« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011/07/29

(笑)

こういうので一人笑いの時間も必要よね。 堪能ください。

| | コメント (1)

2011/07/28

お決まりですが…

NCLEX系のBlogを書いているページはお決まりの「THE 私のテキスト紹介」を私もしてみたいと思います。

まぁ、今までも散々触れてきたので、今更って感じですが、とりあえず。

Saund1

基本はこれで。
評判ももちろんいいですし、ポイントを押さえてあるのと、わかりやすさはSaundersに限ると思います。
これにも、練習問題が載っているいますし、さらに科別にReviewが終わるとその科の問題が20~30問は解けるのでさらにいいと思います。
もちろん、付属のCD-ROMもGOOD。

私は、留学初期の時点でこれのメインポイントを読んで、要約し自分ノートを作りました。
でも、結局受験の遥か昔の話になってしまった感じですけど。でも、自分なりにまとめる作業は結構いいと思います。

Saund2

そして、↑でReviewをしたらいよいよQ&Aで力試し。
な~んちゃって。
私はこれを2周やりました。
最初は、40~50%程度くらいの正解率だったけど、さすがに私もバカではなかったようで、2周目は80%の正解率になりました。

答えの解説もとてもわかりやすいし、試験の時の読み解くポイントも書いてあるのでGOOD。

Examcram

これは、SaundersのQ&Aを始める前にやりました。NCLEXの試験会場であるPearson Vueが出しているのでいいのかなぁっと思って購入。
悪くはないですね。
ただし、あまり新しい系列の問題(Select all that applyとか図の問題とか)はありません。
でも、初歩的な知識に加え、ちょっと掘り下げたSaundersとかには出てこないような事が出てきて、それが知識になったような気もします。
5セクションに分かれていて、進めやすいですし、CD-ROMも、そのセクションに沿って作られていて正解率もちゃんと出るのでなかなか良かったなと思います。

あとは、これらに加え Lippincott Q&Aを1周、カフェなどではMosby's のcard式になった問題集(?)を1周、i-Pod touchにATIのアプリをダウンロードし、それを気の向いた時にシャカシャカやってました。
そして、最後は公式のOnlineを3週分取り、とりあえずやるだけやったと言う感じですかね。

そして、今思い起こすと怖い事に、薬品に関してはほとんど「無」で臨んだ感じです。いや、全然勉強する気あったし、最後の方に薬品の勉強をしようと思ってたんですが、勉強の時間がなくなって、結局、ポイントを押さえて、公式のOnlineので200問くらいやって終わった感じでした。

まぁ、全体としては、メインというか本腰いれてやった問題集は上記の3つとLippincott+公式Onlineですかね。
期間は、留学期間も入れれば長いですが、やったりやらなかったりだったので、最終的にドドドドーーーーーーーォっと根を詰めたのは4カ月くらいでした。

いやぁ、マジでこんな勉強量で良く受かったもんだと感心します。

以上、参考までに。でした。

| | コメント (0)

治験AGAIN

昨日、今日と2連休でしたが。
結局、昨日は、IKEAへやっとタンスを買いに行き、My favorite VAN serviceのマイケルとブルックリンからQueensの私ん家までドライブ。
タンスとイス(デスク用)とテーブルを買い、帰って来たのは午後5時。
そこから、とりあえずイスだけ組み立て(30分で完成)、着替えて我がNYの妹とGrand Central StationのOysterbarでSeafood三昧。最後の晩餐。

で、今日はまたもや治験AGAINです。

しかし、今回はSubjectとしてではなく、コーディネート側として参加。
そう、これが一つのRN系の仕事。
まぁ、RN系言っても採血するわけでなし、観察するわけでないので正確にはRNじゃなくてもいいんですが、RNの知識があった方がSubjectとDrや治験スタッフ間の医学的な通訳をするに便利だったり、Subjectのケアも行き届くんじゃないかって事でOfferが来ただけですが。

今日はとりあえず来週から始まる治験分のHealth check upに見学参加。
Subjectのみなさんもそこそこ英語が話せるので、特に私の出番もなしかな。
問題は、来週のお泊まり。
スケジュール通りにきちんと物事が進むように、色々気配りができるか心配。
まぁ、On time行動が大好きな自分なので、大丈夫かと思いますが…。

でも、製薬会社側に「彼女はRNでして…」と紹介されると、ちょっとドキッとするね。
ヤベッ責任感じるぅぅぅみたいな。

そんなかんじで、今度は治験のSubjectではなく、ケア側で治験に参加です。
来週は、2泊3日で軟禁されます…。

| | コメント (0)

2011/07/26

Pearson Vue Trick

先日は2連続で気温が40度超えのNY。
私は実はカイロとかナイジェリアにいるのかな?と感違いすらしました。

さて、先日 公式ではありませんが、NY stateより簡易合格通知を受け取りました。
Pearsonで撮ったねむそーーーーーでむっとした素敵な写真付きでした…。

ところで、NCLEXの結果と言えば$7程度を支払い48時間後にPearsonの自分のアカウントから見えるのが最速と言われていますが。

これには、実は裏技があるのをご存知でしょうか?
知ってる人は知ってると思いますが、かなりAll nurses.comあたりでは話題になっており、Tryする人が増えています。
みんなはこれを「PVT(Pearson Vue Trick)」と呼んでいます。

もちろん、公式ではありませんし、しかも確実に合格!!を保障できるものでもないですが、ある程度の合否の指標にすることができるらしいですし、実際、私も試してIt workedだったのでご紹介します。

では、PVTとはなんぞや?と言う事で、説明しますと。
試験終了後(早ければ1時間くらいで)、Pearsonの自分のアカウントにLog inし、

'Our records indicate that you have recently scheduled this exam. Please contact your Member Board for further assistance. Another registration cannot be made at this time.

というPop upが現れた場合、これは合格を意味し、「Good Pop Up」と呼ばれています。

また、これとは別に

'The candidate currently has test results that are on hold. A new registration cannot be created at this time.'

というPop Upが現れた場合は、テスト結果をレビュー中で、合否が判定できていないと言う事らしく、Failの可能性があると言う事らしいです。

やり方の詳細は、コチラ
※もし、リンクが飛ばない場合は、Allnurses.comで「Pearson VUE trick」とか検索すると出て来ます。

このトリックを使用して、実際合格した人は97%程度のようです。でも、このトリックをやってみてGood Pop Upが出たにも関わらずFailだった。という報告はAllnursesの中で、私は見たことがありません。

ちなみに、私も試験後 ふらふらショッピング…と思っていたんですが、6時間の疲れと『試験終わったんだなぁ』という脱力感でそれどころではなかったので、帰宅し、PVTをTryしたところ、Good Popupと呼ばれるサインが出てきて、ビックリして(確実にFailだと思っていたので)泣いてしまい、ルーミーのアメリカ人の兄ちゃんを呼びつけ英語を読んでもらったりしたものでした。

試験直後に直ぐに結果…となると、なんだかいいような悪い様な気もしますが because, みんなNCLEXのためにはそれなりの時間と労力をかけてきている訳ですからね。
とりあえず、FailならFail、PassならPassをさっさと知って次への気分転換をしたいわ!!って人には最適なTrickだと思います。

| | コメント (0)

2011/07/24

なかなか忙しい(ここ1週間の雑記)

最近は、かなり忙しくしています。

え?バイトがって?
まぁ、バイトも平常通りに戻ったんですが、それに加え、NCLEX PASSの余韻に浸る暇もなく…毎日何かしらする(Event)事があり、いつになったら私は解放されるのだ?と言う感じで、以下、今までのスケジュールです。

7/14    NCLEX受験(朝8時から6時間の格闘劇)
7/15・16 友人の友人が経営するMoving companyのHelper(連続2日間 Connecticut)
7/17    翌日の引っ越しのため、一日中荷造り
7/18    引っ越し、その後IKEAにてDrawerを購入しVANサービスでPick upの予定がVANのタイヤがパンクし、後日に。
7/19    バイト再開(しょっぱなから8.5時間労働)、その後、治験グループと焼き肉
7/20    バイト(5時間労働)後、友人とThai料理堪能+QueensからのManhattanの夜景堪能
7/21    治験 打ち上げ飲み会
7/22    我がNYの妹と話題(?)のShake ShackへGO、その後、Brooklyn Breweryで一杯

…と言った感じっす。
上記に「治験」と言う言葉がありますが、実は、6月からの1ヶ月間治験に参加していました。
本当は、1ヶ月半のスケジュールでしたが、皆さんご存知の通り高熱を出し、あえなく志半ばにして(?)Drop out。
しかし、この治験のメンバーがまたいい人たちでね。
超仲良しになっちゃって、色んな縁ができました。

未だにDrawerが購入できていないため、部屋が全然片づきません…。
なにせほとんどは洋服なもんで。

ついで、一応FREEの今日は、新しいAptのキッチンと風呂を大掃除。
なんて言ったって、私的にはEwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwなレベルだったので、もうガシガシやらせていただきました。
それでも、まだ足りないと思ってますけどね。一気にやると疲れるので今日はこのくらいで。

で、先ほども「縁」と書きましたが、いやぁ、本当 この治験を通してちょっとした仕事のOfferが数個 舞い込んできています。
もちろん、RNとしての仕事、それ以外のサイドビジネス的な仕事など。
で、明日は早速RN系のPart time jobのお仕事のお話を聞きにバイト後行ってきます。

そんでもって火曜はやっとIKEAにDrawerを買いに行き、夜は我が妹との最後の晩餐(彼女はLAに嫁いでしまうため)。

来週は半ばあたりから自分の時間ができそうです。

そうしたら、もう8月じゃないかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
読みたい本もたくさんある、BLSも申し込まねば…。

ああ、なんかホッとできるのはいつなの?

| | コメント (0)

2011/07/18

やらねば…

NCLEX受験日の翌日とその翌日、友人の頼みで引っ越し屋さんのHelperをしました。
(大邸宅のお引っ越しでPackingの作業)
受験後のKind of 達成感や合格の余韻に浸る時間もなく、2日間にわたり16時間と100Boxesの他人の荷物をPackingとUnpacking。

昨夜の帰宅(ご飯食べてから帰って来たけど)午前1時半。

そして、明日。
自分の引っ越し…。
未だ、何一つ手つかずのまま…。

眠い…。
でも、やらねば。

でも、大邸宅の引っ越しのPackingの後だから、自分の荷物の量がとてもかわいく見える。

| | コメント (0)

2011/07/17

どっちにするか

NCLEXをPASSしたら、マイレージの復路も余っているので就職が決まる前に一度帰ろうと思っていました。

だから、うまく行けばこの秋。
延ばしてもこの暮れ。

かぁ~って。

で、日本のANAコールセンターに電話してみたら、10月も11月も12月もいっぱいだって!!

あらま。
一応、10月の初旬にキャンセル待ち0人のところに2か所マークしてもらい、来年年明けに帰る事を検討中。

どうしたもんかな。

| | コメント (0)

YES!!

手っとり早く…





NCLEX PASS しました!!


長い間、応援してくださったみなさん ありがとうござます。

自分としては、まぐれ としか思えないこの結果。
でも、一度 Pearson VUEで「PASS」を見ましたので、間違いナシ(訂正はさせない)ってことですね。

一応、受験日は縁起を担いでDV-2011の当選番号「7174」にかけて「7月14日」にしてみたり…。
気持ちに迷いが生じたり、PCトラブルに合わないようにと月のボイド時間を避けたり(占い知ってる人はわかりますね)…。

細か~く条件設定してみたのが、勉強よりも功を奏した様に思います。(こんなこと書いたら殴られそう)

とりあえず、「受験」「合格」という第一段階はCLEAR!!
やっと3年前に意を決して来た留学の目的の第一歩を踏み出せる感じです。

あめでとーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぉ!! 自分

| | コメント (5)

2011/07/16

3年がかりの大仕事終了

いやぁ、ちょっとひさしびしな感じのUpですけども…。

何を隠そう、一応頑張ってX-Dayにむけて勉強していました。
まぁ、もちろん今は学生ビザの身分ではないので、仕事(W job)と勉強の両立でしたので、かなり時間も遮られましたし、ちょっぴり辛かったですが、仕事前後に図書館通いしたりと結構勤勉にやってました。

まぁ、でもやってたと言っても自分のノルマ的には、最終的に完璧にこなす事はできず、なんだか中途半端感じで試験を迎えてしまったわけです。しかも、その間 ちょっと個人的に精神的ショックなことがあったり、引っ越しを考えて部屋を探し始めたり…。
色々ありました。
しかも、受験生らしからぬ感じでよく遊んだしね。
勉強不足は自分のせい、しょうがないですわね。

いくらやっても正解率は40%~50%だったり、60%だったり…。
もちろん、問題集も2週目になれば80%を取る事はできていましたが、2週目で80%くらいとれないと自分的には情けない…と思うので、あまりこの結果には期待していませんでした。

X-Dayにむけての最終3週前からは公式Onlineコースを取り始めましたが、ここに来て邪悪なBacteriaに侵され、久しぶりに39度超えの高熱を出し、3日間は勉強のストップ。
な、もんですから3週のコースもスケジュールが押せ押せになっちゃって、とりあえず問題を解くだけ、レビューはナシ!!という特殊な使い方をしてしまいました。

そうして、やっとこさっとこのX-Day!!
もう、こんだけ自分的に準備不足で、正解率の低すぎる結果が出ている上に、せっかく体調(生理が重ならないとか)も考慮して日にちを決めたのに、生理不順になり試験の2日前に生理はやってくるわ、その日に限ってMetroカードを忘れるわ、前日から買っておいた水も忘れで、もう色々条件そろい過ぎだし『Fail確実!!』と言う自信を胸に受験したので、全然緊張の「き」の字もなかったように思います。

試験内容は、最初のPilotと言われる10~15問が、本当の本当にUnfamiliaな問題ばかりで。
『え?何言ってんの、コレ????????』くらいな問題でした。
なもんですから、そこからは 『ああ、私は75問最低ランク落ちね!! I got it』って気持ちで問題を解く事…6時間。

ええ、最長のMAXの6時間を使わせていただきました。
でも、解いた問題は150問でしたけど…。
なにせ試験最中に、全く違う事を考えていたり、ぼーーーっとしたり、まぁ、一番はいつも早とちりするので問題をゆ~っくり読んで、Multiple choiceもじ~っくり読んでと言う事に気を配ってはいたせいもあると思いますけど、6時間…。
長かった…。

私はPriorityの問題ができていなかったようで、そればっかり…。
思ったほどPharmaが出なかったのに、安心し、並び替え問題も1問のみ。
計算問題も2問のみ。
精神科は…たぶん10問もなかったような…。
Managementが多かったような気もするけど、もうあんまり覚えてません(笑)

ま、そんなかんじで私らしいNCLEX受験だったなって思いますが、2008年の留学から3年掛けた割には、前準備かなり不足ってのが情けないですね。

あとは結果を待つのみ!!
とりあえず、



お疲れっした!!

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »