« DV | トップページ | ありゃりゃりゃりゃ… »

2010/09/19

健康診断 終了

昨日は、東京の洒落た場所にある大使館認定のクリニックまでGCのための健康診断に行ってきた。

ビル…と言うよりは、マンションのワンフロアーを買い上げたようなクリニックで、あっさりとした感じの…よく言えば、クリニックらしからぬ感じのどちらと言えば何かの会社?という印象のクリニックだった。(どんなだ?)

予約の時点で、『当日は大変混み合っておりますので…』と言う事を言われたので、朝一から人がたくさんいるのかなっと思いきや、行った時は日本人女性2名に、白人家族(お母さんとその子供2人)が一組だけだった。

受付のお姉さん(たぶん、私の予約電話を受けてくれた人と思われる)は、外資系で秘書をしておりました。もしくは、海外で長く働いておりました。系の日本人だけど海外の臭いがプンプンする方だった。
もちろん、英語は超堪能できれいな英語を物腰柔らか~に、電話対応などしていた。

で、言われていた必要書類(パスポート、母子手帳、抗体価記録、写真)を提出し、ワクチンを受ける事についての同意書にサインをし、待つ事15分くらい…。

胸部レントゲン撮影に始まり、身長・体重、視力、問診を受けた。

身長は縮まっていず、安心(笑)
体重は毎日測っているので変化はなかったもの、『もしかして、尿検査もあるのかも』と言う勝手な想像で排尿を我慢していたので、少々重さに影響していたかと思う(笑)
視力も、最近 ちょっと物が見えずらい感があったものの1.2の1.5と素晴らしくよく(もちろん裸眼)、個人的に気になるのは近いものが読みづらい見えづらくなっている事くらいか(=老いだな)。
その後、梅毒検査のための採血を受ける。(梅毒の検査なんて受けることないからドキドキだよね。なにせ色んな血液さらされて毎日働いているから知らぬ間に変な抗原・抗体持ってたらどうしようなんて思っちゃうね)

で、待つ事 5分。

先生の診察をするという事で、診察室に通され、下着だけになれと言うのでパンツとタンクトップになり、その格好で血圧測定と目と喉のを診察。
しかし、この血圧計にビックリさせられた。
通常、こう言う感じのクリニックだと、デジタル物もしくはWristで測る簡易的なものを使用しているか、または、マンシェットに圧計が付いてるようなものを使うのかと思いきや、マンシェットの素材は昔懐かしいグレーの布製(現在、それのほとんどはナイロン製)で、しかも、それの長い事長い事…。(笑)
何週巻くんですか???と言うくらい長い…上に、マジックテープなどは付いておらず、マンシェットのお尻部分(巻きの終了した部分)を巻いたどこかにクイッと入れ込み、測定していた。
あんなマンシェット見たことないよ(笑)

その後、診察台に横になり腹部の触診検査。(この診察の時、『頼むから下腹部はあまり触診しないでくれ~。漏らしちゃうからぁぁぁぁぁ』と心の中で呟いていたのは言うまでもない)

先生は、チャイ系の30代そこそこくらいで、Mumpsのワクチンを打つ時にそのバイアルをつまみ、私に見せ、「オタフク」(←おたふくワクチンをこれから打つからねと言う意味と思う)と一言いい、スタンダードプリコーションに則り、手を洗ってからぷっすりとたくましい我が上腕に刺してくれました。

これで、一通りの健康診断は終了。
一番気になっていたその費用も、標準価格+ワクチン1本分+結果のコピー代金=34,000円程度で終了。

ああ、よかった。

結果は、問題なければ1週間後、宅配で送られてくる予定。

これで、全ての必要書類が揃う事となり、あとは、2週間後の面接に備えるだけだ。

|

« DV | トップページ | ありゃりゃりゃりゃ… »