その他の街は…と言えば、ANAからダイレクトで飛んでいるSF、LA、Chicago、DCなどは空席がたくさんある。
これを使わない手もないなと思うが…。
なにせ、私がNY以外に魅力を感じるChicagoもあるし、一度は訪れてみたいSFも含まれている。
もし、DCに着けば、前回キッチリ見てまわる事の出来なかったスミソニアンをじっくりみてから、あとは4時間半ほど格安バスに乗れば自動的にNY入りできる。

もちろん、ダイレクトにNYに入ってしまった方が、お金もかからないし、また荷物(たぶん最初はスーツケース2個ほどの予定)を持って街から街へ移動するのも…考えるとうんざりするし。

一応、自分的計画としてダイレクトにNYに入って…そこからやる事がたくさんあったんだけど…。

どうしよっかなぁ。

それよりも、国際特典航空券と言えば。
私の面接通知が来る前に、早々と我が弟君が2月のキャンセル待ちの特典航空券(NY行き)を予約した。前から、私がいるならNYに遊びに行く…と言ってはいたが、GCの面接日も決まっていない、しかも、GCが確実に取得できるかもまだ分かってない内から、『姉が住んでいる』と言う仮定を立て、チケットを予約しちゃう君は凄いと姉さんは思うよ。(これで、GC取得できずNYに行かなかったら彼らはどうするのだろうと思う)

|

2010/09/19

健康診断 終了

昨日は、東京の洒落た場所にある大使館認定のクリニックまでGCのための健康診断に行ってきた。

ビル…と言うよりは、マンションのワンフロアーを買い上げたようなクリニックで、あっさりとした感じの…よく言えば、クリニックらしからぬ感じのどちらと言えば何かの会社?という印象のクリニックだった。(どんなだ?)

予約の時点で、『当日は大変混み合っておりますので…』と言う事を言われたので、朝一から人がたくさんいるのかなっと思いきや、行った時は日本人女性2名に、白人家族(お母さんとその子供2人)が一組だけだった。

受付のお姉さん(たぶん、私の予約電話を受けてくれた人と思われる)は、外資系で秘書をしておりました。もしくは、海外で長く働いておりました。系の日本人だけど海外の臭いがプンプンする方だった。
もちろん、英語は超堪能できれいな英語を物腰柔らか~に、電話対応などしていた。

で、言われていた必要書類(パスポート、母子手帳、抗体価記録、写真)を提出し、ワクチンを受ける事についての同意書にサインをし、待つ事15分くらい…。

胸部レントゲン撮影に始まり、身長・体重、視力、問診を受けた。

身長は縮まっていず、安心(笑)
体重は毎日測っているので変化はなかったもの、『もしかして、尿検査もあるのかも』と言う勝手な想像で排尿を我慢していたので、少々重さに影響していたかと思う(笑)
視力も、最近 ちょっと物が見えずらい感があったものの1.2の1.5と素晴らしくよく(もちろん裸眼)、個人的に気になるのは近いものが読みづらい見えづらくなっている事くらいか(=老いだな)。
その後、梅毒検査のための採血を受ける。(梅毒の検査なんて受けることないからドキドキだよね。なにせ色んな血液さらされて毎日働いているから知らぬ間に変な抗原・抗体持ってたらどうしようなんて思っちゃうね)

で、待つ事 5分。

先生の診察をするという事で、診察室に通され、下着だけになれと言うのでパンツとタンクトップになり、その格好で血圧測定と目と喉のを診察。
しかし、この血圧計にビックリさせられた。
通常、こう言う感じのクリニックだと、デジタル物もしくはWristで測る簡易的なものを使用しているか、または、マンシェットに圧計が付いてるようなものを使うのかと思いきや、マンシェットの素材は昔懐かしいグレーの布製(現在、それのほとんどはナイロン製)で、しかも、それの長い事長い事…。(笑)
何週巻くんですか???と言うくらい長い…上に、マジックテープなどは付いておらず、マンシェットのお尻部分(巻きの終了した部分)を巻いたどこかにクイッと入れ込み、測定していた。
あんなマンシェット見たことないよ(笑)

その後、診察台に横になり腹部の触診検査。(この診察の時、『頼むから下腹部はあまり触診しないでくれ~。漏らしちゃうからぁぁぁぁぁ』と心の中で呟いていたのは言うまでもない)

先生は、チャイ系の30代そこそこくらいで、Mumpsのワクチンを打つ時にそのバイアルをつまみ、私に見せ、「オタフク」(←おたふくワクチンをこれから打つからねと言う意味と思う)と一言いい、スタンダードプリコーションに則り、手を洗ってからぷっすりとたくましい我が上腕に刺してくれました。

これで、一通りの健康診断は終了。
一番気になっていたその費用も、標準価格+ワクチン1本分+結果のコピー代金=34,000円程度で終了。

ああ、よかった。

結果は、問題なければ1週間後、宅配で送られてくる予定。

これで、全ての必要書類が揃う事となり、あとは、2週間後の面接に備えるだけだ。

|

2010/09/17

DV

いやいや、すっかり「秋!!」って感じでいきなり雨も多いし、気温もグ~ンと下がっちゃって、ビックリするね。

さて、「DV」と言えば、昨今の私のBlogで書かれているDV=Diversity Visa programの話か。と思われるかもしれませんが、今回は「DV」=Domestic Violenceについてです。

昔からですが、仕事中に知らぬ間に足や腕をどこかにぶつけ、青タン(打ち身の後の内出血痕)がよくできるのですが、最近は、これを「自己DV」と呼んでいます。
ぶつけたときは、どんなに仕事中でも覚えているのに、仕事が終わるとすっかり忘れ、そして、お風呂に入った時など『なんじゃこりゃ~(ジーパン風に…わからない方結構です)』となるわけですが。そんな「自己DV」痕が最近また多いです。

痛くても‘これ’を急いでしなくてはならい。 とか
マジ痛くても‘イタ~イ’とさすってる暇はない。 など

様々な大型機械やベッドなど堅くて重くて自分がちょっとぶつかったくらいでビクともしないものに囲まれ、忙しく物を取りに行ったり、移動したりしているとできちゃうのよねぇ。

忙しくなるとできやすい「自己DV」痕。

もう、夏もまっ盛りでもなくなって露出も少なくなってきたのでいいんですが、腕とかにたくさんできていたら夏は悲惨ね。
『ヤダ、何あの人?あんなに青タンができて…』 と思われるかもしれない。
幸い、この「痕」は腿などに多く、人様にみられる事もないので助かりますが。

ちなみに、よく物(柱など動かないもの)にぶつかるのは「老い」の始まり。とも聞きますが、同職場の20代もできると言うから、一言で「老い」ともいい切れまい。(ホッ。)

仕事中は、どんなに忙しくてもパタパタしないように心がけているんだけど、なかなかそうもいかない時もあるんでね。もうすこっし「DV」しないように流れ~るような動きで仕事しなくてはね。sweat01

で。 ちなみに、現在、右腿に2か所。左膝にデカイの1か所 ありマス。sweat02

|

2010/09/14

ジブン終わってるな…と思った瞬間

昨日、なぜかだかわからないけど日本の捕鯨問題が気になって色々調べていた。

まぁ、結局 未だに詳しくはわかってないけど、それを調べている時に…。

「自分が捕鯨問題についてガイジンに聞かれたらなんていうかな」って考えた時。

「くじら」=Whale が出てこなかった!! (・。・)…(・_・;)…(ー_ー;)

ジブンの英語もここまでかと思った。(涙)

|

2010/09/13

可愛くない!!

NYのSubway MAPは結構可愛くて好きで、未だにこの仮住まいにもポスターとして貼っています。

しかし、全然、知らなかったんですが、そんなSubway MAPのデザインが変更になっていたんですね。(6月にRenewalされたようです)

新しいものはコチラ

古いものは、少しバス情報などがゴチャゴチャしていて、駅名表示も小さめですが、新しいものは文字も大きく、見易さを考慮したデザインのようですね。

でも、個人的には古いほうのデザインがいいなぁ。
新しいのはなんだか簡素化されちゃってるようで、ちょっとしっくりこない。
それに、色使いもちょっと…。
可愛くな~い。

それにしても、古いほうのMAP…。
もう、手に入らないって事よね?
今の持ってる(貼ってる)分は大切に取っておかなくちゃ!!

| | コメント (2)

2010/09/12

They still exist in Japan

Cimg1027

9th Anniversaryでしたね。(現地時間は、今頃式典ででしょうか)

亡くなられた方々へご冥福をお祈りいたします。

私は、残念ながらアメリカに渡ったのは、2008年が初めてでしたので、この二つの塔を見る事ができませんでした。

しかし、彼らはミニチュアながら日本で存在しています。先日、友人とレンタカーでMini世界遺産を巡る旅をしてきました。
そこに、WTCがアメリカ部門の歴史的建造物として展示されていました。これは、その時の写真です。

来年あたりは、そろそろ記念公園がOpenする頃なのかなと思います。

最近では、このWTC跡地近くにイスラム教のモスクができる事で、ちょっとした論議になっているようですが、それはそれで難しい問題だなとも思います。
近隣地区に立てる必要はないだろう。という遺族の心境、でも、宗教の自由やイスラム教のすべてを否定する必要はないのではないか。という意見。
どちらももっともだと思う…けど、私が遺族だったらやっぱり「建てないでほしい」と思うだろうなぁ。

なんにせよ、こういう出来事は今後起きてほしくないって言うのが、宗教、人種、国籍を超えた誰もの思いなんじゃないかなと思う。

| | コメント (3)

2010/09/11

久しぶりの感覚

今日は、英会話の初日レッスンだった。

さすが、日本の英会話学校。
ロビーで待っていると、担任の先生が自分のクラス名を呼んで生徒達をクラスルームまで案内してくれる。

サービスですねぇ。(笑)

で、クラスは上級だったので、みんな結構話せるし、私以外はそのテキストをずーっとやってきた人達のようで、メンツもあまり変わってないよう。
お互い、レッスン前に前回のレッスンの話とかしてたから。

クラスの人数は4名で、なかなかいい感じで、ただ、テキストの内容が今回は中国経済の話だったので、なかなかディスカッションには難しかったものの、サラリーマンっぽい男性がクラスを引っ張って行ってくれたおかげで助かった~って感じ(笑)

楽しいクラスだったけど、ここは日本。
若干、NYでの学校のクラスのにぎわい(スペイン人が積極的にワァ~ワァ~暇なくしゃべる。とか)はなかったし、話題が逸れるようなトピックを誰かが出しちゃう。なんて事もなく、活発さはNYのそれには劣っていたけど、割といい感じに積極的なクラスだったなぁって思った。

なんだか久しぶりに語学学校に戻った感じで楽しかったよ。50分がとても短く感じたし、『え~、もう終わり?』って思っちゃった…。
これなら、週2回くらい行きたいけど、私のコースはちょっとだけ制限があるので、とりあえず週1回で50分間存分に話せるように頑張ろう。

それにしても、話し方あまり成長もなくこりゃ本当、頑張らなくちゃなって思った。
まずは、流暢さを出すためにも音読練習から始めようかな。

| | コメント (0)

自分の事は自分でやる

今の職場での勤務もあと3カ月となった(勝手に年末から有給消化するつもりでいますが)今日この頃。自分の中では、カウントダウンが早くも始まっています。

さて、DV-2012の詳細が発表になり、色々なサイトでその事について語られていたり、盛り上がっていたりします。私の場合、自分で申請をしましたが、中には業者に頼む方も多くいらっしゃる模様で、その某サイトでこのような投稿が。

「今年は自分で申請をしてみようかと思っていたが、DVの申請には写真のUPDATEが重要で、もし業者に頼んで規定通りの写真で送ってくれていなかったら不安だ…しかし、応募が完了すれば確認番号が発行され、それを自分が受理する事が出来るので、業者から確認番号がもらえると言う事は、写真も規定通りのものを送ってくれているということなのでやはり業者に頼もうと思う。」

と言う内容。

一言申したいが、DVの申請は業者を利用するも、しないも本人の自由ではありますが、その確認番号が偽物だったら…と言う事は考えないのだろうか?
もちろん、DV申請代行業者が悪徳な所ばかりではありませんが、中には悪徳な所もあるようですし、ハッキリ言わせてもらえば、DV申請は自分で十分にできるもの。自分でできるものを他人に頼んでどうする?まぁ、仮に業者に頼んでうまい事、当選したとしましょう。
業者に頼めば、面接までの書類手続きの仕方や、集めなくてはならない書類の指示、相談にものってくれ、手取り足取りで大変便利かつ安心かと思うが、業者はその後に待ち構えているアメリカ生活(職もない、住むところも一から、下手すりゃ言葉も通じない)にはついてきてくれませんよねぇ。

しかも、Electric entryの方法に根本的な勘違いをされているようで、写真は規定のサイズにはまっていれば、申請は受理されるし、されていなかったらその場で受理されないはずなので、写真が規定のサイズもしくはそうではないサイズでも受理され、その後、写真規定で当選、落選と振り分けられるのではないという認識を持たれた方がいいかと思う。

大体ね、全世界から1000万人以上の人たちが応募してくるDVの申請写真を、大雑把なアメリカ人がいちいち一つ一つ『これは規定外』『これは合格』とか選別するわけがないでしょう。つまりは、DVプログラムがどんな意図で始められていて、どのように選出されるのかという事を、きちんと理解していないからこういう事を思うのかなと思う。DVプログラムで一番重要なのは、応募者の生まれた国、いわゆる国籍なんです。DVプログラムは多国籍国家アメリカの在住者の国籍平均化のために行われているくじ引きだと言う事をちゃんと理解しましょう。

また、自分のPCで写真の編集がうまくできなくて…と言う事もあるのであれば、現代はネットの時代。色んな人が親切に写真編集の仕方などUPしてくれているのだから、それを見よう見まねでやってみるという事もしないのかと思う。

何が何でもアメリカに住みたくて、永住権がほしくて…と願ってるなら、なんでも自分で調べて、理解して、自分で実行するのが一番いいと思うんですが…。

自分の人生…しかも、このDVプログラムなんてある意味『博打』ですよ。
その「運」を他人まかせにするのはどうなのかなぁ。
自分の事は自分でやらないと後で泣くのは自分ですよ。

…と言うのが、私の感想。
この投稿には、今後、他人たちがどのようにこれをフォローしていくのか見届けようと思います。

余談ですが…。
DV-2012のInstructionを読んでいて、『ああ、私はDV-2011で良かった』と思った事。
今季からは、全て電子化=ネット対応になるらしいです。いわゆる、当選通知と言うものがなくなります。これはある種、通知を今か今かと待ち続ける必要がなく、一目瞭然で自分の合否(?)がわかるので便利かと思います…が、やっぱり『あなたは選ばれましたよ』というあの手紙がないというのは、私的に味気ないと思うであります。
来月の面接を終え、無事に仮免GCをGETできた暁には、オレンジ色の封筒に入ってやってきた選出通知を私は一生取っておくだろうなぁっと思います。

で、今季より電子化される事により、呼称もただの「DV」ではなく、「E-DV」となる模様。
DS-230などの提出書類などはどのように提出するようになるのか、ちょっと興味ありますね。私的想像としては…。Selectee's my pageなどがあり、Confirmation#またはCase#がLog in IDとなり、そこからダイレクト入力と言う形になるか…?と思っていますが。(E-mail対応だと誤送信、迷子メールになる可能性もあるため)でも、そうなるとまたPCで自分の写真を編集し、Uploadする必要があると言う事にもなるかぁ…。ちょっと面倒。まぁ、郵送代金がかからないですけどね。

| | コメント (6)

2010/09/09

やっと・・・

今朝ほどは、台風がクレイジーな高気圧を連れて行ってくれたおかげで、タオルケットだけでは薄ら寒く感じるくらいなった日本です。

この猛暑の間中、帰宅した部屋の中の温度は常に35度以上でした。

しかし、昨日は、初の27度台。
そして、今も冷房なし、窓を開けてはいますがちょっと肌寒いくらいで室温26度をマーク。

鈴虫も鳴き始めました。

ああ、こういうのを待ってたんだなぁ。

あのね、夏は好きですが、いつまでも暑いとですね、イラッと感も上がりますし、何物も腐ってしまいますし、やっぱ四季のある日本は、秋分の日が待っている9月にはそこそこ涼しくなるべきですよ。

よかった~。ほんと、良かった。

涼しくなれば、少しは勉強にも集中できるってもん……ですよ。タブン…。

で、関係ないですが。
この円高の勢いに乗って、来年の生活費に充てるべく先月50万程、今月30万程を米ドルに交換させてもらいました。
円高は、そこそこ嬉しかったりしますが、こんなに円高で実際アメリカに行った際は、経済事情が自分がいた頃よりもっと悪化しているんじゃないかとちと不安です。(=GC保持者でも就職が難しいという絵図らにならなければいいけど)

まぁ、その前に試験に受かれって話ですけどね。

| | コメント (0)

2010/09/08

Check up

いやぁ、今日は久しぶりの雨ですねぇ。
この夏の暑さのおかげで、「雨」という存在を忘れるところでした。

忘れずに済んでよかった~coldsweats01

さて、昨日届いた面接通知(なんだか受験のような話になっていますが)。

これに間に合わせるための書類で一番時間を要し、お金を要するのが、健康診断。
なので、早速、指定された期日に間に合うように、本日 健康診断の日取りを決め、予約の電話をさせていただきました。
世間一般の方もそうのように、うちの病院も夏休み期間なのでスタッフの夏休みとかぶらないように(一人休むだけでも、結構厳しい職場なので)配慮しつつ、且つ、面接日には絶対(結果が)間に合うだろうと予測される日に休みをもらい、クリニックへ予約の電話を…。

「○○clinic, may I help you?」

おお、さすがに受付は英語ですか!! っと、感心しつつ。
※ちなみに、このクリニック英語の話せる(医療英語含む)看護師を募集しております。

そんな思いっきり英語の応対に…「あ、アメリカ移民ビザの健康診断の予約をしたいんですけど。」とアッサリした日本語で返す私。(笑)

で、希望の日のそこそこいい時間で予約が取れた…

…と思った矢先に、クリニックから即電話がかかってきまして、時間を朝の早い時間にしてくれ、と。

ちょっとクリニックまで遠いので、最初に予約を入れた時間が良かったんですが、まぁ、そうも言ってられんので、了承し、予約終了。

スタンダードな健康診断費用 ¥26,250 にワクチン接種(¥7250/本~)などなどを色々と考慮し、6万位持って来いと…。

く~っ。泣ける。

しかも、今日、Webを再確認したら、Visaの申請費用も値上がってるため、DV 申請といえども、かなりお金は取られる模様。

多分、健康診断と合わせれば10~15万が私の元を去っていく事でしょう。
(健康診断時にどれだけのワクチンを打たれるかによりますが)

泣いても泣ききれん。
(まぁ、弁護士とか頼んで永住権取るとなればもっと費用もかかるので、安い方だし文句は言えないですけど…)

あとは、なぜか健康診断に写真がいるらしいんで、その写真の準備もしなくてはね。

| | コメント (0)

2010/09/07

決定

9月に入り、ちょうど1週間目の今日。

無事に、KCCよりGC面接の通知を受け取る事が出来ました♪

ああ、ちょっとモヤモヤ(書類不備だったりして~などと)でしたが、来てくれてホッとしています。(実は、うちの母の方が通知が来ない事にイライラしていた。笑)

日時は、予想通り10月上旬(しかも、超早め)
8時半の予約となっているので、何時に家を出たらいいのやら…。

さてさて、いよいよ健康診断の予約を入れなくてはですね。
あとは、銀行残高証明と、写真と…。
他の書類は揃っているので、ぬかりなく準備していかねばです。

| | コメント (2)

2010/09/06

The トライアル

もう、9月になりそろそろ1週間が経ちますが…。
いつまで暑いんでしょうか???? もううんざりであります。
どうせなら、このまま日本は亜熱帯地域になってしまってはどうでしょうか?とも思います。

さて、先日 公言した英会話学校のトライアルに行ってきました。

とりあえず、トライアルなので、クラスの種類とか流れの説明を聞き、自分の英語経験談をし…『ああ、きっとペーパーとかもやるのかなぁ』くらいに思いながら、受付のお姉さんが何も言わずにどっか行っちゃったので、のほほ~んと待っていたらいきなりアジア系の女性が「Hi !! 」なんて話しかけてきて… 抜き打ちの会話力テストが始まりましたsweat01

マジ、ビビった(笑)

『な・なんだよ。おい』 

とか思いながら、一応聞かれた事に答えてはいるものの…『なんなんだ~ぁ、このしゃべれなさ加減は!!』と焦りを感じながら、

10分か15分くらい話したでしょうか。

その女性が、『お話できて楽しかったわ~。じゃぁねぇ』って…。消え去りました。

しっかし、話し方の早い先生だったなぁ。
相手の話し方が早いと、こっちまで早くしゃべらないと!!って気になっちゃうのはなんなんですかね?
そんな事に動じず、大竹しのぶ並みにのんびり~ゆっくり~話せばよかったのに。(…と、後悔先に立たず)

で、とりあえずレベル分けで上級クラスらしく、次回から始まるレッスンの資料をもらってきましたが…。

いきなり、世界経済についてのTopicでしたcrying
しかも、今注目の中国の経済について。
「中国の経済は日本にとって脅威となるか否か」とかそんなんでした…。 泣ける…。

しらんっちゅーの。

でも、いい練習になるので、TOEFLクラスのSpeaking練習を思い出しながら、なんとかまともな意見を言えるように考えていこうと思いマッスルdash

| | コメント (2)

2010/09/03

とりあえず、お試し

最近、てんで英語をしゃべる機会もなくかなりやばくなってる私の英会話力。

来年の渡米を控え、「どげんかせんといけん」と思いつつも、英会話学校に通うか悩んでいましたが、費用がもったいなかったり、格安のオンラインものを始めようかと思ったけど、なにせ家のネットはワイヤレス。
有線に比べ、不安定でオンラインで英会話をするのにはちょっと不安があるので、どうしようかと思ってました。

で、こちら(関東圏)にいるのも年内と決め、その後は実家北海道の片田舎に戻れば英会話学校などもないような地域なので、年内だけ通える短期間のものを探してみた。

よく色んなカフェで見かけるカフェレッスンもいいかなと思ったりしたけど、1回3000円など自分の時給(給料を時給換算した場合)よりも高い金をなぜ払わなんにゃいかんのや!!っと思ってみたり…。(笑)

…で、そろそろGCの面接もやってくるし(=渡米が近い)、ちょっと切羽詰まってきたので某英会話学校のお試しレッスンに申し込んでみた。
10回コースで2万円弱。
1回換算にすると2000円弱。

まぁ、いいかな。っと言う事で、申し込みを決めた。

初レッスン込みのトライアルは来週の月曜。

あまりにも英語(特に話す部分)に触れていないので、ちょっと不安だけどちょっと楽しみなお試しレッスン。

これで、少しは勘が戻ればいいけど(というほどペラペラでもなかったけど)…。

| | コメント (0)

2010/09/02

もう少し…? それとも…?

9月になりました。
8月は本当に、よう働いた。
時間外40時間越え…。 昔も、これより時間外をした事があったけど、さすがに30歳なりたての頃の40時間超えと、40歳になってからの40時間超えは体に違うものが響いてる感じがする…(涙)

さて、先ほど、Mixiをチェックしたら、マイミクさんで同じDV-2011に当選した方が早くも面接通知を受け取ったと言う事だった。

彼女とは、同じ時期に当選通知をもらい、当選番号も近しい番号で書類を返送した時期もほぼ一緒でしたが、私のところには…まだ来ていません。

おやややややや。
(今日の帰り道は、面接通知がやってくる感覚があったんだけどなぁ…)


書類不備で失格か?(汗)
な~んて想像もしてみますが、来週いっぱいまで待ってみましょう。

なにせ、書類不備があっても無通知で失格になるらしいからねぇ。怖い怖い。

まぁ、多分大丈夫だと思うけど、万が一失格だった場合は…。
そうさねぇ。北海道に帰って両親を養いつつ暮らそうと思います。


無事に、面接通知がやってきたら、残してある半日週休を当てて健康診断に行かなくちゃねぇ。

さあ、来るかな?通知

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »