« 焦らずに...でも、計画的に | トップページ | My History »

2012/04/27

1ヶ月経ちましたが…

入職してから早くも(?)1ヵ月がたちました。

最初の10日間は、ほぼオリエンテーションの日々で終わり、4月の初旬から中旬にかけて約2週間ほど現場で歳食ったプリセプティをしながら手術に関わる日々。

で、先週よりうちのHealth care group独自のEducation systemであるSpecial education course for Perioperative nursing courseに参加しています。
コースの内容は、基礎の基礎を習うといった感じです。
特にNew Grads向け、そして、経験者にはReviewといった感じのコースですが、私にとっては、アメリカで受ける初めての(いや、Nsの全体オリが最初かな)医学(看護)教育といった感じです。

…で、このコース。
毎日盛りだくさんの上、最後の方はExam の嵐で、今日はその第一弾であるTerminologyのテストを終えたところです。

最初は「こんな短期間でこんなに(70の術式、40のSuffix Preffix)覚えるの無理だし!!」とちょっと怒りモードでしたが、Passing rateを90%と設定されており、結構厳しいなぁっと思っていましたが(90%いかなかったからと言って解雇にはなりません)、3問ヤマが外れて(ヤマをかけるなよ)捨てましたが(実はGuessで答えることができたけど捨てちゃいました)、ギリの91%で通り抜ける事ができましたww

自分では、ヤマはかけたものの、頑張ったで賞をあげたいと思います。(笑)

そして、来週はMedication examに加え、Gown technique, Instruments recognization exam, Final examと立て続けに「えぐざむでぃ」となります。(勘弁してほしいし)

あとは、Examsに加え、またもや高機能マネキンを使って、PeriOpシュミレーションもやらねばです。(PtへのPeri-Op アセスメント、情報収集などなど)

このコースを受けているFolksは全部で10人程度。
CST(Certificate Surgical Technician)が3名、RNが8名(内New Grads 5名、Experienced 2名…Including me:-)、Experinced RN but new to ORが1名)

なかなか面白いです。

そんなこんなで、『う~ん 知ってるけど、英語でなんて言っていいかわかんないや』的悩みは毎日の事ながら、楽しくやっております。
もう一人のExperienced RNとはお互い今後CNORを考慮しているという事で、Keep in touchで行こうという話しにもなりましたし。

こうやって、アメリカの色んな事情をアメリカンRNsと交換して交流が深まっていけばと思いまする。

|

« 焦らずに...でも、計画的に | トップページ | My History »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 焦らずに...でも、計画的に | トップページ | My History »