« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/30

PROGRESSIVE YEAR 2010

2010年も あと27時間のみとなりました。

十人十色という言葉通り、人それぞれの1年があった事と思います。

さて、私自身 この1年振り返ってみてどうだったかというと。
最近、流行の『今年を漢字一言で表すと…?』という問いを自分に掛けてみて

整いました!!(シャキーン)

『 進 』

これが一番しっくりくるかなっと。

  • 1月:NYSED(NY Nursing board)へのApplyをするためにChild abuseのCertificateを取得。上記取得後、NYSEDにRN申請をする
    YOGAを始める
  • 2月:NY州RNに対してのMadatory courseであるInfection controlのCertificate取得。
  • 3月:2010年秋の留学(学生として)の情報収集
  • 4月:NYへ遊びに行く。
       NYSEDよりAcceptance letterを受け取る
  • 5月:DV2011当選Letterを受け取る
       必要FormをKCCを提出
  • 6月:アメリカ大使館への面接に向けて必要ドキュメントを集める
  • 7月:On-lineにてDV当選の確認をする
  • 9月:KCCよりグリーンカードの面接日通知を受け取る
       面接へ向け、VISA用健康診断を受ける
       パン教室の体験を受ける
       週1回の英会話を始める
  • 10月:VISA面接をアメリカ大使館で受け、仮永住権取得
  • 11月:NYでの住居決定
  • 12月:派遣勤務終了し、北海道へ引っ越す

ザッと振り返るとこんな感じです。
2008年にアメリカ看護師免許取得のために留学し、特に問題のなかった留学初年度も翌年2009年には停滞を迎え、帰国へと至る結果となってしまいました。
それから比べるとこの2010年は本当に色んな事をが進歩を遂げた1年だったなとシミジミ感じます。
なんといっても大きかったのはDVプログラムに当選した事が大きな大きな進展をもたらしてくれたように思います。

留学前から留学中、停滞期の私をかげながら応援してくれた皆さんに感謝しつつ、また、DV当選と共に知り合った方々との出会いにも感謝しつつ、来年はこのチャンスを無駄にすることなく2011年は新しい物語の起承転結の「起」を描ける事ができたらなぁと思います。

Thanks a lot 2010 & Thank you so much for all of you
 

| | コメント (3)

2010/12/26

アメリカで永住するために知っておきたい100の事 ①年金

怒涛の引っ越しが終わり、今はもうのんび~りした日々(といってもまだ2日くらい)を過ごしていますが…。

こののんびりした実家生活の残り26日間の間に渡米に向けてボチボチ考える事は考えて、やるべき事はやっておかなくてはなりません。

…という事で、永住するに当たり色んな事を調べて勉強していこうと思いますので、『アメリカで永住する為に知っておきたい100の事』と題してシリーズで、お届けしたい書き残して行こうと思います。(100もあるかどうかはわかりませんが、とりあえず10以上はありそうなので100にしましたcoldsweats01 )

で、まずは第一弾として、『年金』についてです。
(第一弾が「年金」というのはちょっと早いような気もしますが、まぁ、気になった事から挙げていきますのでお許しを)

※下記の年金の件については現在年金機構に確認中ですので、鵜呑みにすることのないようお願いいたします。

引っ越し前から気にしていた今まで積み立ててきた日本の老齢年金は移住した場合はどうなるのか?という事について勉強しました。

日米(だけではなく数カ国)には社会保障協定というのが存在するそうです。

いわゆる(かなり端折って言えば)各国の年金制度と日本の老齢年金の制度を合算するという制度です。
この協定内容を知るまで私は、日本は日本で任意で年金をかけ続け、アメリカはアメリカで年金を掛ける手続きをして、受領する年齢になった時に日本とアメリカから年金が出るのかなっと思っていましたが、そうではないようです。

詳細を説明しようと思いましたが、私が書くよりもサイトを見てもらった方が図式もあり、わかりやすいと思うので、コチラを参考にしてください。

(上記サイトを理解したと仮定して書きます)
…ということなので、つまるところは、アメリカで年金を支払えるような職につくまでは日本の年金を任意継続で払い続け、就職が決まり年金制度に加入できるようになったら日本の年金は払わなくてよい(二重掛けはしなくてよい)。という事になると解釈していいと思います。
そのかわり米国の年金を受けようと思ったら、アメリカで10年以上は働き続ける必要がありますけどもね。(もちろん、10年働かなくてもその間年金をアメリカで支払っていれば、帰国してもそのアメリカで支払った分は日本の年金にも反映されますから、ご安心を)
ただ、これを知っておけば無駄に重複して年金を掛け続ける(日本で任意加入をする)事を防止できると思います。

この社会保障協定は、米国以外に英国、ドイツ、韓国、フランスなどとも結ばれているようなので、海外にいらっしゃる誰かにも参考になればと思います。

| | コメント (2)

2010/12/25

怒涛の引っ越し

xmasMerry Christmas to allxmas

今、無事に北海道の実家にいます。

いやぁ、引っ越し作業はとっても泣きが入りました。
荷物がないつもりでも、ちょこっと買ってしまった洋服とか、本とか…あるもんですね。
しかも、たかが1年の生活。
意外と大変極まりない物でした(汗)

本格的にパッキングを始めたのは、18日からでしたが仕事納めの後半はなにかと出掛けなくてはならない用事も入り、一日中思う存分パッキングに専念できない日もあり、思いの外時間を要してしました。

で、荷物搬出の前日(22日)は、夜に心外のDr宅でホームパーティ(兼私の送別会)でしたので参加しない訳にも行かず、奥様の素晴らしく美味しい手料理を夜23時頃まで堪能し、そこからは徹夜…。sweat01

まぁ、致し方ない。それじゃなくちゃ物が収まらないんだから。

夜中には軽く泣きそうになりながら、あの服もこの服も捨て…捨て…捨てて…。
なんとかかんとか洋服はスーツケース3つにビチビチに詰めて、ダンボールを含め当初は5つの荷物のはずが、結局8つに膨れ上がるという始末。

全て(洋服を詰め)終わったのが搬出日の朝5時半。
そこからとりあえず1時間半くらい寝に入り、掃除と最終荷物整理をし16時に黒い猫さんが8つの荷物を持って行ってくれました。

今まで何度も引っ越し、パッキングをやってきましたが、今回が一番泣けたかも…。

年明けはゆっくりまたNYへ持っていく洋服を吟味し、今回は実家も引っ越しがあるかもしれないので、あまり残していくわけにもいかないから、また相当数の洋服を捨てることになるでしょうか…。
ああ、もったいないdespair

…ということで、2010年も残すところ あと1週間ですか。
ゆっくり振り返りながら、そして来年の抱負などもジックリ考えてみようと思います。

あ。あと、実家なんて渡米まで肥えないように頑張りますsweat01

| | コメント (0)

2010/12/22

仕事納め

先日、20日をもって世間より一足お先に仕事納めをいたしました。
当初の予定は、21日の午前勤務までだったのですが、超勤もたくさん余っている事と、パッキングが思いの外時間を要していて全然終わってないので、午前勤務分4時間を超勤の中からいただき、20日で仕事納めと相成りました。

いやぁ~、長かったような短かったような…。
まぁ、それでも『もうあの職場に行かなくてもいい』という安堵感と『いよいよ本格的に渡米なのね』というなんとも言い表せないような焦燥感と…色々ですが、とりあえずはこのアパート引き払わなくてはならないので、24日の帰省に向けて今は必死にパッキングです。

とりあえず、急きょお休みとなった今日は、少々のパッキング作業と、ブーツのかかとのリペアーと、元から予定を入れていた歯医者(最終治療=また新しいきれいな歯が入りました)へ行き、その後は横浜時代の友人と食事し、大学へもちらっと寄って麻酔科の先生たちと懐かし話をして帰宅しました。

それにしても、最終日が突然やってきたもんだから、スタッフの一人(どうやらとても私を慕ってくれていたみたい)が大泣きしビックリ!!
まぁ、ちょっともらい泣きしちゃいましたが、泣き顔でくしゃくしゃになりながら『今まで本当にありがとうございました!!』と、可愛いじゃないですか。
年齢はそこそこ(とはいっても20代)行ってますが、私の影響を受け、来年ワーホリに行く事を決めたようです。
頑張ってね!!

さてさて、明日は雨が止んだらBook-Offさんへ商談に行き、パッキングをし、夜は心外の先生がホームパーティをするというので、そちらに参加させていただきます。

なんだかんだと1年働いたけれども、人間関係や業務体系に問題はかなりあったものの、ありがたい事に帰国後直ぐに仕事も見つかり、住まい(寮という名の借り上げアパート)も上々な上に、一応目標額は貯金できたし結果All rightだったんじゃないでしょうか。
レベル的には(と、言える立場でもスキルもないけど)あまり高くはない病院だったけど、それなりに学ぶこともできたし、術式や介助の方法なども新しい知識を入れる事もできたので、そういう点では悪くはなかったなとも思えます。

とりあえず、今はパッキング(引っ越し)を優先でそちらに専念します。

一年間 お疲れ!!ジブン。

| | コメント (4)

2010/12/12

たぶん目標達成ならず

金曜の20時間労働(内超勤12時間)に続き、この週末 日曜の朝から病院のモーニングコールで起こされました…。

最悪。

4時間 働いた後、動いたノリで部屋をめっちゃ片付け中。(=現在、かなりMessyな状態です)

今月中に…というか、今週中に精神科部門をやっつけて、一通りLippicottの問題集を終えるつもりでしたが、どうやら無理のようです。

ああ、だからCallは嫌いよ(怒)

部屋も片付けなくちゃならないし、今年中にLippinの問題集の1週目終了を目標(これでも当初の目標よりも遥かにBehind scheduleなのに)は、たぶん…いや、絶対に達成ならないと思う。

ああ、予定が狂うわぁ~!!

ムカつくので火曜は金曜の超勤と他の日の超勤を合算して丸一日休みを取ってやろうと思います(`へ′#)
※まぁ、ムカつく…っていうのもおかしな話ですね。仕事ですからしょうがないけど。しかしながら、あれだけの超勤をさせておきながら、こちらから何も言わなければそれに代わる振替休暇を与えないのがこの病院。なので、自己申告でお休みをもらいますよ。

| | コメント (3)

2010/12/11

手相は物語る

はい、こんばんは。
今週も終わり、残すところ勤務もあと6日。

しかし、今日はさすがに20時間労働。
疲れたなぁ。
まぁ、超勤はごっそりいただきますよ。

さて、私と言えば結構占い好きですが。
まぁ、占いに書かれている事を完璧に信じるわけでもないですし、将来のことであればそういう事もあるかもなのね。くらいに参考にするために見たり読んだりするわけですが。

占いの中でも一番信頼を置いているのは手相です。
手相はわかりずらい部分もありますが、やはり星座や誕生日系で割り出す「○星占術」とかよりも個人その人にしかない手の相で占うのでこれが一番信憑性が高いかと思っています。

…で、先日。
ちょっと気になる事をちびっとググってみたらば…。

まぁ、ビックリ!!
私の手相に浮かび上がってる線の説明が「まさに!!」というくらい当たってまして(まぁ、ささやかな事ですが)驚きと同時に、「そうなる事を暗示していたのかぁ」とさえ思いました。

実は、留学から帰って来てから運命線から出る一つの線がとても気になっていたんですが、その線の出方がまさに「日本と海外など生活の基盤を二つ持つ手相」と手相占い師がイラスト付きで説明している線とドンピシャでした。
偶然ながらも永住権を得た今の状況としては、ホントにビックリするくらいの結果です。

手相はなるべく定期的に気にかけていると本当に刻々と変わっていきますので、手の相が変わってきたとき(新しい線ができた時)など今後も何かの暗示の可能性がありますからチェックは怠らずに行こうと思います。

みなさんも是非!!

| | コメント (0)

2010/12/07

あら。ラッキー♪

残り勤務もあと11日…。
(あ、今日が終わったので あと10日か)

の、はずでしたが。
今日、年末につけている有給の一部分が買い取り出勤になるということで、新たに1日有給が発生してしましました~♪

なんで、働き始めの頃から無意味に感じていた土曜の半日出勤のところに当てて、あと9日出勤になりました~!!

いやぁ~、悲すぃ…。実に悲すぃ…ですなぁ。あはははははは。

ついでに、今日は看護部の偉い人と話をしてきたんですが、まぁ、「この」病院以外で働いた事のある人にとっては、「この」病院はやはり「???」だらけのあきれ返るところが多すぎて笑っちゃうくらいの病院だということで盛り上がり(?)、そのお偉い様も今月いっぱいで実は辞めるんだそうです(笑)

な~んだ、仲間じゃん。(笑)

ま、そんなわけでお休み一個多くなり、土曜も休めるって事でそろそろ荷物の事業仕分けもしなくてはなりませんね。

| | コメント (2)

2010/12/06

再開

すっかり師走 12月になってしまいました。
私の勤務も残すところ、あと11日ほどで終了となります。
今日は、派遣会社の担当の人とも、派遣を終了する事を話し、あとは一応の退職願を書くのみですかね。

さて、本日 引っ越しの事でクロネコさんのHPを見ましたら、どうやらアメリカ行きの荷物の受付が再開されたようです。

ヤッターーーーーーーーーー!!

EMSも同様に再開です!!

料金はクロネコさんはセキュリティにかかる費用として配送代+4000円かかるらしいんですが、まぁ、EMSにするかクロネコさんにするかは決めてませんけど、ザッとみた感じ、若干高くても早ければいいと言う人は、EMS。時間がかかっても(と言ってもNYまでで10日くらい)安めの方がいいと言うのであればクロネコさんかなと思います。

アメリカに荷物を送る予定の方、安心しましたねぇ。

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »