GC取得まで

2011/02/27

WOW!!

アメリカ入国からちょうど1カ月が過ぎました。
生活には、もちろん慣れ(1年半住んでたんだから当たり前)、今回もそこそこ順調(いや、他の人から見たらかなり順調)に過ごしています。

さて、今朝ほどNJの友人から「姉さん当てに手紙が届いている」と。
先日、住所変更したのに、なんだよと思うじゃないですか。
もしくは、住所変更に何か足りないドキュメントでもあったかと思ってましたら…

グリーーーーーーーーーーーーーーーーンカードが既に届きました!!

WOW! Suuuuuuuuuuuuuuuuper Fast!!

だってですね、大使館からのお達しでは入国後2~3カ月で指定の住所に届くよというはなしだったんですよ。まだちょうど1カ月です。
しかも、先日住所変更したサイトから自分のStatusをチェックしたら、未だに「Initiative」だったのに。

本物ですかね?(笑)

でも、私のイケテない方の写真が使われているし(笑)
しかも、カラー写真だったのに、写ってるのはモノクロでなんだか幽霊みたいです。

まぁ、でも本物でしょう。
US govの御親切な「GCの保管にこの封筒を使うといいよ。Wireless communicationから守れるから」的な小さい封筒なんかもついていて、あとはWelcome Guideなるもの(ただのさらっとしたリーフレット)も入ってましたんで。

同じDV-Programに当選している方もよまれているので、上記以外の詳細を申しあげますと。
・手紙が友人宅(=私が指定した住所)に到着した日:2月26日(入国から丸1カ月目)
・メールの種類:USPSからのPriority Mail

でした。

ちなみに、一応 Expired Dateは10年後になってます。
更新は、その日付の90日前から受け付けてるらしいです。
(10年後はどうなっているのかな。)

これで、すべて揃ってしまいました。
あとは、必死に勉強し、NCLEXに合格し自分のGOALに向かって一つ一つStepUpしていくだけですね。

ああ、ビックリした。
実は、この手紙を友人の職場に取りに行った時は、ルーミーのお兄ちゃんもいたのですが、二人で道端で「WOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOW!!」とBIG WOWしたのは言うまでもありません。

…と、言うわけでこれで公式にPermanet residentになりました。

| | コメント (2)

2011/02/20

住所変更

今日は、SUUUUUUUUUUUPER WindyなNYです。

先日の、NJからの荷物の中に「イミグレからの手紙が来ていたから入れておいたよ」と友人から言われ、早速チェックしました。

たぶん、SSNと同じくらいにNJの友人宅に届いていた模様です。
内容は、

①Welcome letter
②Receipt notice

でした。
どちらも対して変わりはない感じでしたが、これが来ると自分の「Receipt number」「Applicant number」というのがわかります。
これはとても重要なようで、自分のStatus確認や、住所変更(前にも書きましたが、US citizen以外の永住者、留学生、J-Visa,H-Visaの誰でもはUSCIS(US. Citizenship and Imigration Service)に届ける事が義務になっています)の届け出、その他お問い合わせに必要な番号になります。

…という事で、この2つの番号を獲得しましたので、早速 NJではなく現在住んでいる自分の住所へのAddress changeをしてみました。
※この番号がなくても、USCISのサイトからOnlineで住所変更ができますが、お金がかかる模様です。

USCISのサイトはもちろん全て英語ですが、丁寧にDirectionされ、次のStepに導いてくれるので大丈夫だと思います。

ちなみに、住所変更する際や、自分のStatusの進行状況などを確認する際は、

①サイト左にある『CASE STATUS』という所にReceipt#(Welcome letterやReceipt noticeの左上の番号)を入力

②『CHECK STATUS』をクリック

③あなたのStatusページに移動しますので、そのページの左枠内の『Change of Address Online』という所から手続きができます

※ちなみに、このStatusページでは自分の書類審査がどのくらい進んでいるのか(書類審査中とか承認されたとかGCが投かんされたとか…ということが確認できます。
私は、まだ書類審査中でした。

これで、無事に数カ月後 GCが私の方の住所に送られてきたら、バンザイですね。

USCIS

| | コメント (0)

2011/02/17

キタ

やれば時間通りにできるじゃないか。アメリカ人

…ということで、きっちり入国から3週間でブツがやってきました!!

Ssn ※これは見本です

と言ったわけで、一つもやもやが晴れました。
ただの紙っぺらだけど…(苦笑)

| | コメント (2)

2011/01/26

とうとう入国

25日成田で先に送っていた荷物を引き取り、規定よりも8Kgもオーバーウェイトで超過料金を6000円ほど払い、予約していたシート(3列シートの通路側)の隣は誰もいず、思う存分3個の枕と毛布と座席を使ってグーグーと熟睡しながら、本日 無事にアメリカ(NY)へ入国しました。

イミグレの審査は、事前に色々な先輩(?)(先にDVに当選していた)方々のブログやら意見やらの通り、US residentの方へ並びましたが。
『(勝手に開けてはならない)オレンジの封筒を持っていると移民だと気づいてくれる』という話もなんのその別に何の指示もなかったので、一応こちらから「あのぉ~、今日移民で初のランディングなんですけどぉ」と係員に声をかけ、「じゃあ、○番のカウンターね」と指示されたけど、普通のカウンターでした。

その後は、普通の入国審査と同様電子指紋採取をしてイミグレOfficerが念入りに勝手に開けてはならないオレンジの封筒をジャキジャキっとあけて、中身をCheck。
そして、想像していたように別室送りになりました。

別室送りと言っても、オレンジの封筒の中身と書類の内容を再チェックしてるだけで、あとはインクでの人差し指だけの指紋採取をされただけでした。
指紋を採取してくれたお兄ちゃんOfficerに最後に「You won the lottery! Good Luck!!」と言われ、終了。

色々とまた何か質問されるのかと考えていましたが、それもなく普通の入国審査よりちょっとだけ時間がかかったくらいで終わりました。

あら、あっけない。

※ただ、最初のイミグレOfficerに「NJとNYとどっちに住むんだ?」(私のアメリカの住所がNJの友人の住所になっているため、税関申告書と相違があると言う事で聞かれました)と聞かれた事が、今後SSNカードやGCが送られてくる時に住所変更せずとも、今いる私の住所に送られてくるのかしら???と思ってみたりもしますが、そこでGCとかが届いた時に新たにレポートします。

…という事で、無事に2度目の(厳密には3度目)NY生活の始まり始まり~。

でも、街の勝手がわかるっていうのはある意味ストレスないね。
とりあえずの生活必需品もスススーっと買いそろえる事が出来ました。

| | コメント (5)

2010/10/07

仮免到着

寝ても寝ても眠いのはなぜでしょうか???
週末の出張~VISA面接の疲れが未だに残っているのかなぁっと思いながら、今週も一週間が終わりますね。
この週末はのんびりできるはずなので、キッチリ体を休めようと思いマッスル。

さて、月曜に終えたVISA面接ですが。
本日、無事に大使館からレターパックが届き(本当は昨日届いていた)、通行手形 仮)移民VISAが到着しました。

意外と早いねぇ。
大使館の仕事。(これ、F-1取った時も書いたような気がする…)
早い人なんか、翌日に届いたらしいですから。

この 通行手形 仮)移民VISAは、アメリカのVISAを取得した事がある人ならおなじみの「あの」お札っぽい「VISA」とかかれたVISAシールがパスポートの貼られている状態です。

加え、レターパックには入国時・入国後の注意事項と、SSNの説明、私が決して開けてはいけないドキュメント(たぶん、大使館に提出した物とKCCに提出した物が入っていると思われる)が同封されていました。

ああ、これで本当にする事は終わり。

入国の際は、このドキュメントに加え胸部X-Pを持って行かねばです。

ご苦労様でした、ジブン(笑)

あとの難関は、関所越え。
入国にどのくらい時間がかかるか、きちんと認可されるか、何質問されるかってところですね。

あ、ちなみに…。
仮免と言えば友達が車の方の仮免に合格したらしいです。
オメデトウ!!(笑)

| | コメント (0)

2010/10/04

爆笑!! VISA面接

さて、本日は朝一の指令でアメリカ東京大使館に行ってきました。
そうです。いよいよDVのVISA面接の日でした。

残念ながら、天気は雨…というか霧雨模様。
朝も、予定で起きる時間よりも1時間も寝過ごし、ちょっと焦りましたが待ち合わせ時間には遅れることなく到着し、前回(F-1VISA)の時と同様、セキュリティチェックを受けて入館。

本日は、「移民VISAだけの日」だったのか、1~10番までのカウンターはぜ~んぶ「移民VISA」と書かれていました。

で、まずは入館時に取った番号を呼ばれ、指定の提出書類を指定されたカウンターへ提出。対応してくれたのは、優しい感じの日本人のおじさん。

次に、VISA FEEを払ってその領収書を持ってくるよう言われたので、今度は支払いカウンターへ。〆て$817をクレジットでチャリ~ン。
その領収書を持って、さっきのおじさんのところに戻って、ちょっと不安に思ってるSSNについて質問したら…。
まぁ、親切に教えてくれて、しかも初永住権を取得した人にあげる用の(本当はGCと一緒に同封されてくるらしい)SSNの手続きが書かれたプリントをくれました。
で、次はフィンガープリントで呼ばれるから待つように、と。

さて、フィンガープリント。
これもいつものごとく、指紋が取れない…取れない…取れない…。(涙)
担当の人はちょっと素敵なアメリカ人で、日本語と英語とちゃんぽんで取れない指紋認証コンピューターと格闘していました。

さて次、いよいよインタビューに呼ばれ、ここは全て英語でした。(たぶん、日本語で…と申し出れば日本語も可能だと思う)

ここが一番面白かった。面接官(?)はにわとりっぽいアメリカ人。(ヤセ型の長身、30代前半)
右手を挙げて宣誓から始まり、最初の質問が…

「なんでアメリカに行くの?」

(は??なんで?って聞いたの今?なんでってなに???)
「(ロタリーに当たったからに決まってんじゃんよ的な勢いで)ああ、ロタリーに当たったんで…」

で、そこからはどのくらい会話しましたかねぇ。
結構しゃべってました。笑い込みで(笑)
内容は…
・なんでロタリーに応募したのか
・アメリカにどのくらい行っていたのか、何を勉強していたのか、看護学も勉強したのか、アメリカの看護師として登録しているのか、試験はいつ受けるのか(私が「看護師として働きたい」と言ったくだりからの質問)
・いくら資金があるのか

…ここで、ワタクシ こっぱずかしいミスをば。
資金は○百万あるといいたかったのが、「○百」ばかりが頭を回り…「○○…ハンドレッド………円!!」(バカ丸出し)
「○ヒャクエ~ン??」と面接官。
そりゃそうだ。○百円じゃ日本でも暮らせない(笑)
『間違えたーーーーーーーーーー』と笑ってごまかしながら、財政証明出してるから見ろと言い、「○百万デショ~」と言い直され…。
笑ってごまかす。

・結婚しているのか
ここでは、バツイチなので「Used to」と答えさせてもらったら…。
・いつ結婚したのか、何年間結婚していたのか、子供はいるのか

…で、「ジャ~、 権佐え門トカ ソウイウナマエハツカッテマシタカ~?」
(なに?なんて?権佐え門と言ったか今?)
「なんだって?何言ってるの?」と聞くと
「I'm just kidding…ククク」って。オイ!!(汗)

・今どこに住んでいるのか

…ここからもちょっと漫談チックだった。
「今は○○県だけど、実家は北海道だよ」というと、「アイ ライク ホッカイドーーー!!」

で、次に彼の言った言葉は…「アメリカ ニ ヒッコスッテイッテ リョウシンハ オコラナカッタ?(英語)」
(なんで、怒るねん???)
「なんで~?怒ってないよ~。応援してくれてるけど(英語)」

で、このくだりから
「キョウダイ イルノ?」
「ジャア、リョウシンノ セワハ オトウトガミルンダネェ」(余計な御世話じゃ)

さて、面接も終盤か?とおもった頃。
「キミハ アメリカニ ヒッコシテ、ボクガ ホッカイドウニ ヒッコスヨ~」
っていうから、
「OK,じゃあ、あんたがうちの両親の面倒見てね~。」と言えば
「イイヨ。ジャ キミハ ボクノ リョウシンノ セワシテネェ。タイヘンダヨ~」

…って。
こんなんでいいんか?VISA面接!! と言った感じで終了。

最後には「コングラッチュレ~ショ~ン」で〆ていただき、無事GC認可。

朝8時半から始まって、お昼近くまでかかるかと思った手続きも、10時前には終了。
意外とスムーズで事が運び、あとは渡米日を考えるだけですね。

…と言う事で、日本でするべきGC手続きはすべて完了となり、これで、GC取得まで98%のところまでやってきた感じです。
残り2%はアメリカ本土での入国の際の審査でおとされる事もあるらしいので、その関門を突破するのみ!!

お疲れさまでした。

| | コメント (2)

2010/09/22

来た

先日受けた健康診断の結果が早くも到着。

この早さは、イコール梅毒感染はしていないと言う事になる(笑)ホッ。

しかし……このデカイ胸部X-Pを大使館に持っていかねばならぬ、そして多分、入国の際にも必要と言われるので機内持ち込みになると思うと、いささかうんざり…。

…なんて言ってもいられないな。

でも、ここで一つ問題発生。
アメリカでの就職の際、健康診断結果が必要と言う事で、今回のコピーを一緒に送付する事をお願いして+その料金も払ってきたのだが、肝心なコピーがどこにも見当たらない。
早速、クリニックへ電話し、その旨を伝えると、どうやらコピーのつけ忘れ立った事が判明。

直ぐに再発行し、送ってくれるという事。
ああ、良かった。

Vaccination recordは手元にあるもの。
その他の結果がないため、役に立つような立たないような…。
まぁ、でも再発行できて送ってくれるのだから、別にいいのだけれど。

多分、最後に対応してくれた新人さんっぽい受付さんが忘れちゃったのかな?とか想像してみる。
怒られてなければいいが…。

|

2010/09/19

健康診断 終了

昨日は、東京の洒落た場所にある大使館認定のクリニックまでGCのための健康診断に行ってきた。

ビル…と言うよりは、マンションのワンフロアーを買い上げたようなクリニックで、あっさりとした感じの…よく言えば、クリニックらしからぬ感じのどちらと言えば何かの会社?という印象のクリニックだった。(どんなだ?)

予約の時点で、『当日は大変混み合っておりますので…』と言う事を言われたので、朝一から人がたくさんいるのかなっと思いきや、行った時は日本人女性2名に、白人家族(お母さんとその子供2人)が一組だけだった。

受付のお姉さん(たぶん、私の予約電話を受けてくれた人と思われる)は、外資系で秘書をしておりました。もしくは、海外で長く働いておりました。系の日本人だけど海外の臭いがプンプンする方だった。
もちろん、英語は超堪能できれいな英語を物腰柔らか~に、電話対応などしていた。

で、言われていた必要書類(パスポート、母子手帳、抗体価記録、写真)を提出し、ワクチンを受ける事についての同意書にサインをし、待つ事15分くらい…。

胸部レントゲン撮影に始まり、身長・体重、視力、問診を受けた。

身長は縮まっていず、安心(笑)
体重は毎日測っているので変化はなかったもの、『もしかして、尿検査もあるのかも』と言う勝手な想像で排尿を我慢していたので、少々重さに影響していたかと思う(笑)
視力も、最近 ちょっと物が見えずらい感があったものの1.2の1.5と素晴らしくよく(もちろん裸眼)、個人的に気になるのは近いものが読みづらい見えづらくなっている事くらいか(=老いだな)。
その後、梅毒検査のための採血を受ける。(梅毒の検査なんて受けることないからドキドキだよね。なにせ色んな血液さらされて毎日働いているから知らぬ間に変な抗原・抗体持ってたらどうしようなんて思っちゃうね)

で、待つ事 5分。

先生の診察をするという事で、診察室に通され、下着だけになれと言うのでパンツとタンクトップになり、その格好で血圧測定と目と喉のを診察。
しかし、この血圧計にビックリさせられた。
通常、こう言う感じのクリニックだと、デジタル物もしくはWristで測る簡易的なものを使用しているか、または、マンシェットに圧計が付いてるようなものを使うのかと思いきや、マンシェットの素材は昔懐かしいグレーの布製(現在、それのほとんどはナイロン製)で、しかも、それの長い事長い事…。(笑)
何週巻くんですか???と言うくらい長い…上に、マジックテープなどは付いておらず、マンシェットのお尻部分(巻きの終了した部分)を巻いたどこかにクイッと入れ込み、測定していた。
あんなマンシェット見たことないよ(笑)

その後、診察台に横になり腹部の触診検査。(この診察の時、『頼むから下腹部はあまり触診しないでくれ~。漏らしちゃうからぁぁぁぁぁ』と心の中で呟いていたのは言うまでもない)

先生は、チャイ系の30代そこそこくらいで、Mumpsのワクチンを打つ時にそのバイアルをつまみ、私に見せ、「オタフク」(←おたふくワクチンをこれから打つからねと言う意味と思う)と一言いい、スタンダードプリコーションに則り、手を洗ってからぷっすりとたくましい我が上腕に刺してくれました。

これで、一通りの健康診断は終了。
一番気になっていたその費用も、標準価格+ワクチン1本分+結果のコピー代金=34,000円程度で終了。

ああ、よかった。

結果は、問題なければ1週間後、宅配で送られてくる予定。

これで、全ての必要書類が揃う事となり、あとは、2週間後の面接に備えるだけだ。

|

2010/09/08

Check up

いやぁ、今日は久しぶりの雨ですねぇ。
この夏の暑さのおかげで、「雨」という存在を忘れるところでした。

忘れずに済んでよかった~coldsweats01

さて、昨日届いた面接通知(なんだか受験のような話になっていますが)。

これに間に合わせるための書類で一番時間を要し、お金を要するのが、健康診断。
なので、早速、指定された期日に間に合うように、本日 健康診断の日取りを決め、予約の電話をさせていただきました。
世間一般の方もそうのように、うちの病院も夏休み期間なのでスタッフの夏休みとかぶらないように(一人休むだけでも、結構厳しい職場なので)配慮しつつ、且つ、面接日には絶対(結果が)間に合うだろうと予測される日に休みをもらい、クリニックへ予約の電話を…。

「○○clinic, may I help you?」

おお、さすがに受付は英語ですか!! っと、感心しつつ。
※ちなみに、このクリニック英語の話せる(医療英語含む)看護師を募集しております。

そんな思いっきり英語の応対に…「あ、アメリカ移民ビザの健康診断の予約をしたいんですけど。」とアッサリした日本語で返す私。(笑)

で、希望の日のそこそこいい時間で予約が取れた…

…と思った矢先に、クリニックから即電話がかかってきまして、時間を朝の早い時間にしてくれ、と。

ちょっとクリニックまで遠いので、最初に予約を入れた時間が良かったんですが、まぁ、そうも言ってられんので、了承し、予約終了。

スタンダードな健康診断費用 ¥26,250 にワクチン接種(¥7250/本~)などなどを色々と考慮し、6万位持って来いと…。

く~っ。泣ける。

しかも、今日、Webを再確認したら、Visaの申請費用も値上がってるため、DV 申請といえども、かなりお金は取られる模様。

多分、健康診断と合わせれば10~15万が私の元を去っていく事でしょう。
(健康診断時にどれだけのワクチンを打たれるかによりますが)

泣いても泣ききれん。
(まぁ、弁護士とか頼んで永住権取るとなればもっと費用もかかるので、安い方だし文句は言えないですけど…)

あとは、なぜか健康診断に写真がいるらしいんで、その写真の準備もしなくてはね。

| | コメント (0)

2010/09/07

決定

9月に入り、ちょうど1週間目の今日。

無事に、KCCよりGC面接の通知を受け取る事が出来ました♪

ああ、ちょっとモヤモヤ(書類不備だったりして~などと)でしたが、来てくれてホッとしています。(実は、うちの母の方が通知が来ない事にイライラしていた。笑)

日時は、予想通り10月上旬(しかも、超早め)
8時半の予約となっているので、何時に家を出たらいいのやら…。

さてさて、いよいよ健康診断の予約を入れなくてはですね。
あとは、銀行残高証明と、写真と…。
他の書類は揃っているので、ぬかりなく準備していかねばです。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧