« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/29

ちょっと違うんじゃないでしょうか

今日は、看護師国家試験についてのある記事を見つけたので、それについて一言。

以下、要約して記事の内容を書きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経済連携協定(EAP)に基づき、2008年よりインドネシア、フィリピンから日本の看護師免許取得を目指している人達が来日し、今年、初の国家試験を受験した。

受験資格を得た254人が国家試験を受験するも、その合格者は僅か3名(合格率1%)という結果だった。

受験者全体の合格率(日本人)が90%に対し、外国人受験者の合格率が1%であったという結果は、個人の能力以前に試験のあり方に問題があるのではないかという声があり、厚生省は国家試験における用語に関する検討チームを設け、検討を重ねてきた。

その結果、難解な用語を平易なものに置き換える、難しい感じにルビを振る、主語・述語・目的語を明確にするなどの対応策が出された。

この検討は、外国人受験生に配慮したものであり、用語に関してのみであるが、こうした事を機に出題形式や内容がより洗練され、本当の実力を持った看護師(日本人を含む)を生み出す登竜門として機能する事を期待したい。

EPAという経済政策上の思惑を受けてのものではあるものの、これらの看護師たちは高齢。少子化が進む日本を救ってくれる存在ともなりえる存在である。

何より、希望を持って日本を訪れた人々を、対応不足がゆえに、失意と共に帰国させる事があってはならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、これを読んで諸外国で看護師の免許を取得した皆さん、または取得しようとしている皆さんはそのように考えますか?

私は、ハッキリいってこの文を読んだとき、「日本とはなんて優しい国なんだ」と思うと同時に、軽く憤りを感じました。
立場としては、私もアメリカで看護師免許を取得しようとしている「外国人受験生」であり、彼女たちと同じ立場であるわけです。

たしかに、日本語は英語などに比べて、主語・述語などが明確でない文章があるように思うし、そういう点を改善するのは是非やってほしい事であるけれども、「難解な用語を平易にする」「難しい感じにルビを振る」というのはちょっと違うんじゃないかなっと思う。

医学用語や看護用語の難解な表現は、自国の国試を受けてきた私たちにとっても難しい物だったし(現に未だに読むには苦労する用語もある)、実際の現場ではその漢字がふんだんに使われ、それを理解してこそ…なんじゃないかと思う。
臨床に出れば、看護記録も正しい漢字を用いて記載しなければならないし、今でこそ電子化が進んでいるから医師の書いた記録も読むに容易にはなったけど、それを振り仮名なしで読めないとなると実際の業務に支障をきたす事にもなるだろう。

その支障をきたす部分は、厚生省はフォローしてくれるのだろうか?

たしかに、日本語は他の国の言葉に比べ、「漢字」「ひらがな」「カタカナ」を用いて表現されるので覚えるのも大変でしょう、特に読み書きに関しては多大な努力を強いられると思うけど…。

違う…なんか違うなぁ。

そんなんやちゃったら、例えばアメリカの試験なんか「英語での医学用語はあなたたち外国人には難しいでしょうから試験は辞書使っていいわよ」というのと同じような事になりかねない。
それは、違うでしょ。

しかも、最後のくだりが私的に気に入らない。
「対応不足のために、失意と共に帰国させるような事があってはならない」

EAPという経済政策の元で外国人看護師の受け入れをする事にしているというバックグラウンドがあるにせよ、試験に受かる受からないが対応不足というのはおかしな話であって、それは個人の知識の問題であり問題が難しい事が原因だと言うのではない。
そもそも、諸外国の外国人看護師の受け入れのソレとは少々違った背景が日本の場合はあるのかもしれないからこういう観点になるのかもしれないが、そんなに(ある意味)優しい対応をしてもらえる外国人受験生がうらやましくさえ思える。
外国人の募集背景に違いはあれど、アメリカのそれはどうだろう?
試験に受からず失意の元帰国せざる得なくなったのとは別にして、試験に合格しているのにもかかわらず、思いっきり政府の対応不足もいいところな仕事っぷりのおかげで働けない人たちの方がどれだけの失意があるものか。

注:「ある意味」と言及した理由は、彼女(彼)らは3年間という期間で合格し、就職を得なければ強制帰国となるからです。アメリカなどの諸外国の外人看護師の受け入れに関しては、決まった期限はなく試験の合否、就職の可否にこだわらず、滞在は当事者本人におまかせ的な流れになっているところがあるため。

EAPを謳いながらも、実際の人員不足を外国人で補おうという視点も少なからずあるわけだから、「人員不足」を補うと言う点に於いては、日本の政府をはじめ、各病院は医療職員のQOLの向上を対策として考慮してくれた方がもっといい結果がでるんじゃないのかなぁっと個人的には思う。

なにはともあれ、日本が外国人看護師を受け入れる事には反対ではないので、是非とも受験志望者には頑張ってほしいと思う。

| | コメント (4)

2010/11/23

Manhattan発→Hogwarts

Harryネタ続きでスイマセンsweat01

先ほど、ネットの波をふらふ~らしていたら、何ともうらやましい記事を見つけてしまいました。
NYの公共交通機関であるMTAがホグワーツ魔法学校行きの列車を出すらしいです。

Alg_harrypotter_subway_new

なんと若者集うユニオンSqからホグワーツ行きの9‐3/4プラットホームのナンバーがお目見え!!

超~嬉しくないですかね?こんなん見たらhappy02

まぁ、列車を出す話もありませんし、これもHarryの公開に合わせて洒落ただけらしいんですけど、ウケル…。
っていうか、素敵過ぎる洒落だわ~。

コレ、Harry好きにはたまらないくらいのサービスです。とは、いってもコレ、ファンの仕業じゃないかという話なんですがね。

どこかの誰かが柱に真剣に突っ込んでない事を祈ります…。

来年はどんな事してくれるかな?
公開日はManhattanでウロウロしないと!!(笑)

ちなみに、↑の記事はコチラ

| | コメント (0)

最終章その1

Hpdeath とうとう来てしまいました。
Harry Potter最終章の上映。

まぁ、最終章も2部構成なので、とりあえず来年も見れるけど、気持ちの中では『ああ、これが終わったらもうHarryは見れないのねぇ』っと、原書の最終章を読む時と同じ気持ちになりましたねぇ。

…で、内容は。

あのぉ…なにせ本を読んだのが大分前で(2年くらい)、内容がかなり薄れてしまっていて、映画を見ながら『ああ、そうそう』と思いだす始末。
しかも、見た後も「復習が必要」と振り返りながら帰りましたが。

なにせ復習しようにもHarry全巻はNYの友人宅。
こりゃ~、NY着いたらさっそく復習しなくちゃ本当の最終章にはチャランポランになっちゃうですよ。

それにしても、回を増すごとにみんな大人になって…。
ロンもハーマイオニーも素敵になってるんだけど…。
なぜだろう?ハリーのラドクリフ君だけが青年というよりもどこかおじさん的に見えるのは…。

それにしても、やっぱ、Harryの映画は原書読んでる人向きのような気がしてなりません。
今回のは最終章でしかも2部構成だから、結構内容もそこそこ忠実に作られているような気もしますが、不死鳥の騎士団なんてかなり端折ってる感がありましたし、最終章を見るにはきちんとした過去の作品の兼ね合いとか色々なポイントを復習しておく必要があるなって思いました。

時間があったら、もう一度見に行く予定です。
(のちにDVDも買うのにね)

| | コメント (0)

2010/11/18

住居 in NY (仮)決定

ここのところ、異常な食べ過ぎにつき、ぷくぷくと順調に肥えています(泣)
そんな食べ過ぎ連続なのに、今日は自分で職場の子と食べようと杏仁豆腐を作っていく始末。加え、先生からPizzaの差し入れ(差し入れと言えば聞こえがいいが、スタッフの「食べたい!!」連呼に負けたと言う事ですかね...正しくは。)もあり、ああ、満腹です。

さて、来年の渡米に向けて色々な物(VISAに、航空券)があっという間に揃ってしまい、残るは当面の住居だけ…となっておりました。
暇な時間を見つけては…というよりも、する事がない時はそれしかしていないってくらいルームシェア検索をどれほどやってきたかわかりませんが、色々と吟味し、とりあえず、仮決定いたしました。

今回のNY生活では、住んだことのない地域にも挑戦してみたいってのもありまして、お隣のNJ、Queens地区、City(Manhattan)などなど探して、条件のいい感じのところもありました。
最初だけ、ちょっとリッチに前回よりもお家賃の高い…なんていうのも考えたりしましたが、『ちょっと待て』と、はやる気持ちにストップをかけ、渡米後の予定の立たない恐ろしい状況を考えたら金はやはり少しでも多く残しましょう。

…ということで、家賃も前回のNYでの家賃より若干安めで、しかも、またもやBrooklynという(笑)事に相成りました。
どれだけ、Brooklyn好きやねん!!って思われるかもしれませんが、まぁ、Cityみたいにあくせくしていないし、エリアさえしっかり選べば、かなりいい感じの街並みもあるんで、個人的に大好きですよ。

ってことで、今回はBrooklynでも足の踏み入れた事のないエリアですが、エリア的には悪くないと踏んでいるので(こう言う時、Google MAPって便利よねぇ)、入居はとりあえず2か月でお願いし、その後アパートが気に入ればそこでの生活も延長自由ってことなので、決めました。

個人的メッセージですが…。
「ふじパ~ン 今度は超近所だぜ!!(歩いていける距離) 3Av,4Avのいい感じのCafe巡りでもしますかね」

さ、私的仕事納めまで 残すところ丸1カ月となりました。
カウントダウ~ン♪

| | コメント (2)

2010/11/16

ぼぼぼぼぼぉ~

9月末から通い始めた英会話学校も残すところ、あと2回。

その内の1回を今日 終了してきたわけですが。
いつものグループレッスンとは違い、今日は違うクラス(習った文法を使って表現をするというもの)を取りました。

なんと、今日は他に生徒がいず マンツーマ~ン♪
ちょっと得した気分です。
まぁ、いつものグループレッスンも通常定員8名のところ、3~4人なのでとっても得した感じですけどね。

で、今日のレッスン。
形容詞の使い方だったんですけどね、テーマは「旅行」で行った先の事を形容詞(名詞+-ing形容詞 もしくは 名詞+-ed形容詞)を用いて見たもの、感じたものを表現しなさいというものでした。

いやぁ~、ぼぼぼぼぼぼボキャブラリーのなさに愕…。orz

なんていうかなぁ。
フツウに生活してて、友達と話してても(日本語で)そ~んなにたくさん形容詞(キレイとか凄いとかは使いますが)を多用する事ってないと思うんですよねぇ。
日本語でもそうなんで、英語でもなんかじゃなかなか難しくってねぇ。

いやいや、マイッタ。
まぁ、でもレッスンはいつもの先生じゃないけど、待ち時間にいつも話しかけてくれるアメリカ・テキサス出身の女の先生だったので、楽しく二人でワイワイ(?)をできたので良かったですけどね。

ああ、今のところの英会話も残りあと1回。
いつもの先生もオージーでのんびり屋さんでいい感じにゆる~いレッスンでそれはそれで好きだったんだけどねぇ。
とりあえず、こっち(関東に)にいる間のあと3回分延長するか、他のところに行ってみるか(1カ月だけ)考え中。

なにせ英語はPracticeあるのみ!!なのでね。

| | コメント (0)

2010/11/15

EMS

海外へ荷物を送るとか、日本の実家から何か送られてくるとかで一番便利なのが、郵便局のEMS。

私も、前回の留学でフル活用しましたし、家族もそれで荷物を送ってくれた事もありました。
もちろん、今回も是非 利用させていただこうと思っていました。

…が!!

本日、EMSの管理サイトからメールがあり(EMSのラベル登録などをしている人にしか送られてきません)、なんと今後はテロ規制のため、450gを超えるものは発送できなくなるとの事。

ガ~ン…。

対象国は、米国(マリアナ諸島などを含む米国領土地域)だけなので、他国の方は大丈夫だと思います。

以下のものが受け付けてもらえないものです。

・航空通常郵便物
・航空小包郵便物
・SAL通常郵便物
・SAL小包郵便物
・国際スピード郵便物(EMS)

○重量: 4 5 3 グラム (16オンス)以上のもの

これじゃぁ、テキストなどの本類は全く以って送れないって事ですよね。
(単行本除く)
悲しい…。
悲しすぎる…。

しかしながら、NYにはクロネコさんという強い味方(?)がいらっしゃいますので、そちらのサイトをチェックしたところ、宅急便に関しては規制はかかっていない模様なので、しょうがないので重い物を送るとなれば、そちらを利用するしかないかなと思います。

…という事で、アメリカへ留学される方、長期で行かれる方々は荷物の発送にはお注意くださいまし。

| | コメント (5)

2010/11/02

なかなか上がりません

先日、もうすぐでHarry Potter最終章PartⅠが公開というこで、「あなたはどのHarry Potterのキャラクター?」と言う占いをして、まんまと「HARRY POTTER」であることが証明された私です。

さて、NCLEXの方。
計画を何回も立て直し、えっちらおっちら勉強していますが。

ああ、なかなか正解率ってものは上がらないものだなぁっと、ため息をつく今日この頃です。

今のメインはLippincott'sですが。
呼吸器疾患は68%程度しか正解できず(まだいい方)、血液疾患なんて%出したくないくらいワケワカンナイ!!って感じでした。
マズイです。

まぁ、それでも始めた当初に比べれば、大分 「正解はコレ!!」と思える部分も多くなったから良しとしましょう。っと、一人で一人慰めをしながらやってます。

なるべく昼休みにもi-touchにインストールした問題(こちらはランダムに総合問題を出してくると言う優れもの?)をやってみたりしますが、そちらも(といっても昼休み中だったりするのでMAX20問程度)いい時は80%、悪い時は60%くらいで行ったり来たり。

こちらも、やり始めた当初は40~50%くらいの正解率だったので、まぁ、上がってはいるけど個人的目標としては、

コンスタントに80%
※もちろんLippincott'sの方もね

そうでもしないと、ボーダーがあがってるNCLEXに合格する自信が付きま千円(涙)

てな訳で、今月中にはLippin終わらせて、12月からは総合的な問題(本番形式)をガツガツ行きたいところです。

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »