Job Hunting

2012/03/05

Summary of 就職活動 in the US

さて、一応 就職も決まりましたので、自分の経験だけの就職活動をサマリーしてみたいと思います。

まずは...

1)就職活動期間 : 2011年10月26日(Job fairから開始)~2012年2月23日 (丸4ヶ月間)

2)応募数 : 15箇所
        (NYC(5Boroughを含む)内 8ヶ所、NY州内(5Borough外) 7ヶ所)

3)面接数 : 4 

4)応募方法 : 病院のホームページを通しての直接応募
          人事担当者へのE-mail
          Job searchエンジンからの応募
          ※郵送でのResume受付は行っていないところがほとんど。

5)募集傾向(US) :※2011~2012にかけて。その年によってNeedsが変わるので要注意 

  • Experienced RN
    最低でも応募したいSpecialityで2年の経験は必須、しかも、アメリカ経験の方が好まれる
  • CRNなどの資格を持っていると好まれる
  • 基本的にBSNを持っていると就職活動の幅は広がる
    しかし、絶対ではなく、Associate degree,Diplomaでも十分に応募できる(実際、私はDiplomaしかありません)
  • BLSの保持は必須(Speciality、または病院によってはACLSも必須)

6)面接内容(日本との違い)

◆日本(自分の5病院に転職した経験上)

  • 面接らしい面接(かしこまったと言う意味で)はほとんどなし(大学病院の時くらい)
  • 面接に行けば、就職決定も同じ
  • “What if...” Questionはされたことがない
  • 看護部長との面接がほとんどで、配属部署の師長との面接はしたことがない

◆アメリカ

  • 面接はResume上で勝ち得た一つの機会でしかない
  • 就職への決定打は、個人の資質と病院側のNeedsとのマッチング
  • Interview Styleは病院によって様々であるが、基本的なinterview Questionの準備は必須(もちろん、即座に答えられる自信があれば準備の必要なし)
  • 病院によっては面接前にNCLEXまがいのテストを行う病院もあり
  • 人事との面接と希望部署の師長との面接の2回行われることが多い
  • 日本人には慣れないShow off的な演説力が必要(?)=謙虚さは要りません

こんな感じだったでしょうか。

募集傾向に関しては、本当にNew Gradsを募集していない病院が目立つ上に、時期的にManager Classが退職の時期なので、Charge Nurseができる、Managerレベル、Coordinatorレベルの人材募集も目立っています。
そして、もちろんVisaサポートは現在してくれません。ですので、既にH-1Bを持っている、永住権がある、Citizenであるなどの合法Visaがないと応募はできますが、選出はされないと思います。

経験も、日本での経験を売りにしたいのなら、一つの病院もしくは一つのSpecialityで確固たる経験を積まれる事をお勧めします。とくに、手術室、ICU、NICU、ERなどなど特殊施設への就職を希望されるのでしたら尚更です。しかも、あまりにも沢山 派遣などで‘あちらの病院’‘こちらの病院’を渡り歩いているような感じであれば、面接時に退職理由を聞かれ(病院によっては全て理由を聞かれます)、答えるときにも大変ですが、あまりにも短い期間で他病院へ動くことは日本同様良い印象は与えないかもしれません。

日本の経験は、病院によっては買ってくれるようですが(実際、買ってくれた病院が面接してくれたと思います)、派遣会社でさえ「US経験がない」と言ったら二度と電話はかかってきませんでした。「US経験がない」という理由だけで就職するまでに至らないと言うことでしたら、Internshipを利用する手もあるかと思います。実際に私も、思いの外、仕事が決まらないなぁっと思っていたときに、他州のInternshipを探し、問い合わせを始める予定でした。
あとは、病院でのボランティアなど医療に関する仕事に就くのもUSで医療系に関わったというAdvantageにはなるかもしれません。New Gradsでも就職ができている人の傾向は、CNAでの下積み経験があるなどを目にします。
※もしかしたら、ボランティアをするのにもSS#が必須かもしれません。

学歴に関しては、今後はBSNが必須となるでしょう。現在では、BSNはPreferredになっていますが、必須ではないのでAssociate degreeでもDiplomaでも応募はできますが、病院によっては条件付(入職後に必ず○年以内にBSNを取得など)です。

■総括

私個人としては、4ヶ月は思っていたより時間がかかったと思っていました。しかし、今この経済危機の世の中で、他職種でも就活をしている人々と比べるとかなり早く仕事を手に入れられたと思います。しかも、外国人でありながら就活開始から4ヶ月で仕事が決まったことに関しては、幸せなことだと思っています。ありがたいことです。
何度も応募をし、電話を待ち、面接もセッティングされるのは嬉しいのですが、やはり言語が母国語ではないと言う点でかなりストレスも感じました。実際、働くためにはそんなことくらい難なくこなさなければならないのでしょうが、やはり今の私の段階では凹むことたくさんでした。

しかし、これも良きアメリカ経験。これがなくては始まらないのですが、アメリカで生きていくと言う事をある局面から体験できた気もします。

尚、このサマリーは あくまで 自分個人の体験だけ に基づくものなので、人、州または状況によって相違はあると思いますのでご了承ください。

| | コメント (0)

2012/03/02

Health Check Up

本日より3月です。

この3月1日に、本当は病院との契約サインをする予定でした。
はい、もちろんそのつもりで行きました...が、予定の時間15分前になって電話があり、『病院のメインエントランスに来い』と。

Nurse recruitmant officeは面接で忙しいかしら?と思いきや、いきなり今日はHealth Check UpとFinger printをしてね。と。

マジですか!!

今日は午後からバイトで、午前中のお昼前に顔を出し、必要書類を提出とちょっとした質問なんかをして帰ってくる予定が、Tons of document workに加え、NPによるPhysical check upにDrug urine test、ついでにFlu shotとTBのVaccineを打たれてきました。

いやいや、一番時間がかかったのは、Document work。
ここにもサイン、ここも答えて、はい、ここにもサイン。

『(さっき書いたやん!!)』と叫びたくなるほど名前とポジションと、部署と今日の日付に、誕生日、SS#。

HRとOccupational Health serviceのおばちゃんの英語はわからんし、「は?」と思いながらも、NPと身体検査が一番楽しかったです。
ちなみに、私のビジョンは未だに20/20をKeep!!
NPにも「EXCELLENT!!」と言わしめるほど(笑)
その分、老眼がそろそろくると思いますけども...。

で、Health check upが全部終了したら今度はFinger printをば。
Finger Printといえば、警察署で取るものと思いきや、病院のセキュリティオフィスで採れるって...凄くない?

もう、完璧に時間がないので、HRに行ってドキュメントは来週持ってくるから!!っと言い放ち、バイトへ直行。

左腕がワクチンのおかげでダルダルです...。

絶対に、HB抗体がないから打ちに来いと電話がかかってくると思います。(抗体をつくれない体らしいので)

| | コメント (0)

2012/02/24

Amazing Birthday Gift

さて、日付が変わり 本日2月24日はめでたい私の誕生日となります!!

おめでとう自分!!

そんな誕生日前日の昨日、めでたく先日面接に行った先からJob ApplicationをAcceptしますというお電話=Job offerの連絡をいただきましたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

おめでとう 自分!!!!

いやぁ、3度目の正直ならぬ4度目の正直で、マジ安堵してると共に、若干英語で仕事できるかな?というプレッシャーも感じています。
でも、とりあえず今のところは、やったーーーーーーーーーーーーーーーーぁという高揚感を満喫しようと思います。

それにしても、この病院。
2年前にとある大手Health care groupに買収され、そのGroupのシステムがすごいのか何なのかわかりませんが、電話の後すぐに、「あなたのBase incomeについて」「オリエンテーション件Welcome partyについて」etcのメールが3~4通届きました。

サラリーは、一応 自分的には65K(いわゆる日本円$1=100円計算で¥6,500,000)を最低条件で設定していましたが、この病院では私の日本の経歴(OR14年Up)を考慮してくれ、最低条件どころではない年収を出してきました。
これにはびっくりです。(しかも、4大も出てなく、BSNもまだ持ってないのに、Wowです)
時給も(USはFull timeでも時給換算で働きます)、Averageを上回る額でしたし、プラスOvertimeの場合は、Baseの時給の6割Upになる模様です。
凄いねぇ。
なぜ日本はこういうの導入しないんだろうか?

ついでに、これは面接の時から決まって(?)というか配属されちゃったんですが、GeneralのORのつもりが、私のResumeを考慮してか早速Cardiac surgery teamに配属されることになりました。
これは、正直 どっひゃーーーーーーーと言う感じです。
ゆえに、ACLSを取らねばならないのと、マジで英語でCardiacの勉強をみっちりしなくちゃです。

仕事は、3月後半からとなります。
それまでに、最低限の知識の復習をみっちりしていこうと思います。

みなさん 応援ありがとうございます。
このBlogも閉鎖せずに済みそうです(笑)

わーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい♪

| | コメント (9)

2012/02/22

第二弾(4回目終了)

さて、11月から始めたJob huntingも3回目を終了し、3回とも撃沈(いわゆる何の音沙汰もなし)でした。

そろそろ、仕事探しも疲れたので一旦休憩しようかなぁっと思ったところに、私の「働いてみたい病院 in NY」の中の一つの病院がORナースを募集していたのを見つけてしまい、一応 応募を。

Requirementに、かろうじて引っかかるかなと言った感じですが、ダメ元で応募をしてみました。

応募締め切りから1週間後、Job interview offerをもらい、先週 そそくさと出かけていきました。

いやぁ、もう4回目なんですが、そろそろ本気でFull timeの仕事を決めちゃいたいのと、自分の「働きたい病院」の一つというのもあって、4回目ながらも超緊張。
しかも、最初の面接の人事のお姉ちゃんの英語がマジわかんねぇ。
早口+若干黒人訛りのある話方なもんだから、『なんでっか?』と思うことほとんど。
それでも、若干的外れであったとは思うけど、答えなくては面接は終わらないので、必死に『なんて聞かれたかわかんないよ』=『頭の中真っ白の状態』=英語がしどろもどろ...という悪循環と戦いながら回答。
ほんと、情けない。

...で、その面接の後はORに通され、ORの師長さんと面接。
師長さんはめちゃくちゃいい人で、やさしくてFriendlyでかなり好感度ありありの方。
もう、オリエンテーションが始まったのかと思うくらい、ORの隅の隅まで見せてくれて、行きかうスタッフ、Drなどなどにも私を紹介する始末。(これで採用にならなかったらどうすんの?くらいな気持ち)

そんなこんなで、師長さんは私の日本での経歴にかなり興味を持ってくれた印象で、私の採用に積極的な感じでした。

...しかし、3回の今までの面接から得た教訓として、「好感触は採用の一歩と思ってはいけない」というのができてしまったので、期待せず過ごそうと思っています。

が、先日 休日で時間があったのも手伝って、ORの師長さんに「Thank you」メールを送った途端に、師長さんから速攻電話が...。

『まだ人事から連絡行ってないの?』
『あなたはWonderfulなんだからいい返事もらえるわよ』
『私が電話したのもいいサインでしょ?』

などなど期待させるお言葉をいただいた上に、就職したらオリエンテーションが何日だとか、手術の術式本の話だとか、もう師長さんいい人過ぎです!!(≧▽≦)

ま、そんなこんなでリファレンスの私への評価が5人中まだ3人しか終わってないので、それが終了後、人事からの何らかの返事があることを期待しないで、期待します。(笑)

さあ、乞うご期待!!

| | コメント (0)

2012/01/20

第3回目終了

さあ、私のJob huntingはシリーズ化なるでしょうか?

今日は、3回目のJob interviewを無事に終了してきました。
場所は、Long IslandというNYの避暑地的なエリアですが、まぁ、病院のある場所は普通の居住地です。(でも、海は近いので私的に◎)

今回は、Application formなどのPaper workをしてから、直ぐにOpe室に通され、上司になるであろう方々と面接…っていうか面談(?)
Managerを始め、Educator,Charge nurseの3人に囲まれ(またこの3人がボリューミーな感じで)ちょっと圧倒されました(?)が、円満に談話したと言う感じで終わりました。

その後は、HRのRNの人と面接。
まぁ、Generalな面接でしたが、彼女いわく「You are so far so good」と最後にコメントをいただきました。

まぁ、このコメントは嬉しいですが、なにせどこのお国も本音と建前がありますし、特にアメリカ…「You good!! You good」とか言いながら全然Goodじゃないじゃんか!!って結果の時がありますので、期待せずに返事待ちをしたいと思います。

お疲れさまでした。

| | コメント (3)

2012/01/12

第一弾

新年2週目を迎えています。
新年初の満月を迎えた途端、第一発目のJob interview offerが先日ありました。

Holiday期間中(クリスマスの週から年末年始にかけて)に5病院に新たに応募をかけ、この電話をくれた病院もその一つ。

病院として中規模(400床未満)ですが、心外もあるようですし、いいかなと。

HRの人の感じも電話では良さ気でした。

そんな訳で2012年の皮切り第一弾はロングアイランド高級住宅街のこの病院へ来週面接に行ってきます。

今度は前回よりももっとPerfect interviewになるよう勉強しなくちゃね。

| | コメント (2)

2011/12/16

2回目終了

さてさて、今日はお日柄もあまり良くなくて、曇りのち雨。
ですが、NYCからローカル電車で2時間弱の小さな町まで面接に行ってきました。

感触は、ずぇんぜぇーーーーーーーーーーーーーーん前回と違って、いたってフレンドリーでいい人たちばかりで、しかも、小さいけど病院もきれいだし。

ただ、カソリック系の病院なので服装、アクセサリーなどなどの規定が結構厳しい感じはありました。病院独自のドレスコード的なのを読まされ、サインさせられました。

面接は、まずは人事課のお姉さんとマンツーマン。
色々な質問を浴びせられ、いい雰囲気の中(まるで現在やってる英語のプライベートレッスンの様)、質問が終わると今度はOPE室に案内され、今度はOPE室の師長さんたちと面談。

こちらは、どちらかと言うといい雰囲気だけども『なぜCityからわざわざ来るの?』と言う所が心配の種らしい。
いわゆる、家族がいるわけでもない、結婚してこっちに来るわけでもない。
Cityの方が住みやすく、なんでもあるのにわざわざ田舎に来なくても…というのが気がかりらしい。その昔、半年で辞めちゃった人とかいるらしくて、そういうのも困ると。

まぁ、たしかにね。
私もできる事ならCityに済ませたいですわ。
でも、なかなかないからこうやって来たわけですけども。

それでも、師長さんの質問には彼女の欲しかった◎の答えができていたようで、感触は良かったんじゃないかと思います。

蓋を開けてみないと(結果が出てみないと)わかりませんが、いい知らせを待ちつつ、今年の就職活動はこれにて終了…かな。(もうホリディに入ってしまうので)

さて、さて、どうなる事やら。
とりあえず、第二回目の就職面接終了でした。

お疲れさまでした!!

※ちなみに、『もしかしてこれは使えるかも…』と思い、駅から病院まで使ったTaxiのお兄ちゃんと電話番号を交換して、仲良くなっときました。ははははは。
テキストがちょっとしつこいけど。
もし、引っ越すことになったら知らない人ばかりじゃ困るからね。
車もちで、力持ちそうなので、引っ越す際はよろしくね!!って事で(笑)ひひひひ。

| | コメント (2)

2011/12/07

re-locate

先日の面接で、緊張疲れとどうなるのかなぁ感で疲れてしまい、ベッドの上で崩壊しておりました。

…で、実は。
この就職活動で、激戦区NYC内のメジャー病院には私と先方の求めている条件の合う場所に限り 応募をしましたが、激戦区では勝ち目はないかもしれないので、一応Upstateにも1か所応募してみました。

病院は、中規模病院でその周辺地域の中核病院と言った感じのところ。
ホームページの雰囲気はよさそうだったので、全っっっっっっっっく知らない、聞いたこともない場所でしたが応募してみました。

応募して早々に人事課から2週間以内に連絡するわぁ~。的なメールをいただいていたんですが。そんな↑崩壊から目覚め、メールチェックしていると、そこの人事課から…

「オペ室で働くには30分以内に来れるところにいなくちゃならないんだけど、引っ越して来れる?」

…ってメールが。

なんかいざこう言うメールもらうと、『お?前向き?』という気持ちと同時に『ああ、あんな何にもないところに引っ越すのかぁ』的ながっかり感が押し寄せてくるのはなぜだろう?
NYCは結構疲れるけど、やっぱ便利だし、友達ももちろんみんなここだし、何て言ったって馴染みがあるので寂しいよねぇ。離れるとなると(まだ決まったわけでもないのにこう思ってしまうのは、妄想族の悪いところ)

まぁ、いい点と言えば、ハッキリ言って日本人なんかいないようなNYの一部なので、自分の英語にはいいかもしれない。(だから決まってないってまだ)

そんな感じで、何を優先するかと言えば、RNとしての仕事を得る事、USでの経験を積むことが第一なので、もちろん…

「はい。現在はNYCに住んでいますが、働くために引っ越す事はできます」

って、返事しちゃいました。

まぁ、これでまたJob interviewにつながれば、この前の練習も役に立つ時が来るでしょうし、NYCならまだしもUpstateの日本人をあまり知らないような病院が、US経験のない日本人を雇う事もないような気もするので、気楽に構えます。

…しかし、今調べたらMetro-Northで最終の駅だったよ…。ハッキリ言ってコネチカットの方がNYCに近いかも。ちーーーーーーーーーーん。

追記:↑のメールを出した翌日の本日、Job interview offerがやってきました。たぶん、来週、この田舎まで行ってきます。

| | コメント (0)

いってきました

実は本日、初のJob interviewに行ってきました。

場所は、One of NYC major hospitalsでオペ室が18室、年間件数約40,000件(ってどんなん?)RNなどなど(掃除の人も含め)オペ室に関わってるスタッフは200人…と言う日本とは桁違いの病院でしたが…。

Job interviewのオファーをもらってから、約2回くらいTutorと一緒に練習をしましたが、その練習の成果が出せないくらい超短い…手っとり早く言えば、とりあえず会ってみたかった。ちょっとした確認だけしたかったわ。くらいの面接で拍子抜け。その上、よくある「人間性を見る面接」と言うよりは『私に』興味があるんじゃないくて、私の『経歴に』興味あるみたいな感じで、個人的な事は何一つ聞かれませんした…。

これっていいのか悪いのか全然わかりませんね。

で、面接はものの15分くらいで終了ーーーーーー。(涙)

聞かれたらあんなこともアピールしたかったのに…。

とか

私はこんな性格でちゃんと働けるよ、どう?と伝えたかったのに…。

とか

そんな感じ+質問の意味をちょっと取り間違えた感じな気がして、その後は英語がグダグダだったり(涙)

あああああああああ、どうなるのかなぁ。
あそこで働けたら結構ラッキーなんだけどなぁぁぁぁぁぁぁぁ。
自分の印象的には、不採用の印象。
面接官にもよるかもしれないけど、何で面接の電話をかけてきたのかわからないくらい手っ取り早い面接だったので。

でも、NY生活20年の友人に言わせれば、「これでひとつアメリカのドアに近づけたよね。だって、そんなメジャーな病院から喉から手が出るくらい電話がほしくても電話さえもらえない外国人がたくさんいるのに、Job interviewまで行けたんだから、いい進歩ジャン!!」…と。

たしかに。

まぁ、これで駄目でも初体験は済ませちゃったので、次回に生かせればと思いますが…。(やっぱ、いい連絡はほしいよね)

実は、他院(ここも結構NYC内では大き目な病院)からも数か所私の履歴書などで確認の電話がありましたが、そこからは折り返しが10日間ないので、多分USでの経験がないという点でダメだったのだろうと思います。

今回の面接でも、まず聞かれるのはUSでの経験。
あとはVisa status。

なにはともあれ、どんな資格(NPくらい持ってれば別かもしれませんが)や学位を持っていようとも、現在のアメリカはUS経験のある即戦力を探している感じが手に取るようにわかります。幸い、私の場合 US経験はないものの「オペ室で14年以上の経験がある」と言う点で目に留めてくれた感触はなきしもあらずと言った感じです。

あと連絡の来ていない病院がまだ数件あるので、ひたすら新しい求人情報を見ながらApplyしながら待ってみようと思います。

お疲れさまでした。

| | コメント (0)

2011/10/27

お国のために…

実は先日 Job Fair(就職説明会?)がありNCLEXもパスした事だから…と言う事で、初参戦してきました。

一応、一緒に行く人もいず、行ったこともないので先輩ふじパン様にどうしたらいいものかアドバイスをいただき、異常に多いResume15枚くらいを持って突撃しました。

でも、実際 蓋を開けてみると企業(派遣エージェント)が3分の2。
病院6~7院程度のちょっとショボイ規模が小さめな印象を受けるJob Fairでした。

来ている病院も、大手大学病院系2か所、癌センター1か所、小児病院2か所、大手(?)連携系病院1か所、あとはナーシングホームやらArmyやらVeteran系とか…。

とりあえず、私の希望は手術室で働く事なので(できれば成人)、絞れる場所が自然と決まっちゃって、結局配ったResumeは、大学系病院2か所と癌センターに1枚の3枚でした。

感触っていうものは、あったのかないのか全然わかりません。
もっとじっくりあ~でもないこ~でもないとか話をするのかな?
なんか聞かれるのかな?と思えば、そうでもなかったり、『もう一度このメールアドレスにメールしてね』と言ってくれたり。

でも、一応 自分をアピールしなくちゃね!!ってことで、とある大学病院の人事(?)のお兄さんの前で自分が言った一言…

「私は○○病院のために自分の経験を生かして働けると思います!!(どうぞよろしく)」

まるで、『お国のためにぃぃぃぃぃぃぃ…』と、愛国精神に充ち溢れた神風特攻隊だなこれじゃ。っと、帰り道思ってみたり(笑)

まぁ、でもいい経験。
考察としては、どうやったらブースの人事の人たちの気を引くようなスピーチができるのかしらぁって事かな。

あとは、現在 Job search サイト3か所にResume登録をし、そのサイトに出ていたもう一個の大学系病院の手術室RN募集欄に応募している最中。

年内に決まるかしらねぇ。

RN業じゃないところからは、正社員Offerが来ているのだけれど…。

就活はつづく。

| | コメント (0)